カテゴリ:生物

1: ニライカナイφ ★ 2015/10/23(金) 21:53:35.93 ID:???*.net
◆甘いご褒美は意味がない!ネコは甘みを感じない

ねこの舌は、毒から身を守るため少なくとも
7つの苦みを区別する機能を持っているようです。

これは驚きの結果で、通常は草食動物が
苦みの区別に長けているのだそうです。

ネコが甘味受容体をなくしたのは、祖先の時代から肉食であったため
砂糖を区別する必要がなかったからだろうと研究者が言います。
これは他の肉食哺乳類のアシカやハイエナにもみられる傾向だそうです。

この結果を得て、食べ物にうるさいネコたちに
もっとおいしいキャットフードを作れるのではないかと期待されています。

イメージ画像:no title


ScienPost 2015年10月22日
http://www.scienpost.com/archives/1043193134.html

続きを読む

1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/16(金) 23:21:45.51 ID:AH9pd4zuK.net
ナポレオンかよ
suiminyaku

続きを読む

1: ◆HeartexiTw 胸のときめき ★ 2015/10/09(金) 05:48:45.55 ID:mkCSE6bk*.net BE:348439423-PLT(13557)
sssp://img.2ch.sc/ico/samekimusume32.gif
謎多き人類の祖先「ホモ・ナレディ」の手足の特徴を分析した結果が、
10月6日付の科学誌「Nature Communications」に掲載された。

南アフリカのライジング・スター洞窟で発見された化石人骨を基に、
2つの研究チームが運動の様子を再現。
いずれもナショナル ジオグラフィック協会の助成を受け、
一方のチームは足の骨107個を、他方はほぼ完全な右手の骨26個を
それぞれ詳しく調べた。(参考記事:特集「眠りから覚めた謎の人類」)

その結果、ホモ・ナレディの足は多くの点で驚くほど現生人類に
似ていることが明らかになった。足首の関節、他の4本と平行になった親指、
幅の広いかかとは、2本の脚で直立して効率よく歩く生活に十分に
適応した生物のものだった。一方、土踏まずがそれほど発達しておらず、
足指の骨が曲がっている点は類人猿に近い。

*+*+ NATIONAL GEOGRAPHIC +*+*
http://natgeo.nikkeibp.co.jp//atcl/news/15/100800279/

続きを読む

1: もぐもぐ名無しさん 2010/04/09(金) 20:36:51 .net
そもそも赤犬ってなんだよ
犬食文化

犬食文化(けんしょくぶんか、食犬とも)とは、食用として犬を飼育してその肉を食べる習慣、及び犬肉料理の文化の事である。
犬食の歴史は古く、中国、朝鮮半島、日本を含めた東アジア、東南アジア及びハワイ、ポリネシア、ミクロネシア、オセアニアなどの島嶼に於いて多く存在した。犬はオオカミや牛に比べて飼育が楽で、残飯を与えても育てることができたため、食料に恵まれない地域でも肥育することが可能であった。


続きを読む

1: ニライカナイφ ★ 2015/10/03(土) 12:38:29.48 ID:???*.net
◆350万年前の“死なない”バクテリア「バシラスF」を注射した科学者
  ⇒不老不死になった!?=ロシア

人類の見果てぬ夢、不老不死。
古今東西、多くの人々が永遠の命を求めて研究に勤しんできた。
そしてついに、その願いが現実のものとなる時が
やって来たのかもしれないという話題がロシアより届けられた!
どうやら、不老不死のカギは“古代のバクテリア(細菌)”が
握っている可能性があるようだ。早速、詳細についてお届けしよう。

写真:no title


◇350万年も生き続ける、謎のバクテリア

画像:「The Siberian Times」より引用
no title


先月19日、ロシアの地方紙「The Siberian Times」が報じたところによると、
話題のバクテリアとはその名も「バシラスF」。
2009年、ロシア連邦サハ共和国(ヤクーチア)の
「マンモスの山」と呼ばれる永久凍土から発見された。

驚くべきことに、このバクテリアは350万年前の永久凍土層から
“生きた”状態で見つかり、モスクワ大学の氷河凍土学者
アナトリー・ブロチコフ博士らが調査してきたが、
今回その謎多きパワーの一端が白日のもとにさらされたのだ。

博士らはこの数年間「バシラスF」を培養し、
マウスや植物などに投与する実験を繰り返してきた。
すると、このバクテリアを体内に得たマウスは一生を通して活発で、
免疫力も高いうえ、高齢出産が可能であるなど繁殖力にも
著しい向上が見られたという。
植物の場合には成長が早まり、寒さにも強くなるなどの変化が表れた。

画像:「The Daily Mail」より引用
no title


◇自らに注射した科学者は……!?

しかし、驚くのはここからだ。前述の結果を受け、
ブロチコフ博士は仰天のプランを実行に移した。
なんと、自らが実験台となることに決めたのだ!

画像:「The Siberian Times」より引用
no title


「永久凍土は溶けています。ですから、これらのバクテリアは水の中に
解き放たれていると考えられるのです。つまりヤクーチアの人々は、
水を通して、すでに(バクテリアを)体内に持っている可能性があります。
そして事実、ほかの共和国の人々よりも長生きする傾向にある。
私にとって危険など無いのです」(ブロチコフ博士)

かくして博士は「バシラスF」を注射し、体内に取り込んだという。
すると、博士の身体に目覚ましい変化が起きたのだった。

TOCANA 2015年10月02日
http://tocana.jp/2015/10/post_7479.html
http://tocana.jp/2015/10/post_7479_entry_2.html

>>2以降に続きます。

続きを読む

1: 頭突き(四国地方)@\(^o^)/ 2015/09/20(日) 23:35:19.72 ID:rpS6hrbg0●.net BE:284465795-PLT(13000) ポイント特典
sssp://img.2ch.sc/ico/2syobo_2.gif
チンパンジーなどの類人猿が映画のストーリーを
記憶することもできると判明しました。
以前より直前に隠された食べ物などといった単純なことの記憶、
または予測ができることは知られていましたが、
なんとより複雑なものに関してもしっかり覚えることができたのです。
実験ではチンパンジーらに二つの短いホラー映画を見せました。
更に同じ映画をもう一回見せ、目の動きを追ったところ、
二回目のときは怪物などが出てくる前から怯えた目で
登場する予定の場所を見つめていたということです。
類人猿らの記憶構造は他の(人間以外の)動物とは異なるのかなど、
更に研究が行われるようです。
no title

http://www.kingpost.top/archives/43396719.html

続きを読む

1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/09/26(土) 21:19:12.89 ID:6yMLvYwC0.net
死ぬとき悲しくなるし獣臭くなるやろうから絶対飼うつもりなかったのに、手のひらサイズ見てしまったら拾わずスルーなんてできんやん...
no title

続きを読む

1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/09/25(金) 10:06:07.36 ID:YRswbQmX0.net
これは間違いなく笑顔やね
no title

no title

no title

続きを読む

1: きゅう ★ 2015/09/22(火) 18:55:25.24 ID:???*.net
 福井県立恐竜博物館(勝山市)は22日、2000年7月の開館以来の入館者数が700万人を突破したと発表した。
100万人の入館にかかった日数は407日で過去最短。

 北陸新幹線の金沢延伸開業による交通アクセスの向上などが要因とみられる。
博物館は「さまざまな追い風を受け、早い段階で達成できた。今後も来館者に満足してもらえる施設にしていきたい」としている。

 博物館は国内有数の化石発見現場となっている勝山市の地層近くにあり、
入館者数には昨年7月にオープンした発掘作業を体験できる「野外恐竜博物館」を訪れた人も含まれている。
23日に記念セレモニーが開かれる。

http://www.sankei.com/life/news/150922/lif1509220019-n1.html

続きを読む

1: 32文ロケット砲(愛知県)@\(^o^)/ 2015/09/13(日) 22:37:43.76 ID:UXxGtYsA0●.net BE:342992884-PLT(13000) ポイント特典
sssp://img.2ch.sc/ico/folder1_04.gif
 
【米国】カリフォルニア州・モーガン・ヒルにて、古い銅鉱山の近くで狩られた野生ブタの肉の色が異常すぎると話題に
iflscience.com/plants-and-ani…

問題の野生ブタは調査のため、カリフォルニア大学デ??ービス校に送られたそう pic.twitter.com/iG5RezijOa

no title

no title

no title


http://tr.twipple.jp/p/76/4f4296.html

続きを読む

おすすめ記事

このページのトップヘ

アクセスランキング