img


1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 02:51:17.67 ID:x39KPuCL0.net
ドイツ哲学について語りたいンゴ
にわか歓迎やで
ちなにわか

引用元:なんJ深夜哲学部

2: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 02:51:28.63 ID:WQsleqHM0.net
大松正逸

3: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 02:52:03.86 ID:6BoM8MWR0.net
ヘーゲルはゴミ
ポモはもっとゴミ
フッサールは神

5: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 02:53:01.30 ID:x39KPuCL0.net
>>3
ヘーゲルゴミっていうかガチの観念論マンすぎて読んでて訳わかんねえわ

10: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 02:54:17.55 ID:6BoM8MWR0.net
>>5
世界精神とか言い出す隠れカルト野郎だから分かったら宗教か病気
現にヘーゲル左派は宗教で右派は病気だった

12: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 02:55:25.48 ID:x39KPuCL0.net
>>10
ヘーゲルゴミだと思うならマルクスはどうや
痛烈に批判しとるやろ

22: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 02:58:03.64 ID:6BoM8MWR0.net
>>12
あいつら性倒錯者みたいにキモい関係築いてるから「批判してる」=「アンチ」というわけではない
そこが最高にキモい、弁証法とかいう見世物小屋的な空洞
階級闘争史観とかまんま世界精神の歴史哲学のパクリだし

29: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 02:59:50.90 ID:x39KPuCL0.net
>>22
だってパクリっていうかそこはヘーゲル賛賞してんじゃん

36: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 03:01:28.51 ID:6BoM8MWR0.net
>>29
むしろそれ以外のどこでマルクスがヘーゲル批判してるんだ?
マルクスなんてそもそも価値形態論と階級闘争史観だけのクソ宗教野郎なんだが

44: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 03:03:01.49 ID:x39KPuCL0.net
>>36
ヘーゲルのガチガチの観念論を批判して現実に目を向ける唯物論から「経済学」が生まれたんやろ
ヘーゲル批判無しに経済学あらず

58: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 03:06:07.82 ID:6BoM8MWR0.net
>>44
それヘーゲルは結局間違ってたってだけやん
実際はそもそも論証すらしてない投げっぱなしだから間違うことすらできない語るに値しないゴミやけど

4: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 02:52:24.39 ID:x39KPuCL0.net
マルクスって結局本当に革命がしたかったんやろか

6: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 02:53:16.60 ID:8gQn4JISM.net
哲学書ってほんとにみんな意味わかってんの?
言葉難しすぎ

9: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 02:54:14.47 ID:x39KPuCL0.net
>>6
ワイは解説書でその前の時代の哲学と背景になった哲学理解してから読むで

21: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 02:58:01.39 ID:iMrVaisQ0.net
>>9
解説書ってなんや?

26: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 02:59:10.26 ID:x39KPuCL0.net
>>21
哲学の解説書や
最近出たのだと「哲学用語図鑑」とかシンプルでわかりやいンゴ

32: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 03:00:47.42 ID:iMrVaisQ0.net
>>26
そういうの読んだ方が理解速まるんか?

37: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 03:01:46.17 ID:x39KPuCL0.net
>>32
ワイの場合はそれでズルしてる感じや
別に哲学専攻な訳じゃないからええやろって思ってる

52: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 03:04:54.13 ID:XVCpjJ4n0.net
>>37
ズルってのはつまり読まずに軽く理解に留めてる感じか?

66: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 03:08:49.45 ID:x39KPuCL0.net
>>52
例えばマルクスの「経済学・哲学草稿」を読みたいとするやん?
そうなるとヘーゲルの「弁証法」とか「止揚」とか「自己意識」とか「外化」とかそういう概念を知ってなきゃ理解できないやん
そんなら「ほな「精神現象学」読もうか!」っていう気力は芽生えないんや
またヘーゲルを理解するためにはカントの色々な概念知る必要があるし
だから解説書で背景知識だけ仕入れて読んでるんや

54: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 03:05:08.08 ID:iMrVaisQ0.net
>>37
なるほど
サンキューガッツ

7: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 02:53:17.60 ID:mGFwylgb0.net
ソクラテス「悪法死ね!(法でないとは言ってない)」(毒杯グビー

8: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 02:53:51.36 ID:uQgo3F5k0.net
これはまとめやすそうやな

11: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 02:55:06.08 ID:5QSZQe/Np.net
廣松渉について語ろうか

13: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 02:55:37.65 ID:x39KPuCL0.net
>>11
お、いいねえ
渋い

38: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 03:01:46.54 ID:5QSZQe/Np.net
>>13
渋くはないやろー著書何冊もあるし

14: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 02:55:43.65 ID:6BoM8MWR0.net
>>11
大したことない
所詮アカ

15: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 02:55:56.47 ID:EBoAUCpW0.net
誰がヨーロッパ絵画について教えてくれ
芸術も哲学のうちの1つだよな

27: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 02:59:37.93 ID:6BoM8MWR0.net
>>15
マネはダメだからモネから勉強しろ
ルネサンスは近代主義から遡行しないと日本人には分からん

16: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 02:56:44.96 ID:iPEACHp90.net
興味あるけど全然理解できないから入門書読む所から先に進まないわ

19: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 02:57:28.38 ID:x39KPuCL0.net
>>16
哲学の入門書は(入門書とは言っていない)やからなあ...

17: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 02:56:54.27 ID:5QSZQe/Np.net
宗教はアヘンと言い放ったマルクスはニートの友

24: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 02:58:15.86 ID:x39KPuCL0.net
>>17
マルクスの著書読んでると「俺は働きたくねえんだ!!!」っていう感情がヒシヒシと伝わってきて草生える

76: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 03:11:33.46 ID:FSTw+F4Pr.net
>>17
肝心の問題ほっておいて宗教ににげるのは麻薬だといったんやで

18: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 02:57:12.71 ID:HIDWA7MsK.net
ニワカだけど中島義道の本を読むのは好き

20: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 02:57:29.38 ID:L8ZFOAnW0.net
儒学徒の僕はスレ違いですか?

23: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 02:58:12.90 ID:8gQn4JISM.net
大学の図書館入門書置いてなくて腹立つ

41: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 03:02:26.30 ID:5QSZQe/Np.net
>>23
各出版社ごとの新書棚とかないの?

25: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 02:58:45.93 ID:XVCpjJ4n0.net
不完全性定理読むにはどうしたらええ?ちな文系

30: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 03:00:04.64 ID:6BoM8MWR0.net
>>25
無理だから数学で修士とりなおせ

43: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 03:02:38.90 ID:XVCpjJ4n0.net
>>30
解説にフィールズ賞取った小平さんも理解できない言うとってそっ閉じやっけど難解なんやなやっぱり

51: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 03:04:37.08 ID:6BoM8MWR0.net
>>43
専門家でも理解してないし査読すませてる論文だから
まず結論ありきでみんな使ってる
理解しようと思ったら人生やり直すしかない

34: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 03:00:54.38 ID:YkcR39770.net
仏教以上に真理を見据えた哲学なんてあるん?

39: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 03:01:52.97 ID:6BoM8MWR0.net
>>34
宗教は哲学じゃない

45: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 03:03:12.14 ID:YkcR39770.net
>>39
哲学って考え方やないの?

49: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 03:04:27.13 ID:x39KPuCL0.net
>>45
そこもマルクスが「イデオロギー」って定義をつけてるんやで
なお「ドイツイデオロギー」は今から読むので詳しくはない模様

63: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 03:07:49.26 ID:6BoM8MWR0.net
>>45
思弁は学問ではない
アカデミズム上の哲学は学問でないそれらの「思弁」を対象として訓詁学的に文献により論証を重ねることで思想史を構築していくという
ひどく退屈で生産性のない学問

69: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 03:09:56.62 ID:YkcR39770.net
>>63
ソクラテスが~とか延々言ってそうやな
人生を豊かにするって目的は何処へ

75: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 03:11:20.91 ID:6BoM8MWR0.net
>>69
学問は役に立つものではないということをウィトゲンシュタインが証明してしまった
だからソクラテス含め大多数の古代ギリシアの哲学者は全員間違い

72: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 03:10:18.58 ID:U3c1x/5+x.net
>>63
新たに哲学が生まれる事は無いってことなんか?
哲学が生まれるってどういうことかわからんけど…

82: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 03:13:54.78 ID:6BoM8MWR0.net
>>72
たとえばニーチェの思想を現代で語ってもそれはカルト宗教であって哲学ではない
マルクスしかりフロイトしかりショーペンハウエルしかりハイデガーしかりキルケゴールしかり
これらは全部現在では世界観哲学に分類される
思想史研究の対象にはなるがこれらを新しく生産しようとしたらそれはカルト

35: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 03:01:19.96 ID:USFg9CwK0.net
なんで日本の哲学者は物理が苦手なんやろ

46: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 03:03:20.22 ID:6BoM8MWR0.net
>>35
大森荘蔵門下で去年退官した野家啓一とか物理学科卒だぞ
それ以外にも科学哲学は理系出身者多い

50: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 03:04:28.21 ID:U3c1x/5+x.net
日本で哲学は生まれてないと思う

53: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 03:05:03.11 ID:x39KPuCL0.net
>>50
西田幾多郎は流石に無視できないんちゃうか

56: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 03:05:52.24 ID:U3c1x/5+x.net
>>53
日本哲学とか言えるんけ?

64: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 03:08:03.88 ID:5QSZQe/Np.net
>>53
木田元とかも

55: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 03:05:39.06 ID:gQR485Tm0.net
書き捨てやが哲学は大学以外ならどこかの読書会に混ぜてもらうのが無難やで
参考書解説書片手でも誤読するときはするし、独学だと間違えたままになる

57: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 03:06:02.27 ID:5QSZQe/Np.net
実体のないものが神と定義してしもうたら証明のしようがなくなる。
神を見つけたとしたら矛盾してしまう

59: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 03:06:12.45 ID:EF/X9DKS0.net
深淵トークでキャッキャしとるかと思ったら真面目な哲学入門で草

62: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 03:07:18.40 ID:LSza0Z6x0.net
ウィトゲンシュタインなら知ってる
何したかはしらんが

67: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 03:09:27.20 ID:x39KPuCL0.net
>>62
それヴィトゲンシュタインの言ったことそのままやんけ

71: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 03:10:00.62 ID:6BoM8MWR0.net
>>62
哲学を科学言語の基礎学と位置づけた偉人やで
けっかまともな少数な哲学はとてもつまらないものになり
それまで哲学者が興味を抱いていた数々のエキサイティングな問題は全部宗教になったけど

65: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 03:08:28.94 ID:FSTw+F4Pr.net
フランクフルト学派も難しいんだよなあ

68: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 03:09:36.69 ID:AFhGJGMsM.net
で、哲学を学んだ君たちの人生はさぞ素晴らしいものになっているんだろうね?

73: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 03:10:36.09 ID:x39KPuCL0.net
>>68
結局は自分がこの世界でどう考えて生きていくかのガソリンみたいなもんやからなあ
ガソリン入れても機械がポンコツやったら意味無いんやが...

78: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 03:12:11.38 ID:mGFwylgb0.net
>>68
学ぶよりどんなパチモンでも作る側に回った方が断然生活は変わるよな

70: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 03:09:57.12 ID:iPEACHp90.net
木田元は反哲学入門読んだけど面白かったわ

74: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 03:11:03.70 ID:RfD1qHnl0.net
キルケゴール < ニーチェ の風潮きらい

77: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 03:11:35.63 ID:5QSZQe/Np.net
佐藤優は怪しいけど面白い人よね

83: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 03:14:48.35 ID:6BoM8MWR0.net
>>77
キチガイの犯罪者が妄言吐いてるの見るのは楽しいな

79: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 03:12:26.61 ID:x39KPuCL0.net
ツァラトゥストラ読んだニキおるか?
誰の訳がオススメなんや
最近佐々木中が出すとか耳にしたがどうなんやろか

86: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 03:16:19.82 ID:6BoM8MWR0.net
>>79
岩波じゃなきゃ何でもいいだろ
どうせ大した違いはないし
ツァラトゥストラは今哲学的著作じゃなくて文藝作品として扱われる方が多いし

89: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 03:17:24.23 ID:x39KPuCL0.net
>>86
佐々木中の訳は面白そうやん?

80: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 03:12:46.11 ID:d1nu7axa0.net
大学で弥生会計学ばせるでー大型免許取らせるでーよりはデカンショやってる方がはるかにましだろーに

81: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 03:13:25.36 ID:IhzJyWgT0.net
ウィトゲンシュタインの前期と後期の変遷ぶりすごいな

84: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 03:15:32.21 ID:x39KPuCL0.net
2chの哲学板開くと東浩紀のスレがいっつも伸びてて草生える
あんなんただの芸人やん

100: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 03:19:42.99 ID:LI18n7eBp.net
>>84
教科書に載ってるような哲学者や哲学上の問題のスレより西さんスレの方が遥かに勢いあるから哲学板は糞
著名な哲学者でスレがある方が珍しいレベルやのになんで豚や某チャラ男みたいな奴のスレは伸びるんや

85: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 03:15:53.25 ID:YYiK9bDh0.net
哲学って高校までの蓄えが全くないやん
倫理でちょっと哲学者の名前なぞるけど、大学入ってからいきなり専門的な難しい話に入ってまうんやろ?

87: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 03:16:33.81 ID:x39KPuCL0.net
>>85
一応アリストテレスからやるんちゃうか大学は

92: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 03:17:46.62 ID:6BoM8MWR0.net
>>85
大学の教養の哲学とかとるとわかるけど結局は高校倫理の延長上の事しかできない
学部でそれ以上のことやると論理学の専門的な知見が要求されるかあるいは宗教になる

88: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 03:17:00.26 ID:U3c1x/5+x.net
なんか認知心理学とかから哲学に入ったら入りやすい気せん?

94: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 03:17:58.26 ID:x39KPuCL0.net
>>88
自分の興味ある分野とか共感できる哲学者から入るとええやで

97: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 03:18:36.38 ID:6BoM8MWR0.net
>>88
どうでもいいけど心理学なんて実質統計学以外やることないんだから初めから理学部数学科行った方がいいぞ

91: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 03:17:38.95 ID:YkcR39770.net
自分に打ち勝つことが、
最も偉大な勝利である。

体育会系のノリかな?

93: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 03:17:47.43 ID:EwMY0H8b0.net
シュミットも哲学か?
そんなナチス擁護してる思想には思えんけど今でも叩かれとるんか?

96: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 03:18:24.90 ID:x39KPuCL0.net
>>93
シュミットは哲学ちゃうんか?

101: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 03:20:01.94 ID:6BoM8MWR0.net
>>93
シュミットっていう思想家ワイが知ってるだけで4人おるんやけど何年生まれの奴のこと言ってるん

114: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 03:23:30.40 ID:IhzJyWgT0.net
>>93
現代議会主義の精神史的地位を読んでナチスに親和的だなと思った。

95: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 03:18:15.29 ID:PiH1YpmLM.net
法学部だけど法哲学専攻で脱構築論やってるンゴ

98: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 03:19:27.34 ID:x39KPuCL0.net
原書も読まずに概要知っただけでdisるの良くないで

99: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 03:19:33.97 ID:TuMCilbq0.net
ワイ一人で臨床心理方向の幾つかの疑問について考えてるんやけど進歩なさすぎて笑える

102: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 03:20:16.45 ID:AFhGJGMsM.net
認識だとか存在の話するなら脳科学も勉強しなきゃいけないな
けど脳科学はハードル高いわ、神経のシステムを頭に入れるのダルすぎ

110: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 03:22:27.73 ID:6BoM8MWR0.net
>>102
認識論は一般的にカントとデカルトで原理的構築終わったことになってるから脳科学とかいらない
要は「私」の定義の問題

121: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 03:26:06.35 ID:AFhGJGMsM.net
>>110
物質である人間の意識はどこからやって来たってのは未解決やん

126: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 03:27:27.96 ID:6BoM8MWR0.net
>>121
構造と機能履き違えんな

151: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 03:34:20.54 ID:GfQFbvnca.net
>>126
そうなんか
ワイにはよう分からんかったわ

103: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 03:20:29.52 ID:IhzJyWgT0.net
サンデルの『公共哲学』を今さら読んでるけどあんまり同意できない。前に森村進のリバタリアニズムの入門書読んでも同意できなかったし、自分はリバタリアニズムリベラリズムコミュニタリアニズムの中ではリベラリズムが一番近いのかも。

107: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 03:21:27.38 ID:x39KPuCL0.net
>>103
サンデルって哲学者なんやなあ
結局リバタリアニズムって多様性認めて議論しようぜってこと?

124: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 03:27:09.58 ID:IhzJyWgT0.net
>>107
多様性認めて議論しようぜっていうのは多分どの思想も肯定するんじゃない? でリバタリアニズムは経済的自由の最大化も認めるところがリベラリズムとの違いかな。例えば所得の再配分は財産権の侵害だから認められないとか。

139: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 03:31:09.49 ID:x39KPuCL0.net
>>124
なんや結局ネオリベやんけ

117: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 03:24:09.03 ID:6BoM8MWR0.net
>>103
イズムに同調してる時点で哲学じゃない
思弁じゃなくて実証してから学問名乗れよ

104: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 03:20:50.71 ID:6BoM8MWR0.net
ポストモダンなんてあんなん学問でない以前に中身が無い

106: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 03:21:20.94 ID:PiH1YpmLM.net
>>104
(´・ω・`)

112: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 03:23:08.95 ID:6BoM8MWR0.net
>>106
デリダなんてフランス人誰も知らないぞ
いまだに小保方晴子崇拝してるに近い

135: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 03:30:26.78 ID:PiH1YpmLM.net
>>112
ソーカル事件やろ?まあアレ見逃したのは痛いけどさ、まだ汲み取るものはあると思うんだよね

144: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 03:33:07.07 ID:6BoM8MWR0.net
>>135
お前学部一年の時に論文書くときは根拠を挙げねばならないって習わなかったのか?
それ理解してたらくみ取るものなんて無いことくらいわかると思うがな
そもそもアリエスもアルチュセールもカンギレムもフロイト=マルクス=ヘーゲルの影響下から抜け出せて無い時点で
現在では学問とは言われないんだよ
そんなんやるくらいならチョムスキーでもやっとけ

159: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 03:36:12.46 ID:PiH1YpmLM.net
>>144
その感じがもうめっちゃ伝統的なドグマにバチバチに縛られてるよね

162: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 03:36:43.76 ID:6BoM8MWR0.net
>>159
で、ポストモダンってなに?

175: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 03:40:10.23 ID:PiH1YpmLM.net
>>162
そういう、定義定義定義って縛られてる人をそこから開放する考え方かな

178: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 03:40:43.35 ID:6BoM8MWR0.net
>>175
つまり定義不可能の無内容な

180: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 03:41:16.97 ID:PiH1YpmLM.net
>>178
定義不可能が無内容に直結する「根拠」は???

188: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 03:43:41.84 ID:6BoM8MWR0.net
>>180
定義不可能と無内容は同義語である
指示内容が言語的に存在しない以外の理由で定義不可能な対象が存在するということはあり得ない

230: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 04:01:55.00 ID:PiH1YpmLM.net
>>188
いやいや、それがそれこそ一番脱構築が闘いたいとこでしょ。その手がかりとして文学批評的な手法から入ったわけで。
テクストの中には必ず矛盾が孕む、よって言語は不完全、みたいな形でね。
ただずるいのはわかるよ、お前らと前提が違うからそもそもそこに縛られねーんだよ!っていうのは確かに逃げに近い。対象範囲が広すぎて何でもOK、みたいに見えるだろうなとも思う。

ま、個人的にはウィトゲンシュタインも好きだけど。

235: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 04:04:07.91 ID:6BoM8MWR0.net
>>230
言葉で語れないことについて闘うって超能力とかテレパシーとかそういうやつ?
それとも統合失調症?カミサマ?
無内容とどう違うの?

250: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 04:10:07.81 ID:PiH1YpmLM.net
>>235
糖質とかカミサマとかとは逆じゃねえかなあ

不完全だって前提で、それでもその営み自体が構造を構築していくと考えて突き詰め続けるって営みは、
むしろ言語で語りえないことは無内容と決めつけてその枠の中で語り続けるよりも広く範囲をとって不完全性や無内容、適当な意味といったもの(あなたの言った糖質やカミサマ、ってのはこういう意味であってるかな?)を排除しうると思うのだけど。

252: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 04:12:22.79 ID:6BoM8MWR0.net
>>250
そういうことは語り得ないことを語ってから言ってみてください
それか地面に手を付けずに逆立ちするとかでもいいけど

276: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 04:24:29.75 ID:PiH1YpmLM.net
>>252
んー、流石にその皮肉は頭悪くないか??
語りえないことと語りうることが厳格に分かれていて、しかもそれを真と認識できるなんて幻想はとっくに打ち砕かれてね?ゲーデルでもなんでもいいけどさ。
それがわからないまま語って、延々、真と思えることを、語るというそのことそのものによって構築していく、そういう見方もできるんじゃない?って話かと。

283: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 04:28:22.93 ID:6BoM8MWR0.net
>>276
なんでバカってすぐゲーデルの名前出して論理学の穴見つけたような気になるんだろうな
ウィキペディアでもなんでもみかえしてこいよ
ちゃんと不完全性定理ってそういうことじゃないって書いてあるから
大体何が「真であるとはなにか」、なんて問いを立てちゃう時点で論理学の勉強が足りねーんだよ
ニューアカが何十年前に終わったのかとか考えたことないのか?

325: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 04:44:59.49 ID:PiH1YpmLM.net
>>283
んー、論理学の穴を指摘したつもりは無かったんだが……何が真であるか?って問を立ててるわけでもない。それを真と認識するにはその前提(公理系?)はとりま信じろや、だけよりそれを語っていく段階で明瞭にしていく営みにも意味を見出していいんじゃねえかってこと。

単純にさ、こんなにあなたと何回もレスしあって分かり合えない人間がいる、それだけで言語って不明瞭だなとか思わない?
まあ俺がバカとか糖質って言われたらそれで終わりかも知んないけどさ、そういうニーズがある以上そこへのアプローチが哲学という分野にあってもいいと思うが。

327: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 04:46:54.09 ID:6BoM8MWR0.net
>>325
話が通じないのはあなたが宗教を信じているからです

333: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 04:49:18.02 ID:PiH1YpmLM.net
>>327
なるほど。ちなみに宗教っていうのはあなたのその文脈ではどういう定義?

337: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 04:50:01.04 ID:6BoM8MWR0.net
>>333
事実の裏付けのない命題に対する信仰

354: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 04:58:27.17 ID:PiH1YpmLM.net
>>337
無学で申し訳ないが、その事実の裏付けってのはどう確定するんだ?前提(「反証可能性がない論は科学的でない、ひいては哲学として扱うべきでない」)を信仰しなきゃできないことでは?

360: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 04:59:57.33 ID:BeN+B855p.net
>>354
単なるアポリアの回避だろ

369: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 05:02:33.21 ID:PiH1YpmLM.net
>>360
まあねえ、現実的に考えたらそうかもな

370: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 05:02:53.33 ID:6BoM8MWR0.net
>>354
分かってんじゃん

379: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 05:05:43.83 ID:PiH1YpmLM.net
>>370
でもさー、アポリアに陥りそうなことって全部回避してていいのかね?諦めてやーめた!するしかないのかな。今のところは。

387: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 05:09:14.14 ID:6BoM8MWR0.net
>>379
それこそゲーデルだっての
同じこと何回言わすねんアホか
これだからポモはスノビズムって言われんだよ
悔しかったら語り得ないことを語ってみろよ

400: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 05:13:14.52 ID:BeN+B855p.net
>>387
ハイデガーが語ってるってことになってんじゃないの
デリダ的には

405: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 05:16:00.94 ID:6BoM8MWR0.net
>>400
そもそもそのハイデガーが世界観哲学かましてる時点で神学論争としか言えん

412: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 05:18:02.35 ID:LOduh8ZPp.net
>>405
その意見は反証可能?
否定神学じゃないの?

415: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 05:19:04.33 ID:6BoM8MWR0.net
>>412
可能だろアホか
しかも否定神学って方法論の事じゃねーか
佐藤優キチガイかよ

404: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 05:15:41.80 ID:PiH1YpmLM.net
>>387
なるほど……確かにそれこそ、か。
でもそしたら、今後の哲学ってどうなってくのかね??

あと、スノビズムと言われたらその通りだから返す言葉もないww

とても勉強になった。長い間ありがとう!もうちょっと考えてみる!

406: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 05:17:14.88 ID:6BoM8MWR0.net
>>404
今後の哲学も糞もない
とにかく君はポストモダンを否定するために一刻も早く小谷野敦あたりを読みなさい

413: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 05:18:33.67 ID:PiH1YpmLM.net
>>406
ありがとう、読んでみる。
もし良ければ今後の哲学も糞もない、をもう少し詳しく教えてくれるとめっちゃ嬉しい、すごく興味深い記述

417: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 05:20:27.30 ID:6BoM8MWR0.net
>>413
哲学はおおむね決着がついてる
デカルトは正しい。近代主義・ポパー主義・反証可能性、万歳!!おわり。

425: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 05:23:39.16 ID:/Ax2A76A0.net
>>417
なんていうかお前も結構キチガイやな

427: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 05:24:28.82 ID:PiH1YpmLM.net
>>417
なるほど

390: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 05:09:34.01 ID:ANGQkNGm0.net
>>379
それを補うのが論理性やん

401: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 05:14:45.60 ID:M9VAmyLqK.net
>>379
キミの立場は共感できる部分かなりあるんやけどな
そうしてそれで語るうちにその脱構築かなんかをするとするやろ?
そしたら語り得る領域の全体性を直感的に把握するみたいななってそれは行きつくところは神秘主義やと思うで

410: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 05:17:38.11 ID:PiH1YpmLM.net
>>401
なるほど。そもそも領域の全体性なんてわかるわけなくね?ってのは無し?

420: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 05:21:58.75 ID:M9VAmyLqK.net
>>410
それが神秘主義者になるとそれはなんか漠然とわかるとか
語り得ないけど直感で把握できるみたいな立場になるんや

429: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 05:25:34.17 ID:PiH1YpmLM.net
>>420
まあ確かに、延々やってたらそうなりそうだな

336: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 04:49:50.24 ID:OOk+bh090.net
>>325
知り得ないことについてグダグダ言うことに価値はないよな
なんJやってたら嫌でもわかると思うけど

344: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 04:53:33.37 ID:PiH1YpmLM.net
まちがえた
>>336だった

290: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 04:32:13.85 ID:M9VAmyLqK.net
>>276
語りえないことと語りうることは厳格に分かれていて、しかもそれは真と認識できるんやで
ただそのために公理系が必要で公理系自体はとりあえず語るうえで無条件に信じないとしゃーないというのがゲーデルやと思うんやが

263: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 04:15:57.74 ID:M9VAmyLqK.net
>>250
ワイはキミの言いたいことわかる気がするわ
ただそういうのはほとんど詩人の仕事でええ気もするで

288: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 04:30:10.26 ID:PiH1YpmLM.net
>>263
確かにこういった考え方は、経路妥当性から考えても(つまり哲学の、曖昧なものや不条理等の排除の歴史から考えても)哲学と非常に相性悪く、芸術肌に見られがちだろうとは思う。
そういう考え方へのカウンターの要素が強いから当たり前なんだが。

291: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 04:32:21.65 ID:6BoM8MWR0.net
>>288
お前反証主義とか知らないのか?
しらないなら当座ウィキペディア見ろよ

330: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 04:47:54.61 ID:PiH1YpmLM.net
>>291
反証主義は(記憶が正しければ)知ってるが……そうじゃない立場もあるってのはかなり言われてることじゃない??

332: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 04:48:52.01 ID:6BoM8MWR0.net
>>330
反証主義でないならそれは宗教です

342: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 04:52:57.70 ID:PiH1YpmLM.net
>>332
知りえないことが語る前に確定してる事柄ならね

345: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 04:54:22.99 ID:6BoM8MWR0.net
>>342
突然登場した知り得ないこと、ってのはなに?オバケ?不可知論上の神様?
それとも語り得ないこと、の誤記?

354: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 04:58:27.17 ID:PiH1YpmLM.net
>>345ごめん、これはミス

346: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 04:55:14.31 ID:OOk+bh090.net
>>342
そういう四次元的なことじゃなくてその時点で語り得ないことな

147: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 03:33:28.06 ID:M9VAmyLqK.net
>>135
デリダとかはカスでフーコーはセーフやで

152: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 03:34:21.59 ID:6BoM8MWR0.net
>>147
フーコーなんて一番のゴミだぞ

176: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 03:40:14.25 ID:M9VAmyLqK.net
>>152
フーコーとかカンギレム読んでたらクソどうでもいい史実とか知れて楽しいやん
そんなもんでええやろ

184: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 03:42:21.26 ID:6BoM8MWR0.net
>>176
まあそういうのをスノビズムとして批判するんだが、たしかに事実だけ見ときゃ楽しいよ
ただだったら西洋史学のちゃんとした専門書か、そうじゃなくても概説書よめばいいけどな
ちなみにピネルとテュークはデタラメな

204: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 03:50:06.25 ID:M9VAmyLqK.net
>>184
ワイは歴史モノのフィクションとして読んでるけどな
その場で読んではえーってなって終わりやし
フーコー本人が自分の本はそういうもんやと言ってたはずや

108: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 03:21:50.28 ID:U3c1x/5+x.net
哲学に自信ニキなんて何でも知った様なつもりで賢ぶってる奴しかおらんで

111: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 03:23:02.33 ID:TuMCilbq0.net
>>108
まともに話せるやつって問題について話すことはあっても哲学について話したりはあんまりしない印象あるわ

123: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 03:26:25.38 ID:U3c1x/5+x.net
>>111
誰かに教わったこと本で読んだ事を繰り返すだけや
指摘を恐れてか知らんが何かを論じ合うなんて見た事無いな

125: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 03:27:21.51 ID:TuMCilbq0.net
>>123
方法論について語るのはいいけど問題自体についてはどうも触らんというか方法的にしか問題にしないというか

113: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 03:23:10.58 ID:EwMY0H8b0.net
哲学の知識は自分が生きるための参考にしかならんからな

115: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 03:23:58.04 ID:x39KPuCL0.net
>>113
せやな
でもそれってメチャメチャ大事やと思うやで

116: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 03:24:08.71 ID:TuMCilbq0.net
結局哲学スレじゃなくて哲学学スレなんだよなあ

119: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 03:24:54.51 ID:x39KPuCL0.net
>>116
ワイは哲学話したいで

120: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 03:25:24.10 ID:TuMCilbq0.net
>>119
今何について考えてるんや?

127: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 03:27:38.16 ID:x39KPuCL0.net
>>120
マルクスのヘーゲル批判読んで本読んで知識ベラベラ喋る大学生より現実を変えようと理想に向かって動いている大学生の方が「現実的」やなあって最近考えとるわ
シールズとか見てね

129: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 03:28:19.89 ID:TuMCilbq0.net
>>127
シールズ見てそう思ったんか(こんわく)

134: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 03:29:49.58 ID:x39KPuCL0.net
>>129
現実を見て諦めるより、理想に向かって突っ走る方が「現実的」だし「人間的」だと言えるんじゃないか?
まさに自己の獲得だよ

137: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 03:30:49.63 ID:6BoM8MWR0.net
>>134
自己を獲得する主体は誰?

141: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 03:31:31.70 ID:x39KPuCL0.net
>>137
自己を失った非人間的な自己や

146: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 03:33:27.60 ID:6BoM8MWR0.net
>>141
それ形容矛盾だって気づかない?

140: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 03:31:18.08 ID:TuMCilbq0.net
>>134
そういう意味で言ってるなら詭弁こねくりまわしたりして何もしてない奴もものすごい現実的で人間的やと思うねんけど
理想を人に一方的に押し付けられるとする考え方にワイは賛同せんで

142: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 03:32:12.23 ID:x39KPuCL0.net
>>140
別に押しつけてないやろ

150: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 03:34:15.58 ID:TuMCilbq0.net
>>142
いや理想に向かって突っ走るほうが現実的やとかいう独断して詭弁こねくりまわすやつら否定してるやん
そういう行動する奴らは現実的やとかいう意味で批判するのはワイはおかしいと思うで

169: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 03:38:36.57 ID:x39KPuCL0.net
>>150
うーんだからさ
「安保法案廃止に向けて」っていう目標に向けてって話やで
自称現実主義者はその現実を見てどうせデモ行ったって何も変わんねーしとか冷笑してふんぞり返ってる
デモ行く奴はデモでそれが止められるってのは理想だと分かりながらも自ら動いて変えようとしてるわけじゃない
それが結果的に世論を盛り上げて、野党の選挙協力にまで繋がったんだと思うんやけど
だからマルクスになぞらえて言えば後者の方が「現実的」ってことや
これはワイが言ってるんやなくてマルクスが言ってるんやから押しつけでもなんでもないで

177: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 03:40:41.81 ID:TuMCilbq0.net
>>169
要するに良し悪しでは言ってなくて現実に起こったことをマルクス流に規定したってことなんか?

181: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 03:41:28.41 ID:x39KPuCL0.net
>>177
せやな
その文脈で語ったつもりやが分かりにくくてすまんな

190: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 03:44:40.51 ID:TuMCilbq0.net
>>181
まさに自己の獲得だよっていうところで
ファッ、なに熱入れてんねんと思ってしまったわ
画面ごしやから君があくまで機械的に情報処理してたこと気づかんくてすまんな

194: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 03:45:46.94 ID:MH7a1kky0.net
>>169
マルクスは世の中に悪人とバカがいない前提でいろいろ言ってはる人やってことを注釈しておくで

118: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 03:24:20.16 ID:z/en1V9U0.net
読んだって全く理解出来ないし苦行としか思えないわ

122: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 03:26:10.17 ID:GfQFbvnca.net
思弁て学問じゃないの?

126: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 03:27:27.96 ID:6BoM8MWR0.net
>>122
科学=学問という意味であれば実証されてるかが重要
じゃなきゃキリスト教もエロ本も学問になっちゃう

128: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 03:27:56.60 ID:EwMY0H8b0.net
確かに哲学と宗教って密接やからそれ出てくるとどうでもよくなるわ
キルケゴールとかパスカルとか
あと芸術論とか美学とかそんなに議論する事かと思うわ

131: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 03:29:24.74 ID:TuMCilbq0.net
>>128
批評は批評としてだけは価値あるんやで
批評が正しくて詩人が間違ってるみたいな力関係は前提的にはありえないけど

132: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 03:29:28.53 ID:6BoM8MWR0.net
>>128
美学専門の学者なんてまずいないだろ
美術史専門家でも美学理論と作品事実は完璧に切り離してるし

148: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 03:33:48.91 ID:MigPlTHv0.net
深夜のこういうスレでマグヌスニキに遭遇する確率めっちゃ高いわ

153: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 03:34:32.47 ID:7HH3B45br.net
哲学者は何で自殺が駄目なのか、中学生にもわかる理由を考えろよ
あと、時代に即した医療倫理を早く構築するんだよ
このままじゃ日本滅びちまうぞ

154: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 03:35:21.08 ID:6BoM8MWR0.net
>>153
価値判断をするのは学問の仕事じゃない
死にたいなら死ね

156: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 03:35:30.01 ID:TuMCilbq0.net
>>153
ワイは自殺は幻想的にしか起こり得ないから現実における選択として捉えてる限りでは過ちやから良くないっていうヴェイユの文章読んで感動したで

179: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 03:41:01.35 ID:7HH3B45br.net
>>156
死んだって何も変えれないからダメってのは、命大切にしようとか言うよりは効くよなあ

187: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 03:43:30.60 ID:TuMCilbq0.net
>>179
ヴェイユが言ってることは要するに死んで無になるとか言ってるけど無ってのをお前の都合のように今よりいいものとしてとらえてるから間違ってるぞっていうことやと思うけど
まあこの主張に対して真っ向からの反論はなかなかできんと思うで

196: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 03:45:58.42 ID:7HH3B45br.net
>>187
死んでも楽にはなれんかもよってこと?
こええな
死んだらどうなるのか何て誰もわからんから、反論出来んわな

201: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 03:48:19.35 ID:TuMCilbq0.net
>>196
ヴェイユの言い方やと自殺しようとしてぐっと最後まで行ったは行ったけどたまたま空砲やったせいで生き残ってしまったときとかに、
自殺をしようとしたときから少しも本人が変化を蒙ってないがゆえに自殺ってのは幻想的なもんにすぎないって言ってて、
死んだら地獄かもしれんぞ、って意味てとるとちょっと厳密じゃないと思う
死んだあとのことは生きてることと全く関係がもてないのに、生きる上での方法として持ち出してくるのはおかしいぞ、ってことやと思う

197: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 03:46:04.69 ID:oHiSS47F0.net
>>153
自殺は本質的には悪ではない
あくまで社会合意として自殺=駄目となってるだけ
その理由としてはおおまかに言えば自殺されると周りに面倒がかかるからやろうな

155: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 03:35:26.64 ID:nmckwVCz0.net
またレスバトル始まったんか

161: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 03:36:28.46 ID:hLTZ8wDj0.net
>>155
動物のじゃれあいやぞ

157: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 03:35:49.76 ID:YYiK9bDh0.net
何やこんなスレでもみんな演繹法って何なんか具体的には知らんのやな
ちょっと安心したわ

164: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 03:37:00.73 ID:TuMCilbq0.net
>>157
演繹法ってのは自明やと思われるいくつかの理屈を組み合わせて新しい理屈を作ることやで

172: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 03:39:37.54 ID:YYiK9bDh0.net
>>164
ほーん、例えば
「松坂大輔は豚だ」「松坂大輔は働かない」「松坂大輔は給料泥棒である」
→「松坂大輔は来年もソフトバンクに残るべきである」

これ演繹法になるんか?

183: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 03:41:50.25 ID:TuMCilbq0.net
>>172
前提条件が覆し得ないならなるけどそれで正しい演繹法やと言い張るのは厳しいと思うで

192: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 03:44:59.51 ID:YYiK9bDh0.net
>>183
「松坂大輔は豚である」
「松坂大輔は働かない」
「松坂大輔は給料泥棒である」

全部永遠に覆らんやんけ!!

193: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 03:45:38.34 ID:TuMCilbq0.net
>>192
もこ分

205: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 03:50:13.03 ID:oHiSS47F0.net
>>192
人間は加齢とともに衰える→松坂は人間→松坂は衰える

210: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 03:51:57.71 ID:YYiK9bDh0.net
>>205
ファッ!?それ三段論法やんけ
三段論法って演繹法やったんか?

213: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 03:53:04.49 ID:6BoM8MWR0.net
>>210
論理形態が三段論法なだけで論理機能は帰納法であってる

222: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 03:58:22.55 ID:FDxwNkGPK.net
>>205
「山本昌は50まで現役だった」
「山本昌は人間である」「松坂大輔も人間である」
「ゆえに松坂大輔は50歳まで現役でプレイできる」

これは反証になるん?

227: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 03:59:54.06 ID:oHiSS47F0.net
>>222
スタートに普遍性がないから説得力が足りひんのちゃうかな

228: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 04:00:41.03 ID:x39KPuCL0.net
>>222
それって人間故に50歳まで現役続けられるにしないとだめやん

160: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 03:36:13.89 ID:IhzJyWgT0.net
規範的議論とか定性的議論がそんなに嫌なら理系の学問やったら

167: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 03:38:04.57 ID:6BoM8MWR0.net
>>160
文系学問=定性的
理系学問=定量的

ってなんか根拠あんの?

よし文系学問が定性的であるとして、なぜ思弁を学問と見做しうるんだ?

163: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 03:36:54.56 ID:pI+ZNuEP0.net
世界はいつ始まったのかとか、宇宙には果てはあるのかとか、時間はいつから起こったのかとかも哲学なん?

168: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 03:38:22.13 ID:TuMCilbq0.net
>>163
問い自体を捌いていく方向性をとるなら哲学と言えると思うけど

198: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 03:46:36.41 ID:pI+ZNuEP0.net
>>168>>173
捌くだけで解を出さないうちは哲学で解を出す方向なら科学になるってこと?

>「世界はいつ始まったか」は学問では答えることができない
なんでや?実証する術がないんか?

202: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 03:48:39.60 ID:6BoM8MWR0.net
>>198
「世界」という語ではテーゼを限定しきれない
「宇宙」と同義語でいいのか、もっと広い範囲を包含しようとするのか
まあ実証も事実上不可能だろうから
「宇宙はいつはじまったか」でも学問的答えが無い蓋然性は高い

215: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 03:54:32.66 ID:pI+ZNuEP0.net
>>202
ワイのなかでは宇宙は物理的な空間やけど、世界は出来事や事実とかいったような動的なイメージや
学問的答えがないと宗教に答えを求める人や宗教を利用する人がおるんやろな

220: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 03:57:08.96 ID:6BoM8MWR0.net
>>215
その世界を「出来事や事実とかいったような動的なイメージ」として捉える世界観を表象というんやけど
パースペクティブによる世界観はニーチェも主張してた事なんだが
ある程度は当たり前のことでただそこで生じるバイアスとか価値判断は学問とは関係が無いって言うことをポパーが言った

233: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 04:03:09.60 ID:pI+ZNuEP0.net
>>220
そういわれるとあっけないなぁ。ポパーって人は哲学って学問よりは個人の思想ですましとけって感じなのか

238: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 04:06:13.11 ID:6BoM8MWR0.net
>>233
というか公としての学問と私事としての宗教は分離されてしかるべきでしょ
無内容のニューアカカルトならいざしらず
だいたい正しいことを言わないならそれは学問じゃないし
根拠のないことはおしなべて正しくない

259: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 04:14:48.06 ID:pI+ZNuEP0.net
>>238
ポパーは科学者なん?ある哲学が正しいことを証明できなきゃ大学で哲学の居所なくなりはしないん?
でも哲学が正しさを証明できたらそれは科学になってまうにゃないか?

268: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 04:18:56.74 ID:6BoM8MWR0.net
>>259
アカデミックな現代哲学ってのは科学になりたくてもなかなか成れないのが実情なんだよ
それとポパーの哲学っては自然演繹体型から来た科学哲学=言語哲学だから
証明するというよりは既にあるものを言語化して正しくないものを排除すると言った方が正しい

278: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 04:25:25.03 ID:pI+ZNuEP0.net
>>268
分からんから適当になってまうけど哲学って語る以上は全部言語哲学じゃないんか?
言語的じゃない哲学ってちょっと想像つかんのやけど

285: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 04:29:22.14 ID:6BoM8MWR0.net
>>278
言語哲学ってのは言語を対象とした哲学な
要するに論理学研究や

308: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 04:37:38.28 ID:pI+ZNuEP0.net
>>285
それじゃ哲学者はまず論理学を学んでから言語以外の対象を研究しないと何か語る際に不用心になってまうよな?
だとしたら一生研究し続けなければならないくらい時間かかるやろな

314: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 04:39:22.95 ID:6BoM8MWR0.net
>>308
そうでもない、っていうか学者は全員論理学学んでないとまずいでしょ

334: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 04:49:37.12 ID:pI+ZNuEP0.net
>>314
そうなのか。ワイのような大学で哲学学んどらんアホでも論理学を学べば難しい本読みやすくなったり、分かりやすく表現したりできるん?

338: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 04:50:36.09 ID:6BoM8MWR0.net
>>334
哲学なんぞより論理学をおやりなさい、是非

353: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 04:58:21.01 ID:pI+ZNuEP0.net
>>338
論理学ってとっつきやすい本あるんか?辞書みたいのでコツコツやらなあかんのならキツいわ…

361: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 05:00:09.10 ID:6BoM8MWR0.net
>>353
「哲学入門」っていう書名の本は全部ゴミ
「論理学入門」っていう本は全部ちゃんとしてる
オススメは野矢茂樹

372: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 05:04:19.05 ID:pI+ZNuEP0.net
>>361
野矢茂樹って日本人か。日本語で書いてくれてるんなら助かるわ
哲学は輸入学問って言われとるから教科書ぜんぶ洋書かと思ってたわ

378: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 05:05:43.40 ID:6BoM8MWR0.net
>>372
んなわきゃない

394: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 05:11:44.93 ID:pI+ZNuEP0.net
>>378
じゃあ今の日本の哲学の学生や教授って日本人のものを読んでるのか。それは良いことなんやないか?

397: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 05:12:51.54 ID:6BoM8MWR0.net
>>394
他の学問と同じで英語がまず主流
次が仏語・独語
もちろん原書は別

411: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 05:17:59.79 ID:pI+ZNuEP0.net
>>397
哲学も英語なのか。ドイツ語とばっかり思ってたわ
英語ならワイでもなんとか読めるで

375: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 05:04:58.94 ID:0n3xzNS90.net
>>361
その人が書いた哲学の謎?って本は入門としてはいいいらしいけど、どうなん?

382: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 05:07:46.47 ID:6BoM8MWR0.net
>>375
哲学の入門書は初めから眉唾だと思って読める力があるなら別に問題ないよ
どうせ後で「哲学ってクソじゃねーか」ってなるから
ただニューアカデミズムとポストモダンとフランス現代思想、あと共産主義と神学と精神分析には興味持たん方がいい
時間の無駄だから

386: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 05:08:54.82 ID:z/en1V9U0.net
>>382
俺が興味持った奴だらけやんけ

391: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 05:10:50.71 ID:6BoM8MWR0.net
>>386
なんでこういうことを言うかというと俺も高校生までにはこれら一通りに興味持って大学入ってから全部クソだと気づいて時間無駄にしたから

223: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 03:58:36.31 ID:TuMCilbq0.net
>>215
ワイは臨床心理的な考え方に寄ってるのかもしれんけど、宇宙は何かとか世界はいつ始まったかとか答えが出ないと困って困ってしゃーなくなって切実に考えてる人じゃないとまず哲学の問題としてはそれらを扱えんと思うんよ
それで、そういう人たちがまともにその問題に向き合うためにはそう思ってる自分はなんでそんなことを切実に考えてるんやっていう方向に行くか、それとも宇宙とは何かを非正確でもええから納得行くようにしたいって方向に行くかやと思うねん
その前者が哲学で、後者が所謂オカルト的宗教なんちゃうやろか

251: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 04:11:48.77 ID:pI+ZNuEP0.net
>>223
なるほど。自分について切実に考えてる途中に疲れてオカルト的宗教の方が実践的で器用に生きれそうって気づく人多いいんやろな
でもだとすればまずは認識論やってから存在論にいかないと何も始まらんってことになりはしないかな

254: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 04:13:07.85 ID:TuMCilbq0.net
>>251
自分の問題について考えるよりも先行して宇宙について考えたくなってるのはなんでなんや?
まず自分の問題について考えればええと思うんやけど

269: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 04:20:32.02 ID:pI+ZNuEP0.net
>>254
ワイはどっちが先でもいいと思うけど、よく考えたら自分のことだけ考えても収集がつかないというか、
自分のことについて考える手立ては自分の外に転がってることもあるやろなって思うわ
だいいち、哲学を語る言葉って世界のなかの一つやもんな

277: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 04:24:30.15 ID:TuMCilbq0.net
>>269
まあ、哲学とか宗教とか科学とかそういう分類とかはいらんと思うで
正直言って人のやってること云々言うんじゃなく自分で何かやるなら分類とか関係なく気になることにたいして真面目に取り組むしかないし

284: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 04:29:20.70 ID:pI+ZNuEP0.net
>>277
それできるのが学者やもんな。ワイなんてここで聞いて「おぉ、まーた賢くなったわ!」って感じで真面目に取り組む以前に満足してまう…

203: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 03:49:28.20 ID:TuMCilbq0.net
>>198
どういう意味で言っとるのかちょっと分からんので答えられん
どういう意味で哲学について知りたいのか教えてくれたらなんか応えられるかもしれんが

224: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 03:58:37.90 ID:pI+ZNuEP0.net
>>203
ワイは哲学やることで結局自分の人生に関わることを考えたり知ることやと思ってるんやけど、
そういう世界と時間とか考えることで自分のことにもつながるのか興味あるんや

226: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 03:59:53.28 ID:TuMCilbq0.net
>>224
自分の人生について考えるためにそういうことを考える必要があるかどうか知りたいってことか?

240: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 04:07:01.68 ID:pI+ZNuEP0.net
>>226
そうそう。「自分の人生や存在とは・・・?」はいかにも哲学って感じするけど世界とか時間も考えるべき課題なんかなって

243: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 04:07:50.80 ID:TuMCilbq0.net
>>240
考えたかったら考えればええねん

246: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 04:08:41.04 ID:6BoM8MWR0.net
>>240
カントもデカルトもヘーゲルも今だったら理系に分類される研究課題に取り組んでるからそれは間違った態度じゃない
ただそうなると現代では哲学なんてやる意味もヒマもない

267: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 04:17:44.11 ID:pI+ZNuEP0.net
>>246
そういわれると確かにいま誰でも知ってる哲学者ってサンデルくらいしかおらんよな
哲学がいろんな分野に派生していったのか、ただ消化されていったのか

270: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 04:21:15.19 ID:6BoM8MWR0.net
>>267
まあ法哲学とか政治哲学ってのは倫理学とか美学みたいに応用哲学の一分野で
サンデルは日本の専門体系に照らしたら厳密には哲学者じゃないんだけどな

282: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 04:27:49.68 ID:pI+ZNuEP0.net
>>270
そうなん?「暴走するトロッコの切り替えレバーを1人の方へ~」みたいなやついかにも哲学やと思ってたわ
倫理学と美学は哲学の親戚みたいなもんか

289: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 04:31:16.21 ID:6BoM8MWR0.net
>>282
倫理学とか美学とか政治哲学ってのは「応用哲学」に分類されて
これは一般的に哲学とは別学問や
大阪大の哲学科倫理学教室が哲学科応用哲学教室に改名されたのがいい例やな

315: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 04:40:07.83 ID:pI+ZNuEP0.net
>>289
じゃあ今の実社会では応用哲学の方が美味しいところをつまみ食いできそうやな
本家本元の哲学はどんどん象牙の塔になってまうやろ

318: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 04:41:24.99 ID:6BoM8MWR0.net
>>315
そうでもなくて応用哲学ってのは統計的なデータとかも取り入れてて論理ガチガチじゃないからその分信憑性も薄いし簡単に覆る

343: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 04:53:14.21 ID:pI+ZNuEP0.net
>>318
あぁ、だからサンデルは日本の体系では哲学者と呼べないんか
本家の哲学から生まれた産物は論理ガチガチならどういうところで活かされてるんや?

349: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 04:56:25.45 ID:6BoM8MWR0.net
>>343
それがもっとも一般化されて普及してるのが論理学
あとは昔の人はどんなアホなこと考えたんやろな~って話
インドの像の上に亀が乗っかってる宇宙図と同じようなカテゴリと考えていい

362: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 05:00:37.32 ID:pI+ZNuEP0.net
>>349
すげー分け方やなw論理学って数学の一部じゃなくて哲学だったんか
ワイは高校数学の論理と集合を極めたのが論理学だと思ってたわ

366: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 05:02:08.36 ID:6BoM8MWR0.net
>>362
論理学は数学よりは哲学の一部だけど
そういう意味でいうならこの三つは互いに隣接領域

385: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 05:08:40.29 ID:pI+ZNuEP0.net
>>366
なるほど、学生時代真面目に勉強しなかったワイがいうのも変やけど
数学と哲学と論理学って高校までにちゃんと学ぶべきやと思うわ

392: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 05:11:16.07 ID:6BoM8MWR0.net
>>385
哲学はいらん

399: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 05:13:09.32 ID:pI+ZNuEP0.net
>>392
まじかwID:6BoM8MWR0 ちゃんは何者なん?哲学から足を洗って科学、論理学に行った人なん?

402: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 05:15:00.03 ID:6BoM8MWR0.net
>>399
ワイは一応科学哲学専攻ってことになってるけどやってるのは近代主義と私小説かな
将来的には小説一本書いて野垂れ死ぬ予定

418: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 05:20:29.89 ID:pI+ZNuEP0.net
>>402
あれ?思ってたんと違うわw論理と小説って水と油じゃないん?論理的小説ってあるんか

423: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 05:22:51.46 ID:6BoM8MWR0.net
>>418
私小説は基本的に事実のみを記述する
田山花袋とか田中英光とか谷崎の小説の一部ってのはどこが事実でどこが作り事かもう随分詳しく知られている

428: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 05:25:05.98 ID:pI+ZNuEP0.net
>>423
まじか。本人ずいぶん詳しく告白してるんやな
じゃあドキュメンタリー映画や記録映画みたいなものって考えればええのん?

433: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 05:26:26.64 ID:6BoM8MWR0.net
>>428
ドキュメンタリーとか映画ってのは「カメラ」の視点が介入するけど
小説ならそれは必ず「私」
大抵の場合三人称でも主人公=私

436: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 05:28:14.73 ID:/Ax2A76A0.net
>>433
キチガイとレスバトルしてるうちにお前もキチガイになったんか?

445: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 05:30:41.42 ID:pI+ZNuEP0.net
>>433
カメラって編集もされるから視点が一定じゃないから複数の視点からの事実やけど小説は一人やな
この事実の描写の違いも重要な違いなんかな

451: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 05:34:57.39 ID:6BoM8MWR0.net
>>445
カメラまわしてる人間てのは匿名でいかにも三人称的「客観的」的だけど
実際にはカメラマンてのは存在してる
一方「私」語りはパース固定だからこそ客観的でありうる

460: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 05:38:01.66 ID:z/en1V9U0.net
>>451
ブログとかやっとる?
やってたらおせーてください
読みたいから

466: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 05:40:42.86 ID:6BoM8MWR0.net
>>460
やってない
カネにならないから

467: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 05:40:49.15 ID:pI+ZNuEP0.net
>>451
「私は~」って記述している限りは責任者の所在がはっきりしてるからってことでおk?
だとしたらSF小説とかの客観性も「私」が語れば物語の世界の中にいる限りは破綻しないんか?

473: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 05:43:52.66 ID:6BoM8MWR0.net
>>467
SFってそもそも世界設定が現実じゃ無い時点で破綻も糞もない
重要なのは公的評価を得たいならまずお名前を書きましょうってだけ

482: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 05:50:02.31 ID:pI+ZNuEP0.net
>>473>>476
それだけでいいんか。あ、でも評価はその後の問題なんやもんな
なんとなく東京の人かと想像してたわ。。藤木静子と織田真子は知らんかったわ、サンガツ!

279: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 04:25:51.60 ID:OOk+bh090.net
>>267
他の分野に消化されていったからやろな
特に科学と宗教
なんでも二項化する流れの弊害や
理系文系、与党野党みたいなわけかたはその役割が忘れられたとき中立性を失う傾向にあるし現に今一般人レベルにとどまらずそうなってる

296: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 04:34:00.16 ID:pI+ZNuEP0.net
>>279
キリスト教徒でありながら物理学者の人とか仏教やりながら生物研究してる人とかおるやろうけど
そういう人のなかでは科学と宗教は二項化されてなくてどうにかこうにか整合されてるんやろか

301: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 04:35:19.25 ID:TuMCilbq0.net
>>296
キリスト教徒でありながら戦争してた人たちもいますね…

326: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 04:45:36.53 ID:pI+ZNuEP0.net
>>301
無知な質問ですまんけど戦争って信仰と矛盾するんか?教典が認めてる戦争の範囲なら良いんやろ?
宗教戦争は聖戦なんやろうけど、兵器での普通の戦争に参加するならその人は本当の信者はいないんやないかな

306: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 04:37:02.65 ID:nm8iiTSP0.net
>>296
その頃はまだ世界が神秘と未知にあふれとったからな
ビッグバンとか平行宇宙とか当たり前に語ってる今やと馬鹿らしくなるやろな

329: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 04:47:37.40 ID:pI+ZNuEP0.net
>>306
平行宇宙って「ワイが~してない世界だったら―」みたいなやつやろ?
思考可能やろうけど科学として認めてもらえてるん?

339: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 04:51:14.79 ID:nm8iiTSP0.net
>>329
実験に基づかない妄想なら無理やね
ただ統一場理論構築時に必要な概念なら追認されるやろな

351: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 04:57:11.89 ID:pI+ZNuEP0.net
>>339
平行世界の証明って夢があるわ。ただ、「はい、これが向こうの世界です」って示した瞬間に
「俺たちが観察できるなら現行世界じゃねーか」ってなっちゃうんやろな

173: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 03:39:41.39 ID:6BoM8MWR0.net
>>163
「世界はいつ始まったか」は学問では答えることができない

「宇宙に果てはあるか」と時間論は物理学

170: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 03:38:44.31 ID:s+F+AgnN0.net
大学の一般教養で哲学とったけど単位落として投げたわ
あんな難しいのよく理解できるな専攻でやっとる奴どんな頭しとるんや

171: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 03:38:59.31 ID:VtADgVPB0.net
ワイ、全=無だと悟る

182: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 03:41:32.26 ID:7HH3B45br.net
>>171
1じゃないんか

185: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 03:42:34.25 ID:IgZSt9HNa.net
とりあえず誰か俺にボエティウスに至るまでの俯瞰的な流れを教えてくれ
水が起源がなんやらプラトンイデア論ソクラテスうざいソフィスト智の愛者みたいなのしか覚えとらん

186: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 03:42:54.38 ID:L32n8R5EE.net
中国の思想家は哲学に入れてもいいの?

191: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 03:44:49.18 ID:6BoM8MWR0.net
>>186
道教も儒教も宗教だけど
論語とか荘子とか孟子を文献学的に歴史化するなら哲学にならないこともない

200: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 03:47:58.52 ID:L32n8R5EE.net
>>191
確かに哲学というか宗教か

189: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 03:44:17.86 ID:GfQFbvnca.net
こういうスレはググりながら見なワケわからんから辛いわ

195: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 03:45:51.34 ID:EwMY0H8b0.net
読んでて楽しい哲学の本って大体皮肉とか悪口がおもろいやつだわ
あと切り口が面白いやつカイヨワとか
遊びの哲学ってすごい面白いと思うんやけどあんまやってる人知らん

199: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 03:47:03.33 ID:x39KPuCL0.net
やきうを哲学的に語ろうや

206: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 03:50:16.29 ID:DrkQtY7s0.net
なんか最近アドラー流行ってるけど、この人は哲学の世界ではどういう扱いなの

207: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 03:50:58.58 ID:6BoM8MWR0.net
>>206
そもそも精神分析は学問じゃない

211: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 03:51:58.08 ID:TuMCilbq0.net
>>206
哲学では知らんけどまあ精神分析ではフロイトのパクリをしたうちの一人や

208: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 03:50:59.24 ID:x39KPuCL0.net
誰かネグリについて語ろうンゴ
ネグリの本読んでると政治学の教科書読んでる気分になるンゴ

209: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 03:51:55.65 ID:6BoM8MWR0.net
>>208
マルチチュードって神の国あるいは社会主義国家とどう違うの?

214: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 03:53:23.41 ID:x39KPuCL0.net
>>209
マルチチュードは飽くまで「帝国」に対抗する手段としての概念やろ
「帝国」の定義は帝国論読んでどうぞ

217: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 03:54:43.59 ID:6BoM8MWR0.net
>>214
要するにヘーゲルの焼き直しの焼き直しの焼き直しか
あるいはキリスト教の焼き直しの焼き直しの焼き直しの焼き直しだとは思わない?

218: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 03:56:03.18 ID:x39KPuCL0.net
>>217
スピノザの焼き直しだと思うで
そこに現代的なインターネットという概念を持ち込んでいる

221: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 03:58:04.18 ID:6BoM8MWR0.net
>>218
スピノザってキリスト教カルトの汎神論者だろ?
ビンゴじゃねーか

212: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 03:52:23.13 ID:z/en1V9U0.net
そんな厳密さを求めるなら全部コンピュータにやらせとけば良いじゃん

216: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 03:54:35.06 ID:L32n8R5EE.net
老子の技術を発展させるなって発想は面白いわ
人間の性質としてそれに逆らうのは難しいと思うけど

219: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 03:56:52.12 ID:oHiSS47F0.net
死ぬのめちゃくちゃ怖くて夜寝れへんなったりするけど自分自身の死は自分で認識できひんから考えるだけ無駄なんやろうな

225: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 03:59:18.90 ID:TuMCilbq0.net
>>219
哲学的には無駄でも心理学的には無駄ではないし考えるのやめなアカンってことではないと思うけどな

229: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 04:01:47.87 ID:oHiSS47F0.net
>>225
確かにその通りやな
答えは出ないもんやけど自分なりに向きあっとかな後悔しそうやし

234: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 04:03:34.16 ID:TuMCilbq0.net
>>229
自分の死について考えることが人や動物の死を省みることになったりするやろしね

242: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 04:07:24.51 ID:oHiSS47F0.net
>>234
懐の深い、良いこと言うなあ

245: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 04:08:22.52 ID:TuMCilbq0.net
>>242
ワイの器とちんぽの大きさの現れやろなあ

231: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 04:02:22.92 ID:8KnduyR10.net
J民頭いいんやね

232: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 04:02:36.17 ID:x39KPuCL0.net
>>231
みんな知ったかやで

236: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 04:05:17.05 ID:7Vr7p8+Z0.net
自分以外全てが仮想のものだと考えると怖いンゴ

237: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 04:05:55.33 ID:x39KPuCL0.net
>>236
ヘーゲル読んでからマルクス読むと安心するで

239: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 04:06:28.21 ID:TuMCilbq0.net
>>236
そもそも自分自体ほんとは緑色で足がたくさんはえた生物かもしらんで

241: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 04:07:10.72 ID:6BoM8MWR0.net
>>239
フッサール「じゃけんエポケーしましょうね~」

247: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 04:09:07.87 ID:oHiSS47F0.net
>>236
ほんまにそうかもしれんで
確かめる術はないんやけどな

244: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 04:08:14.73 ID:M9VAmyLqK.net
スピノザってエチカしか読んでないしワイの理解雑かも知れんやけど
もっとあとで非ユークリッド空間とかあるの分かって
いまもう数学の公理っていうのもそもそもとりあえず人間が恣意的に条件設定したもんで
それを無条件に納得したうえでやないと語れへんからしゃーないけど納得するんやでみたいなことやろ?
それでスピノザの焼き直しってなんか意味あるんか

253: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 04:12:28.92 ID:oHiSS47F0.net
昼間の漫画スレとは違って知性漂っとるなあ
やっぱ書に触れることは大切なんやね

255: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 04:14:12.44 ID:L32n8R5EE.net
西洋哲学もいいけどキリスト教のバイアスが心配・・・心配じゃない?

262: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 04:15:46.56 ID:TuMCilbq0.net
>>255
そんなもんより個人個人の生活上の欲求不満とか疲労とか反骨心とかのバイアスかかってるほうが心配・・・?

264: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 04:15:58.99 ID:6BoM8MWR0.net
>>255
それはむしろ文藝の方じゃねえかな
なんjの読書スレでもドストエフスキ読んだとか言う奴よく見るけど
ロシア正教とか東欧史とかギリシャ史理解してる奴何人おるのやら

256: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 04:14:16.89 ID:3yYG/Gzf0.net
哲学ニキ達き哲学学んでて特したこととかある?
人生に活かせた事とか聞きたいンゴ 

265: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 04:16:56.94 ID:OOk+bh090.net
>>256
生きてて得したことがあるかと言われればまず生まれたことが得か損かについて考えないといけない

274: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 04:23:49.98 ID:3yYG/Gzf0.net
>>265宛やった 失礼

273: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 04:23:09.47 ID:3yYG/Gzf0.net
>>256
誤字、脱字ばっかのレスに返信くれてありがたい
そういう所から哲学に発展するんやね 根源的な問いから小さなところまで懐疑して…頭パンクしそうやな哲学って
軽々しく哲学スレ開いたらみんな何言ってるか分からんンゴ

261: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 04:15:13.65 ID:kW4G0nHGp.net
どこでもドアの話とか水槽の脳とかワクワクする

266: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 04:17:42.13 ID:TuMCilbq0.net
なんの不安もなくうまれなんの不安もなく暮らしてるやつは哲学なんかしないってそれ一番言われてるから

271: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 04:21:15.84 ID:nm8iiTSP0.net
哲学は原始数学、もしくは神学系統やろう
宗教の存在感が薄れる中、哲学はもう役目を終えたんや

280: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 04:25:59.75 ID:zrhN44th0.net
ニーチェの神は死んだってどういうことンゴ?

281: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 04:26:19.33 ID:TuMCilbq0.net
>>280
神なんか知るかってことやで

286: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 04:29:39.29 ID:kXB15Ka70.net
面白そう
読んでどんな効果あるん?

294: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 04:33:38.02 ID:OOk+bh090.net
>>286
エンドルフィンが分泌される

292: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 04:33:01.46 ID:kXB15Ka70.net
誰か教えて
興味ある

読んだらどんなメリットがあるんや

297: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 04:34:03.85 ID:6BoM8MWR0.net
>>292
日本史やフランス文学や物理学や数学や生物学と同じくメリットなんてねえよ

300: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 04:34:58.27 ID:kXB15Ka70.net
>>297
はえ~サンガツ
でも考え方とか思想とか身につくんと違うん

302: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 04:35:43.32 ID:6BoM8MWR0.net
>>300
まあ騙されにくくはなるよ

307: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 04:37:27.97 ID:kXB15Ka70.net
>>302
なんで?

311: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 04:38:41.23 ID:6BoM8MWR0.net
>>307
根拠が無いことを信じなくなるから

313: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 04:38:42.56 ID:TuMCilbq0.net
>>307
反省するクセがつくから他の人より自分が騙されずにすんでる事実を反省することが多くなるんや

316: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 04:40:15.76 ID:kXB15Ka70.net
>>313
意味わからん
わいアホやし

305: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 04:36:55.37 ID:YkcR39770.net
>>300
何百年前の人間がこう考えてたけど現代にも通じる根幹的な考え方ってあるよねって程度に学ぶのがええで

309: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 04:37:46.29 ID:kXB15Ka70.net
>>305
ええな
ちょっと齧ってみよっかな

320: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 04:42:17.26 ID:OOk+bh090.net
>>300
確かにそれはある
でも結局いろんな意味での馬力がないと俗的な一般論者の意見しかみんな聞かないし倫理的観点を加味したらそれこそただの無用の長物になるか自己満足になるかカルト行為になるかカルト風味な俗的一般人になるしかない

298: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 04:34:26.26 ID:TuMCilbq0.net
>>292
俺の書いた本について聞いてるんやな?
読んだらまず彼女ができて宝くじはあたり幸せ間違いなしなんや

299: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 04:34:57.72 ID:nm8iiTSP0.net
>>292
哲学が行き着く話は現代数学か、宗教→現代の法の流れや
歴史でしかないんやで

304: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 04:36:46.02 ID:VtVSdq0R0.net
インド哲学ってどんな奴なん?

310: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 04:38:08.40 ID:6BoM8MWR0.net
>>304
ゼロの発見ってのは哲学に革命をもたらしたのでそれからしばらく哲学は発展しなかったぐらい

312: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 04:38:42.16 ID:nm8iiTSP0.net
民主主義と法が完璧すぎてつまらないンゴねぇ
日本平和すぎや

317: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 04:41:16.17 ID:K38ex6Z20.net
なんJで哲学語り合うのって正直無理あらへんか
話が散発的に広がっていくばっかりやろ

319: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 04:42:15.15 ID:TuMCilbq0.net
>>317
なんJなんて所詮馴れ合いの場やし真面目に話す必要ないやろ

321: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 04:42:20.15 ID:K38ex6Z20.net
分析系のひとってどういう経緯でそれに興味持つんかよくわからへんわ

323: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 04:44:34.69 ID:6BoM8MWR0.net
>>321
理学系から入るパターンと
それ以外の哲学ってのはまともじゃないか訓詁学的であるってことに哲学科に進学してから気づくパターンがある
文学部哲学科は8割後者

322: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 04:43:27.31 ID:nm8iiTSP0.net
今唯一残ってる哲学的な分野は経済、金融なんやないかなあ

324: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 04:44:59.09 ID:K38ex6Z20.net
>>322
金融はあれやけど文化人類学は未だに盛況やから
そういう面はあるかもしらんね

328: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 04:47:06.39 ID:K38ex6Z20.net
中世哲学に新星が現れてほしいやねえ
同じひとの著書ばっか見かける気がする

331: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 04:48:24.55 ID:6BoM8MWR0.net
>>328
中世ヨーロッパは結局暗黒だったんだよ
そのかわり仏教とイスラームが発展した

335: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 04:49:49.87 ID:K38ex6Z20.net
>>331
まあイスラームのほうからでもええんやで
中世やったら思想の方面でも交流は盛んやろ

341: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 04:52:36.33 ID:6BoM8MWR0.net
>>335
コンスタンティノープルの学者は頭いいから思想方面を発展させようなんて思わなかったんだろうな
あとはギリシャ正教の方が面白かったか

347: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 04:55:19.46 ID:K38ex6Z20.net
>>341
まあなんだかんだでどっちも註釈文化な気がするやねえ

356: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 04:58:41.09 ID:6BoM8MWR0.net
>>347
ピコデラミランドラとか出てきても誰だよそれ、って感じだしな
結局近代直前まで哲学は停滞してたね

358: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 04:59:27.94 ID:OOk+bh090.net
>>347
役割が奪われまくってるせいやな
だから馬力のあるやつがドンと居座るか何か問題が起こらないと注目すらされない

340: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 04:51:41.86 ID:lKH0yHIt0.net
教育の目標は哲学を学ばせ実践させることやで

348: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 04:56:05.41 ID:BeN+B855p.net
伝統哲学なんて結局レトリックだから
訓詁学に陥ってもしょうがない

350: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 04:56:35.72 ID:Zs4CuSJ60.net
早稲田の政経行きたいんやが哲学ってある程度知らんとヤバい?

355: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 04:58:27.71 ID:lKH0yHIt0.net
>>350
別に
グランゼコール目指すなら必須

357: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 04:58:49.71 ID:Zs4CuSJ60.net
>>355
なんやグランぜコールって

376: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 05:05:12.19 ID:6BoM8MWR0.net
>>357
フランスで一番頭良い学校群
エコールポリテク二ークとかエコールノルマルとか

352: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 04:57:28.88 ID:K38ex6Z20.net
ドイツ観念論周りはこれから一つ波が来そうやな
いわゆるカントと以降の御三家以外に目を当てた出版物がぽつぽつ増えとる気がする

359: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 04:59:31.96 ID:K38ex6Z20.net
別にまあバカロレアの時点で哲学は必須やろ
案外そうでもないん?

363: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 05:00:50.31 ID:6BoM8MWR0.net
>>359
書けば1点貰えるからたいして重要じゃない

364: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 05:01:17.08 ID:zY56j0zF0.net
神様が万能なら万能やなくなれる云々で
殺し合いまでする坊さんてなんなん?

365: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 05:01:42.86 ID:K38ex6Z20.net
哲学入門系の題名は俺の哲学への入門が多いやねえ
別にとりたてて言うほどでもないけど大御所は特にその傾向がある

389: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 05:09:31.15 ID:pI+ZNuEP0.net
>>365
西田幾多郎って人も「俺の哲学への入門」って感じなん?

395: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 05:11:56.03 ID:K38ex6Z20.net
>>389
読んどらんのよ
知らんことに適当は言えんから自分で調べちみちくり

396: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 05:12:01.30 ID:6BoM8MWR0.net
>>389
そうだよ
戸田山和久は例外的にマシかもしれん

367: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 05:02:12.40 ID:USFg9CwK0.net
ラッセルの哲学入門はおもろかったで

368: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 05:02:32.19 ID:BeN+B855p.net
ヤスパースのも面白い

371: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 05:03:15.41 ID:Zs4CuSJ60.net
哲学の話ってどうしても専門用語ばっかになるな

374: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 05:04:41.54 ID:K38ex6Z20.net
>>371
いちいち墨から墨まで語っていくと共通のところが薄くなって
会話が成り立たなくなるかもしれんしなあ
昔の神学者連中みたいに一生賭けて書きまくるのもなんかあれやし

373: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 05:04:28.93 ID:YkcR39770.net
なんJ民が真面目に語ってる気持ち悪い…

377: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 05:05:19.11 ID:M9VAmyLqK.net
>>373
エネマグラ入れながらやぞ

388: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 05:09:17.89 ID:lKH0yHIt0.net
>>373
100億スレに1スレくらい真面目にやきうのこと語ったりもするやろ

380: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 05:06:14.13 ID:pI+ZNuEP0.net
ググったけど野矢って人いまだ存命やないかwすごい人なんやね

381: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 05:06:39.22 ID:K38ex6Z20.net
エコールノルマルは留学でも何でも一応入ってたら将来の栄光がぐっと近くなるやねえ

383: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 05:07:50.04 ID:nm8iiTSP0.net
日本は実学ばっかやな
ITが弱いのもそれなんやろな

384: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 05:08:14.36 ID:FsCk6cqi0.net
no title

393: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 05:11:17.63 ID:lKH0yHIt0.net
三学四科から話す必要はなさそうやね

398: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 05:12:55.46 ID:K38ex6Z20.net
西田は善の研究が投げっぱなしやねえ
その癖に西谷とかは読むからガバガバや

403: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 05:15:41.64 ID:pI+ZNuEP0.net
>>395-396
了解。サンガツ。じゃあ西田と戸田って人の読み比べしたら哲学の印象全然違うんやろな

409: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 05:17:38.01 ID:6BoM8MWR0.net
>>403
そうそう

424: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 05:23:03.31 ID:pI+ZNuEP0.net
>>409
小川って人や竹田って人の自己啓発本みたいな哲学書あるけどやっぱちゃんとした哲学書じゃなさそうやね

426: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 05:24:14.05 ID:6BoM8MWR0.net
>>424
小川は知らんが竹田は左翼でしかもフロイト信仰してるからクズ

431: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 05:25:51.11 ID:pI+ZNuEP0.net
>>426
一気に辛辣すぎてワロタw

407: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 05:17:17.15 ID:K38ex6Z20.net
ハイデガーはほんまに話題の方向性に収集つかなくなるで

414: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 05:19:01.16 ID:K38ex6Z20.net
ワイは流行に疎いんやが
最近のオブジェクト志向とかなんかあったやろ
あれもだいたい英語ちゃうかったっけ?

416: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 05:19:42.99 ID:WpmdEmxs0.net
お前らってほんとに実在すんの?

419: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 05:21:51.21 ID:47XnzALxa.net
>>416
そのレスを書き込んで反応が全く帰ってこないとき
それが郵便的不安
他人の顔を見てしゃべりかけて反応がないとき
それがレヴィナスの存在論的不安

421: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 05:22:10.30 ID:/Ax2A76A0.net
>>416
何者かが文字を書いてることは確かや

422: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 05:22:15.19 ID:q8TwH8Os0.net
デビット・ベネイターについて
反出生主義は非の打ち所が本当にないのか?

437: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 05:28:23.22 ID:nm8iiTSP0.net
>>422
子供をいずれ親にして共犯者にすればええんや
長い目で見れば種が続いてるにすぎん

443: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 05:30:33.99 ID:/Ax2A76A0.net
>>437
人間とは罪な存在だね~

430: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 05:25:41.98 ID:K38ex6Z20.net
現象学関係は分派が激しいやからねえ
竹田を評価するようなのもまあぼちぼちおらんではないやろ
ワイはよく知らんけど

434: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 05:27:47.89 ID:pI+ZNuEP0.net
あとこの前教育テレビで国分ってイケメン先生が哲学語ってたけどあの人は何者なん?

439: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 05:28:47.80 ID:K38ex6Z20.net
>>434
フランス現代思想系の研究者やね
著作とか若いのにそこそこ売れてる

452: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 05:34:59.51 ID:pI+ZNuEP0.net
>>439>>441
イケメンやからフランス思想語れば売れそうだから人気あるんかね
ポストモダンとか脱構築って流行ってたみたいやけどもう化石みたいなもんやと思ってた

441: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 05:29:13.73 ID:6BoM8MWR0.net
>>434
ポストモダン信者だからやめた方がいい
マトモな哲学ってのはつまらんからテレビにはまず出てこない

435: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 05:28:06.97 ID:M9VAmyLqK.net
ワイもフロイトは正直めちゃくちゃやと思うけど
おちんちん大好きなところは憎めへん

438: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 05:28:46.39 ID:PiH1YpmLM.net
しかし科学主義強い、それが科学主義全盛のパラダイムだからなのかそうではないのかは判定できない

446: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 05:31:10.67 ID:6BoM8MWR0.net
>>438
パラダイムの使い方間違ってる
あれはあくまで科学主義の枠内での話だしそもそも言い出したクーン自身がのちに否定してる
あとからフーコーがエピステーメーとか言い出したけどこっちはまんまヘーゲル流の世界精神の現出

454: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 05:36:18.65 ID:PiH1YpmLM.net
>>446
まあ狭義というか厳密にはそうだね。
なんて表現すればいいんだ?そんなものない、って立場?

457: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 05:37:04.52 ID:6BoM8MWR0.net
>>454
科学主義を信じることのできない人間は宗教を信じるしかない

463: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 05:39:05.18 ID:PiH1YpmLM.net
>>457
ふむ……絶望的なトートロジーだな

468: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 05:42:04.23 ID:6BoM8MWR0.net
>>463
公理系信じられない人に学問は無理です、ってだけの話や
バット持ちながらサッカーすんなってだけやで

474: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 05:43:58.78 ID:PiH1YpmLM.net
>>468
後半はめっちゃわかるわ
どう考えてもバットとサッカーボールで戦ってる気しかせーへん
学問か否かについてはノーコメントやな
コメントできるほど学問について考えられてないわ

442: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 05:30:27.11 ID:FDHlJq0bp.net
ポモアンチか
今時珍しいな

449: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 05:32:18.07 ID:6BoM8MWR0.net
>>442
哲学界隈の人間じゃなきゃ分からんけどポモなんていまどき珍しいぞ
浅田彰ですら近代主義に転向したがってるご時世だし

444: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 05:30:37.48 ID:K38ex6Z20.net
まともっていうか大陸系は結構テレビに出たり多いやね
外国だと日本よかもっと多いやろ

450: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 05:33:39.15 ID:K38ex6Z20.net
まあポストモダンはスターがもうおらんやからねえ
以前の輝きを追いかけてる感じが強い

453: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 05:35:36.90 ID:M9VAmyLqK.net
ジジェク(小言)

455: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 05:36:34.25 ID:K38ex6Z20.net
>>453
あの人結局剽窃問題は落ち着いたんやろか

456: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 05:36:40.70 ID:nm8iiTSP0.net
建築のポストモダンもくっそきもい
あんなん美からの逃げ
全てのポストモダンが全部逃げや
過去が偉大すぎて正視できなくなったんやろな

459: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 05:37:35.50 ID:6BoM8MWR0.net
>>456
まさにそれ

458: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 05:37:08.17 ID:FDHlJq0bp.net
自分でぽもと名乗ってるやつなんておらんし
ぽもでひとまとまりとかめちゃくちゃすぎるだろ

464: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 05:39:56.07 ID:6BoM8MWR0.net
>>458
なんやきみもポモやったんか
そうやって蓋然性っていう用語を忘却することで論理展開した気になるのはやめようや
リオタールはじぶんで恥ずかしげもなくポストモダニズム言うアホタレやしな

461: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 05:38:11.30 ID:K38ex6Z20.net
ポストモダンはなんか言葉自体が時代周回遅れしちゃって
一転僭称みたいに使われてる場合が結構あるやからねえ

465: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 05:40:28.95 ID:/Ax2A76A0.net
>>461
モダンジャズやモダンブルースがモダンじゃなくなってるのと一緒やな
安易なネーミングほんとひで

462: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 05:38:26.25 ID:FDHlJq0bp.net
それってイデオロギーじゃないんですかねえ

469: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 05:42:05.87 ID:PiH1YpmLM.net
やっぱ哲学は面白い
死んでも職業には絡ませたくないけども

475: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 05:45:38.81 ID:K38ex6Z20.net
みんな詩とかは読まへんの?

477: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 05:46:40.65 ID:M9VAmyLqK.net
>>475
ワイは日本の戦後詩とか多少読むで

479: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 05:47:52.73 ID:6BoM8MWR0.net
>>475
藤村とか朔太郎とか西脇順三郎や宮沢賢治みたいな有名どこしか読んだことないけど
文章練習のために書いてはいるで
某サイトに投稿しとる

480: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 05:48:49.39 ID:K38ex6Z20.net
>>479
現代詩フォーラムとかそういうの?

481: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 05:49:40.04 ID:6BoM8MWR0.net
>>480
そのサイトは知らんけどなろうの詩版みたいなやつかな

483: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 05:50:56.96 ID:M9VAmyLqK.net
>>480
キミは詩は読むんか?

484: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 05:52:41.35 ID:K38ex6Z20.net
>>483
いやさして読まんで
哲学やっとるひとは文学ならびに詩もかじるひとが多いから聞いてみたんや
しいて言うならVOUにおったのとか結構好きやな

498: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 06:00:19.95 ID:M9VAmyLqK.net
>>484
そうなんか
ワイは小説がほとんど読めへんから詩ぐらいしか読まんのやけど読んでるやつあまりにも周りにおらんのや
深夜にちょっとテンションあがってしまったやで

500: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 06:03:56.16 ID:K38ex6Z20.net
>>498
せやねえ
ワイも孤独なもんやけどそもそも詩の読解そのものが他人と分かち合いづらいってなとこやからなあ
ほんでも同好の士を見つけるのは嬉しいもんやで

478: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 05:47:50.77 ID:hG1HFb1J0.net
頭良い人じゃなかったら絶望的にダサいよな
哲学って

485: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 05:53:05.20 ID:Z2mJqDIV0.net
ウィトゲンシュタインの系譜が分析ってイメージなんやけど
ハイデガーの系譜って何になるんや?

491: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 05:55:37.15 ID:6BoM8MWR0.net
>>485
フッサールとかなり高いレベルで話してたのに結局途中でニーチェとかの世界観哲学に脱落しちゃった人

486: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 05:53:15.98 ID:pI+ZNuEP0.net
論理とレトリックって両立可能なん?

495: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 05:58:14.09 ID:6BoM8MWR0.net
>>486
レトリックはアナロジーの直前までは論理で説明可能
類比したらあとは合意の問題だから
論旨を特に明確にしたい複雑な内容では使うべきでない

492: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 05:55:46.50 ID:K38ex6Z20.net
系譜というかなんというか
新カントに神学の影響ははずせんやろな
ハイデガーは

494: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 05:57:40.13 ID:szXb3Jw00.net
ようわからんが、語り得ぬことには沈黙してたら古代ギリシャからの原子論は発達したのかと思ってまう
無知で申し訳ないが

496: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 05:59:02.96 ID:6BoM8MWR0.net
>>494
それは類推だから別に語り得ることではあるだろ
信じるに値しないだけで

497: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 06:00:10.92 ID:K38ex6Z20.net
フッサールって分析系だと結構重要視されてるん?
たまにそういう組み合わせも聞かんでないけど

499: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 06:02:09.66 ID:6BoM8MWR0.net
>>497
ヘーゲル以降哲学を完全に失効させたという意味ではウィトゲンシュタインと似たような感じ
ただカントまで否定する必要はなかった

501: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 06:06:23.42 ID:K38ex6Z20.net
>>499
カント以降が境い目になっとるんかねえ
怨敵ヘーゲルは現代のどこの哲学も変わらんけど
そもそもドイツ観念論のほうがヘーゲル一強から抜けてきてるってのは不思議な感じやねえ

503: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 06:10:02.47 ID:6BoM8MWR0.net
>>501
カントは時代考えたらふつうに哲学と宗教、理性と信仰を分離したって意味で評価すればいいだけやからな
ニュートンが相対性理論思いつかなかったから悪い、ってのは無理や

502: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 06:09:56.42 ID:pgERu5wN0.net
カント信者のワイが今起きたけど長文多くてビビるわ