1: 名無しさん@おーぷん 2015/09/15(火)07:02:56 ID:p5K
自分の中で整理したいから勝手に自分語りさせてもらう。
トゥルパ
旅行家アレクサンドラ・ダヴィッド=ネール(英語版)の『チベットの神秘家と呪術師』 (Mystiques et magiciens du Tibet, 1929)[註 1] によると、トゥルパは「強力な凝念による魔術的形成物」である。トゥルパは「物質的形体として受け取られた、具現化した思念」であり、「思念形態」(thoughtform;思念体、想念形体とも)と同義とみなされるのが通例である[3]。この意味でのトゥルパは、日本では(慣習的英字表記の tulpa を英語風に読んで)タルパとも呼称される。
PICT00157

引用元:タルパ完成して衝撃的な事実が判明した。

2: 名無しさん@おーぷん 2015/09/15(火)07:03:10 ID:p5K
どこから書こうかな

3: 名無しさん@おーぷん 2015/09/15(火)07:08:01 ID:p5K
昨日、友達と会ってた。
みんなでタルパつくろうって話してて、その中の二人と。
1人は一見DQNに見えるお人好しのバカ。N。
何かメイドのお姉さんのタルパ造った。
1人は自称霊感体質の変わった人。Hさん。
この人はタルパつくってない。
タルパみたいなのいるらしいし、見えるし別にいらないって言ってた。
Hさんと一緒に居て何度かそういう事があったし、今回の件で本物の人なんだと確信した。

4: 名無しさん@おーぷん 2015/09/15(火)07:14:33 ID:p5K
Nに誘われてHさんの家に行った。
ちょっとゆっくり話そうかって、いつもの貼り付いたような笑顔で言われた。
最初は縁側でたわいもない話をしてた。
みんなと会うまで僕は友達もいなくて、一日中ネットばかりやってて、人と関わるのが苦手で、感情も上手く出せなくて、それをずいぶん変わってきたねって、褒められた。
それでもまだ、ちゃんと笑ったところを見てないって、Nに悲しそうな顔をして言われた。
そこで、いつもへらへらしているHさんが珍しく、真剣な顔をした。

7: 名無しさん@おーぷん 2015/09/15(火)07:19:18 ID:p5K
Hさんは、僕に聞いた。

「何か忘れてる事はない?」

「とっても大事な事だよ」

「関わってしまった以上、僕にとっても大事な事なんだ」

「まだ何も思い出さないの?」

何の事かさっぱり分からなかった。
だから僕は何の事ですか、としか言えなかった。

8: 名無しさん@おーぷん 2015/09/15(火)07:21:40 ID:p5K
隣にいた僕のタルパも、僕に言った。

「思い出してくれ」

「もういいだろ?」

って、とても辛そうな顔をして。

本当にみんなして何を言ってるか分からなくて、言葉が出なかった。

9: 名無しさん@おーぷん 2015/09/15(火)07:31:37 ID:p5K
その後も同じ様な事を聞かれて、何度も首を横に振って、何度も首を傾げたと思う。
少ししてから、Nが出掛けようと言った。
Nの車に乗って行ったのは、墓地だった。
何でこんなところに、と思ってた。
みんなについて歩いて、ある墓地の前に着いた。
墓石に刻んである名前を見せられて、記憶にないか、と聞かれた。
その名前を見て、とてつもない違和感を覚えた。
色んな感情が混ざり合ってぐちゃぐちゃになるような。
何度も何度も感じてきた違和感で、その正体はずっと分からないまま。
いつもより酷い違和感で、僕も酷い顔をしてたのかもしれない。
僕のタルパが心配そうな顔をして大丈夫か?と聞いてきて、僕は頷いた。
それから、誰の墓なのか、聞いた。
誰も答えなかった。

10: 名無しさん@おーぷん 2015/09/15(火)07:34:46 ID:p5K
その後、墓地の近くの海に連れて来られた。
久しぶりに来たな、と思って、いつ誰と来たのか思い出せなかった。
僕は何を忘れているのか、凄く不安になってた。
みんなと出会ってからの事は覚えてるはずだし、それ以外の事なんて何もないはず。
ずっと部屋の中にいたし。
そう思っていても、違和感は消えなかった。

11: 名無しさん@おーぷん 2015/09/15(火)07:36:46 ID:p5K
それから今度は、僕の家に来た。
それで、何故か物置に案内しろと言われて、物置に来た。
とりあえず僕は部屋にいてと言われて、部屋に戻った。
少しして、ダンボールを一つずつ抱えて戻って来た。

「見てくれ」

とだけ言われて、僕はそのダンボールを開けた。

12: 名無しさん@おーぷん 2015/09/15(火)07:39:17 ID:p5K
中にはガスガンとか、コーヒーの豆とか、色んな物が入っていた。
もう1つのダンボールの中には、たくさんの写真と手紙が。
写真を見て、驚いた。
僕のタルパと僕が、写真に写ってる。
思わず何これ、と呟いた。

14: 名無しさん@おーぷん 2015/09/15(火)07:45:31 ID:p5K
とりあえず僕のタルパが僕についていた亡くなった友人と融合してたと言うかHさんが融合させてた
こんな事って出来るんだな
そもそも僕が造ったタルパが亡くなった友人とほぼ同じで驚いた。
それで全部忘れてた事を思い出した
そんだけだった

16: 名無しさん@おーぷん 2015/09/16(水)00:04:15 ID:N5S
亡くなった友人を忘れてたって事か?

18: 名無しさん@おーぷん 2015/09/16(水)01:29:22 ID:kNv
>>16
そういう事

19: 名無しさん@おーぷん 2015/09/16(水)03:13:44 ID:W4x
どうしてHさんは友人とタルパ
融合させたの?

20: 名無しさん@おーぷん 2015/09/16(水)03:17:03 ID:kNv
>>19
友人に頼まれたんだって
友人はずっと僕に憑いててみんなを見てて、Hさんならと思って頼み込んだって言ってた
憑くって形は友人も望んでなかったみたいだから

21: 名無しさん@おーぷん 2015/09/16(水)20:11:49 ID:R2v
>>20
なんで友人はそんな事頼んだんや?

22: 名無しさん@おーぷん 2015/09/16(水)20:23:08 ID:kNv
>>21
ずっと僕の側にいたいんだって

24: 名無しさん@おーぷん 2015/09/16(水)21:28:17 ID:5FU
なんで友人の事忘れてたんや

26: 名無しさん@おーぷん 2015/09/16(水)21:47:17 ID:kNv
>>24
ショックでかかったのかなぁ

27: 名無しさん@おーぷん 2015/09/24(木)20:34:10 ID:rJy
思いさっぱり洗い流し行くべき所に行かねばならん。
その言向けが真に友人の為になる事だろう。