タグ:海の生き物

1: 垂直落下式DDT(東日本)@\(^o^)/ 2015/08/24(月) 10:48:02.24 ID:kXquWArN0.net BE:837857943-PLT(12000) ポイント特典
sssp://img.2ch.sc/ico/u_giko_ebi.gif
“スティギオメデューサ・ギガンティア”と呼ばれるクラゲは、1900年に発見されてから、100年以上を過ぎた今でも
実際に確認されたのは100回とも115回ともいわれる、かなりレアなクラゲ。

クラゲは通常たくさんの触手を持つが、このクラゲはたった4本の大きな触手を舞を舞うかのようにくねらせ深海で
暮らしている。触手の長さも含めて6メートルを超えるという巨大さだ。

ネットでは「エイリアン、その言葉こそがふさわしい」「気持ち悪い…不気味だよ」「なんだか従わなければいけない
雰囲気だ」「ポケモンにこういうのいたよね」と、その姿に恐れおののいているコメントが寄せられている。

http://www.narinari.com/Nd/20150833305.html
no title


動画
https://youtu.be/y7bZDscT6CY


続きを読む

1: ウエスタンラリアット(catv?)@\(^o^)/ 2015/08/14(金) 11:03:49.54 ID:sMkQ6pN/0.net BE:698254606-PLT(13121) ポイント特典
海洋研究者らのグループが「撮影された中で史上最大」として投稿した巨大サメ「ディープブルー」の動画が
話題を呼んでいる。動画の再生回数は13日までに210万回を超えた。

メキシコ西部ラパスを拠点に活動する保護団体「ペラジオス・カクンジャ」の推定によれば、この巨大な白い
サメは体長約6.1メートルで、年齢は50歳。メキシコ沖合のグアダルーペ島付近で発見されたという。

研究グループの責任者が10日、おりの中にいる観察隊や小魚のそばを泳ぐ2013年の映像をフェイスブックに
投稿、拡散している。CNNでは映像の信ぴょう性を確認できていない。

研究者らはディープブルーが妊娠していると見ている。サメは子どもを産むため沿岸近くに泳いでくる習性があり、
研究者らが観察したのも子どもを産みにきた姿だという。

動画のタイトルは「Deep Blue second part」。同じサメの映像は、6月にもダイバーが入ったおりの周りを
泳ぐ姿が投稿されていた。

研究グループの責任者がウェブサイト「ライブサイエンス」に語ったところによると、サメはダイバーのおりに接近して
きたが、「余りに大きいためうまく方向転換できなかった」。

ダイバーはサメを傷つけたくなかったため、追い払おうと試みたという。

http://www.cnn.co.jp/fringe/35068840.html

続きを読む

おすすめ記事

このページのトップヘ

アクセスランキング