© ギズモード・ジャパン 提供

これは人間のいない世界。

ホモ・サピエンスさえ出現しなけば、ご覧のように、今ごろこの地上では大型哺乳類がほぼ全大陸を我が物顔で闊歩していました。

それが今や大型種の多様性が維持されているのはサブサハラだけ。「人間の活動が大型哺乳類を一掃していない地域は、本当に数えるぐらいになってしまった」と、図をまとめたオーフス大学の動物学者Soren Faurbyさんは声明で語っています。そのサブサハラですら絶滅危機に瀕する種は多く、生息域はだいぶ狭まってます。ライオンを娯楽で狩る頭のイカれた歯医者もいますしね…。

残りの地域ではほぼ壊滅状態で、絶滅種の有名どころではバイソン、マイナーどころでは人間よりデカいビーバーなど。欧州のヒグマなど辛うじて絶滅を逃れた種も、人間がいない山に追いやられています。

以下は、人間のいる今の世界。

© ギズモード・ジャパン 提供

いやあ…ヒマラヤの麓のネパールやブータンの山岳地帯の辺りも少し黄色くなってますが、それぐらいですね…。

研究班では人間抜きの世界における熊、象、鹿、ヘラジカ、サイ、虎、狼など大型哺乳類の生息域を(なんかノアの方舟みたいだ)、「人間が農地も都市も開発せず、地球環境に全く影響を与えなかったらどうか」という前提で種ごとに計算しました。

全文を読む


管理員:
人間がいなかったらいなかったで別の生き物が幅を利かせるだけになりそうな気も。
ほんとにこの図の通りになるのかなあ。