カテゴリ:メディア > ニュース

1: あずささん ★ 2015/08/14(金) 19:11:49.50 ID:???*.net
太平洋東部の赤道海域で海面水温の上昇が続いている。異常気象の原因とされるエルニーニョ
現象について、米海洋大気局(NOAA)は13日、今年は「かなりの強さで、さらに強さを増して
いる」と発表し、過去最強の1997年のレベルに達する恐れがあるとの見方も出ている。

NOAAは2015~16年の冬いっぱいエルニーニョ現象が続く可能性を90%超、16年春まで
続く可能性を約85%と予測する。

1997年のエルニーニョ現象は米西部で洪水、インドネシアで干ばつを引き起こした。また、
アフリカでは致死性のウイルス感染が流行し、コーヒー豆の価格上昇の原因にもなったとされる。

エルニーニョ現象は、太平洋上の赤道付近を流れる西向きの風が通常より弱まったり逆方向に
吹く影響で、インドネシアやオーストラリア方面に押しやられている暖水が南米付近にも広がる
現象を指す。2~7年おきに発生し、海水温は平均より最高4度も上昇する。

強いエルニーニョ現象は上空の大気を暖め、太平洋上のジェット気流などの流れを変える。
その結果、カリフォルニア州をはじめとする米西部は強い暴風雨に見舞われ、南米の西海岸も
雨量が増加する。一方、南アジアやオーストラリアでは少雨となり干ばつの原因となる。
(以下省略)
※以下の部分はソース元にてご確認ください。

ソース/CNN
http://www.cnn.co.jp/fringe/35068918.html

1680

続きを読む

1: もろ禿 ◆SHINE.1vOk もろ禿HINE! ★@\(^o^)/ 2015/08/14(金) 12:35:42.22 ID:???.net
ドローンで送電、火山を計測 京大がシステム試作 : 京都新聞
http://www.kyoto-np.co.jp/environment/article/20150813000084


no title

地上のセンサーにマイクロ波で給電し、データを取得するドローン(宇治市・京都大)


 小型無人機「ドローン」を使って上空から電波で地上のセンサーに電力を供給し、温度などのデータを無線で取得する計測システムを、京都大生存圏研究所などのグループが試作した。
火山など人の立ち入りや電力の確保が難しい場所の監視に応用が期待できるという。

■マイクロ波で送電、データ取得

 新システムでは、電波で給電を受けると温度と湿度の計測を開始する仕組みのセンサーを地上の複数の場所に設置。センサー上にドローンを接近させ、波長の短い電波のマイクロ波で送電し、
センサーからデータを受信する。

 グループは7月に、京大宇治キャンパス(京都府宇治市)の屋内施設で、2基のセンサーの4メートル上方にドローンを飛ばし、それぞれから温度と湿度のデータを得ることに成功した。噴火した
火山での使用を想定し、センサーの表面に薄く火山灰を積もらせても、給電やデータ取得に問題はなかった。

 グループの篠原真毅・生存圏研究所教授は「ドローンの飛行は自動でも制御できる。本年度中に屋外での実験も行い、将来的に事業化を目指したい」と話している。

続きを読む

1: 番組の途中ですがアフィサイトへの\(^o^)/です (ワッチョイ 0996-GPmR) 2015/08/13(木) 19:47:51.25 ID:Ph+9uDqF0.net BE:659951491-2BP(1000)
sssp://img.2ch.sc/ico/anime_kuma01.gif
地球から21光年先のスーパーアース

地球からわずか21光年の距離にある系外惑星「HD 219134b」がスーパーアースであることが確認された。
岩石惑星として、また恒星の手前を通過するトランジット現象を起こす系外惑星としては最も地球に近いもので、
今後の観測からスーパーアースに関する様々な情報が得られると期待されている。

NASAの赤外線天文衛星「スピッツァー」による観測で、系外惑星「HD 219134b」が岩石惑星であることが確認された。
この惑星はカシオペヤ座の方向21光年彼方の6等星の周りを公転する4つの惑星のうちの一つで、
中心星からの距離は太陽‐地球間の約25分の1しかない。

HD 219134系はカシオペヤ座にある(提供:NASA/JPL-Caltech/DSS)
HD 219134bはもともとは、カナリア諸島の口径3.5m望遠鏡を使った観測で、惑星の重力による中心星の動きを検出する
視線速度法によって発見された天体だ。さらに、この系外惑星は地球から見て中心星の手前を通り過ぎる
トランジット現象を起こすこともわかったのだが、トランジットを起こす系外惑星としては最も地球に近く、
非常に重要な観測対象となる。

視線速度法のデータからHD 219134bの質量が地球の4.5倍であることはわかっていたが、
スピッツァーでトランジットを観測することで大きさが地球の1.6倍であることもわかり、
この惑星が岩石惑星であると確認された。こうした地球より大きな岩石惑星は「スーパーアース」と呼ばれており、
HD 219134bは地球から最も近い岩石惑星でもある。
no title

no title
(想像図)
http://www.astroarts.co.jp/news/2015/08/10hd219134/index-j.shtml

続きを読む

1: ドラゴンスクリュー(空)@\(^o^)/ 2015/07/31(金) 19:25:12.68 ID:4hMiJ+zJ0.net BE:215630516-PLT(15000) ポイント特典
sssp://img.2ch.sc/ico/sii_mona.gif
 関西電力が30日発表した2015年4~6月期連結決算は、純損益が529億円の黒字
(前年同期は290億円の赤字)となった。純損益の黒字は4~6月期としては11年以来、4年ぶり。

 売上高は前年同期比1・0%増の7991億円。電気料金の再値上げや、原油や液化天然ガス(LNG)の
価格下落に伴う火力燃料費の大幅な減少などが収益を押し上げた。

 経常損益は807億円の黒字(前年同期は322億円の赤字)だった。

 同時に発表した15年9月中間連結決算の純利益予想は930億円で、
前年同期の26億円から大きく伸び、中間期として3年連続の黒字見込みだ。
http://www.47news.jp/smp/CN/201507/CN2015073001001377.html

a6cfd57e-c87e-4403-98ab-e07e0eaf98b6

続きを読む

おすすめ記事

このページのトップヘ

アクセスランキング