1: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/05/24(日) 23:37:58.40 ID:pGGWzN2a0.net
最近、なにか刺激がほしくて怖い話読むのが好きです
2chの怖い話系のまとめはほぼ読みました

ただ作り話とかだと、あんまり刺激がないので実話がいいです
凸とか不思議な体験系の話が好きです

no title

5: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/05/24(日) 23:56:09.85 ID:dsDq57iZ0.net
車で外を見てたらたまたま地蔵さまが並んでて、一つ首があらぬ方向に向いていた

6: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/05/25(月) 00:04:02.37 ID:mJqgq0uJ0.net
私もめちゃくちゃ小さい不思議な体験をしてw

窓も開けてない、風もない夜の部屋で
電源もコンセントも入ってない扇風機の羽が1回転したのを見ましたw

7: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/05/25(月) 00:05:19.52 ID:W4pXv+Yr0.net
>>6
俺は扇風機じゃなくて積んでた辞書が落ちた

18: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/05/25(月) 00:45:09.80 ID:T6ZRNNJV0.net
昔台所から大きな皿が落ちて割れる音がしたことがある、数回
結構大きな音で、ヘッドフォン越しにも聞こえたな

でも見に行っても何も割れてない、親と暮らしてたから、親にいってもその日は皿を割った覚えはなく
しかもその音は親もたびたび聞いてて、毎回確認しても何も割れてなかったらしい

ちなみに台所は鬼門の方角?になってる
偶然だろうけど不思議な体験

ごめん怖くないな

20: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/05/25(月) 01:07:35.73 ID:mgWazXZt0.net
>>18
なにそれこわい

23: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/05/25(月) 02:02:58.76 ID:L62v69AD0.net
怖いかどうかわからないが
俺の体験聞いてくれないか?
小学生の時マンションに住んでたんだが、ロビーの横に郵便物入れる通路みたいなのがあったんだよ
そこにマリつきしてる女の子がいたんだよ
着物着たすっげー可愛い子でさ
で、マリがこっちに飛んできたんだよ
そのマリキャッチして渡そうとしたらその子いなくなってたんだよ
で、マリも無くなってた
確かに掴んだはずなんだけどな
結局なんだったのか未だにわからん
長文ですまんな

26: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/05/25(月) 04:08:09.57 ID:kW0ekPib0.net
>>23
マリってアフリカの?

29: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/05/25(月) 04:22:30.00 ID:8/iSMLcQ0.net
>>26
わろた

30: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/05/25(月) 04:40:16.48 ID:L62v69AD0.net
>>26
違ぇよww
蹴鞠とかのマリだよw

たまーに夢に出てくるけど意味とかあんのかな?
ないか…

31: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/05/25(月) 04:50:54.29 ID:FXJQn5Q50.net
>>30
行きはよいよい帰りは怖い
怖いながらも通りゃんせ通りゃんせ
的な和風の怖さがあるな。

24: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/05/25(月) 02:13:50.73 ID:l7MLVnYk0.net
先月の話。

兄の嫁さんが急に陣痛がきて急いで病院に行ったのね。兄は待合室で落ち着かない様子で嫁さんと産まれてくる赤ちゃんのことを心配していた。
数時間後に担当医の先生がニコニコしながら兄のもとへやってきたの。「赤ちゃんが無事に産まれました、とても元気ですよ。奥さんも顔色がよくて元気です」
兄は急いで嫁さんと赤ちゃんのところへ走っていった。
でも兄がそこで見たのは青白く生気のない顔をした嫁と産まれたてのピクリとも動かない赤ちゃんだった。
そこで後ろから先生に肩をぽんっとたたかれて笑顔で一言「エイプリルフール」

25: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/05/25(月) 02:15:06.91 ID:8/iSMLcQ0.net
>>24
胸糞

27: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/05/25(月) 04:18:03.89 ID:FXJQn5Q50.net
昔、朝起きたら、
σ(-_-;) のベッドの横にスリッパが綺麗に揃えて置いてあったことがある。
玄関には一応来客用のスリッパは置いてあるが家族の誰も普段は室内でスリッパ履かないんで
(((-_-;))) 誰が来たんや?
とちょっとゾ~ッとした。

37: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/05/25(月) 16:22:19.54 ID:7jMsZ92X0.net
今日、体の調子が悪くて会社休んだんだ。

テレビで、なんとなくケーブルテレビのアニメチャンネル見てて、
ちびまる子ちゃんやってたんだけど、ついうとうとと半分眠ってしまった。

遠くでちびまる子ちゃんが、「今日は練習。今度はー」と言った気がしたとたん、
ガタガタと周りが揺れはじめた。

ニュースを見てみたら震度4の地震。

今度って何が来て、いつなんだろう?

38: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/05/25(月) 17:02:18.48 ID:W4pXv+Yr0.net
>>37
今度は巨大地震が起こるんだよ
お前の家の真下で

41: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/05/26(火) 02:27:58.11 ID:IOMcxBub0.net
怖いかどうかは分からないけれど…
昔家族と土筆狩りに行ったんだ。その時に仲良くなった男の子がいた。それで帰るときに、またねって言ったら次は無いよって言われた。
そして次の日起きて親に昨日の土筆はどこにあるかと聞いたらそんなの行ってないと言われた。何回聞いても行ってないと言われた

42: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/05/28(木) 02:44:28.32 ID:KqteI3Aa0.net
そういうじわりと怖い系?の話し良いな。
上でちびまる子とあるけど、まる子でも謎の洋館に行った話があったな。

43: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/05/28(木) 20:15:36.83 ID:BZ6RsGdo0.net
>>42
なんだったらあと二つほどあるよー
でもその二つは記憶曖昧だけれど…

46: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/05/30(土) 15:39:39.90 ID:EYor3nfo0.net
怖い話じゃなくてバカみたいな話なんだけどさ
うちは父方が真言宗(空海とか)で母方は法華宗(日蓮とか)
でも父は三男で母は長女だから、俺の実家には母方の仏壇が置いてあるの

で子供の頃は気にもしてなかったんだけど年とってきたらそういうのもちゃんとしようかと
実家に帰省したときは仏壇に線香あげて手を合わせるくらいのことはしてたんだけど
ある晩夢の中で「お経が違う…」っていう人が出てきた
ずっと母方の仏壇に向かって「南無大師遍照金剛~」って唱えてたのが気に入らなかったみたい

死んだ後でもめんどくさいもんだな

47: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/05/30(土) 23:51:58.26 ID:HsNE9Ijo0.net
「明かり取り」

大学時代、だからずいぶん昔の話。友人談。

京都で遊んでいたら終電車を逃してしまった。
明日は授業がある。ちょっとな、出ないとヤバい。
タクシー?学生なんで金なんかあったら飲んじまうだろう?
最も、家にまでたどり着くほどハナっから金なんか持ってないがね。
帰りの切符、無駄にしてしてもうたわ。

おう、しゃあないからそれこそホームレスの真似事でもするか。
と思いつつ、あてもなくぶらぶら歩いていたら宿があった。うっすらと玄関に明かりがついてる。
金があればなぁ、ごそごそとポケットに手を突っ込むと、なんだなけなしのん、あるやんか。
ガラッとあける訳にはいかない気がして、そろそろっとあけた。
おっ、という感じでフロントの爺さんが顔をあげる。よかった、人がいた。

訳を話してみると、じいさん、うーーんと言ったきりしばらく黙り、とりあえずは2階の上がったところの部屋で
いいなら、となり、交渉成立。
眠気が勝ってきてるし、ちょっと使ってないとか言っているがそこそこきれいだし、まぁまだ冬には間があるんで
布団にくるまればとりあえず寝れるやんか。
明かり取りの窓がちょっとまぶしい気がするが、横になればいいんだよ。うん。

48: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/05/30(土) 23:53:20.94 ID:HsNE9Ijo0.net
何時かわからんが、なんか急に目が覚めた。
明かり取りの窓から、誰か覗いている。
うおぉ、となって飛び上がる。
もう一度見る。明かり取りにの窓には誰もいない。
寝ぼけてるんか、もう一回寝よ。

また誰かに起こされた感じがする。
目を開けると、明かり取りから女の顔が見える。
え?っと思った時、すぅーっと顔が降りてきた。
あのな、ほんまに怖い時は何にも声が出んねんぞ。
真顔で言う奴の顔は未だに覚えている。

気が付いたら明け方、フロントをたたき起こす。
話をしかけるとじいさん、千円札を数枚ひょいとだして、これでお茶でも買うて大阪に帰り、と無表情に言う。
友人は罵詈雑言言いたかったが、気圧されてそのまま京都駅に戻り、
朦朧とした頭(これは普段と変わらんか)で授業に出て、真横で爆睡しやがった。

なお、もうその宿は取り壊されて無い。

50: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/05/31(日) 08:58:32.38 ID:oTJKI/U+0.net
2年前爺さんが死んだ時の葬式で起こった事
坊さんのお経を聞いてたらいきなり胸のあたりを冷たい何かがゾルっと通り抜けていく感覚がした
無茶苦茶に吐きそうになって隣にいる兄にちょっと席外すと言おうとしたら兄がこっちをガン見してた
葬儀が終わってから聞いてみたら「爺さんがお前の体を通り抜けていったぞ」と言われた
態々人の体をすり抜けていくなよ爺さん

昔から誰も居ないはずの二階の部屋から子供の走り回る音がしたり
京都に行ったら急に意識が飛んで見知らぬ祠の前にいたし何か取り憑いてんのかな

52: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/06/02(火) 10:54:30.27 ID:enMWNQhP0.net
「個室トイレ」

10年以上前、大阪なんば方面にある、電気屋さんに行った時の話。

目当てのものを探していると、お腹が張ってきた。
先に目当てのものを見てから、と思って我慢していたが、あかん、さっきの蕎麦食べすぎたか。
トイレ案内表示をたどり、小走りで駆け込む。
幸い、個室は全部空いていた。入り口から2番目のに飛び込む。

急場を凌げた。ふーっと息を吐く。と、前の個室にもお客さんが入った様子。
おお同志よ、食べすぎには注意だな、とくだらないことを考えつつ始末を付け、個室を出る。
洗面所に向かう。あれ?
前の個室のドアが開いている。

おいおい、いくらなんでも急ぎすぎだろ、と様子を伺う。中で倒れてたら大変だからね。
が、人の気配がしない。思い切って中を覗くが誰もいない。
勘違いやろか?と洗面所に向かおうとすると、奥から2番目の個室のドアがぱたんと閉まった。
あっけにとられていると、その奥のドアもゆっくりと閉まった。

手だけは洗おう、いや洗わせて。
手が震えていたのは、水の冷たさでは無いと思う。

53: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/06/05(金) 18:18:46.06 ID:ZlMFOUCO0.net
実体験の方が盛らないから怖くないのに

小学低学年の頃、帰宅途中に小さな墓地から素っ裸にレインコートという変態さんが飛び出してきた
ぎょっとして硬直してたら、いつのまにかいなくなっていた
ここら辺は記憶はあやふや

家に帰ると母親が驚いた顔で「あんた!さっき帰ってきたでしょ?」
どうやら数分前に「ただいま~」と挨拶して二階の自分の部屋に入ったらしい
意識だけ先に戻るとはよっぽど驚いたんだな、私
似たような話聞いた事もあるし、これは女子あるあるかもしれない

54: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/06/05(金) 20:00:04.62 ID:bBJ89LxR0.net
>>53
あれやっぱりトラウマになるんや。

レイプされたら記憶が飛ぶなんて被害者本人に聞くまで信じてなかった。

58: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/06/07(日) 15:33:21.21 ID:1DiJUPJx0.net
怖いと言うより、せいぜいビビった・焦ったレベルだが、数年前某怪談系サイトを見ていた。
掲示板は「あなたの体験談があったら教えて下さい」なんても書かれてて、真偽はともかくで色々と書かれていた。
その中に「さっきこのページを見ていたら急にPCがフリーズしました!/落ちました!」なんてのがいくつか書かれてた。
この手のサイトでは良くある書き込みで、「んな急にフリーズとかねーだろwww」なんて思って見ていたのだが、
ある日、その掲示板を見ていたら突然とPCの電源が落ちて再起動した。
この時はマジでびびったw

59: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/06/07(日) 16:41:56.01 ID:c5DHnMId0.net
中学生の時の話。

当時吹奏楽部に入ってて、楽器パートごとに教室別れて練習するんだけど
その日私のパートは音楽室2での練習だった。(音楽室が1と2の2つあった)

音楽室2は本校舎の向かいにあって、技術室や美術室なんかの集合した普通の教室がほとんどない校舎だから、殆ど人がいない。
他の楽器パートたちは普通の教室で練習してるからね。

私のパートは全員で当時3人居たんだけど男手が必要ってことで2人連れて行かれ、私一人で先に練習しとくことに。

普段なら部屋に入ってまず窓開けたりするんだけど、1人だったしめんどくさかったから窓閉めっぱなしでメトロノーム(カチカチなるやつ)つけて練習してた。

ここからなんだけど、音楽室に限らず「準備室」みたいなのあるじゃない?
音楽室だと大型楽器とか譜面とか保管してるんだけど。
なんでかわかんないんだけど、気になってふとその準備室のドアを見たの。
そしたらその準備室のドアがね、なんの音もなくスーーッ…って開いたの。
恐ろしくて声が出なかった。
その光景を見た瞬間足の指先から頭に向かって凄まじい鳥肌が立って、体温がなくなるのがわかった。

我に帰った瞬間慌てて物をバタバタ集めて音楽室2から飛び出してた。
もちろんだけど窓は開いてない。
風なんかない。
前々から嫌な空気の部屋だと思ってたけど、10年ちかく経った今でも忘れられない。

61: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/06/07(日) 21:05:52.81 ID:i7D9+Wdt0.net
一番最初からROMって来ました。
なんか…こんなのでいいか分かりませんが。
一週間前の話です。
一人で家(マンション)に居ると、突然壁からドンドンと音がしました。そっち側の部屋に住んでいた人達は結構前に引越していて、誰も居なかったんです。もう一方の部屋から聞こえたのかとも思ったのですが、少し前に出掛けていたんです。
その話をしたら友達から私はホイホイらしく霊を引きつけたのでは無いかと言われました。

……いやぁ、あの時はゾッとしました。

64: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/06/08(月) 00:00:59.43 ID:8fdnitKZ0.net
15年ほど前、俺がまだ駆け出しの交番巡査だったころの話をするぞ。
長いだけで、たいしたオチはない。ツいてこれる人だけツいてきてくれ。

・・・冬の夜の11時ころ、変死の通報があって
田園地帯にある大きな農家に臨場した。

変死っていっても、
おかしな亡くなりかたをしているわけじゃなかった。

じいちゃん、息子夫婦、その子供たち、
という3世代同居の古き良き時代の家族構成。

夕食後、じいちゃんが先に風呂に入り、
他の家族は居間に集まってテレビを見ていた。 (続)

65: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/06/08(月) 00:05:00.72 ID:8fdnitKZ0.net
(続)
午後10時を過ぎて、
そろそろ子供たちを風呂に入れて寝かしつけなきゃって思った奥さんが、
ふと、じいちゃんが風呂から出てきた様子がないことに気が付いた。

その時にはもう・・・じいちゃんは、裸で脱衣所で亡くなっていたんだ。

風呂に入る前に、衣類を脱いだところで倒れたようだ。
俺は警察医による検死の立会いをしていないので、あくまでも推測だけど、
血圧の急変動による脳溢血あたりが死因だろう。 (続)

66: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/06/08(月) 00:09:05.68 ID:8fdnitKZ0.net
(続)
いまどきの普通の家なら、
こういう時にはまず119番するのだろうけど、
祖父母が自宅で亡くなることなど特別なことでもなんでもない
古き良き時代の農家なので、

息子夫婦は、じいちゃんに浴衣を着せ、仏間に運んで布団に横たえ、
線香を焚いてから、本署の電話番号を調べて通報した。

昼間なら駐在所の管轄になるド田舎で、
いまだに「駐在さんを起こすのは悪いから」と
翌日に事件を通報してくるような人もいるくらいな所なので、
この家族の行動が不審なわけではない。

覆面パトカーで本署から出動した刑事3人と、
交番からバイクで出発した俺は、ほぼ同時に現場に到着。
家族から事情聴取した結果が、前記のとおりだ。 (続)

67: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/06/08(月) 00:15:01.11 ID:8fdnitKZ0.net
(続)
変死の処理は刑事課の仕事なので、さっさと交番に戻る気だったのだけど、
刑事から「この家の間取りを描いてくれよ」と画板を渡されてしまった。

仕方がないので、複数の和室が廻り廊下で囲まれている
いわゆる古民家のような邸内をうろうろしながら、
各部屋の間取りを描いていたのだが、

俺は、どうしても、その部屋にだけは、入る気になれなかった。
・・・脱衣所である。

そこに遺体はないし、
死後3時間ほどで、腐乱していたわけではないのでニオイもない。

そんなことは分かっているにもかかわらず、
脱衣所のドアを開けようとすると、
どーんと頭が重くなり、吐き気までしてきて、

稲川淳二のセリフじゃないけど「ヤダなヤダなヤダなヤダな」って
感じなのである。 (続)

68: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/06/08(月) 00:20:19.62 ID:8fdnitKZ0.net
(続)
変死の現場には何度も臨場していて、
緑色に膨れ上がってウジ虫の養殖場になっているヤツや
木にぶら下がって首が3倍くらいに伸びているヤツ、
電車の下で肉屋のバックヤードみたいになってるヤツなんかを見ても、
たいして気分を害することもなかった俺が、この有様。

おっかしいな~。なにビビってるんだ、俺は?

この家の風呂場がユニットバスじゃないのは分かり切っているし、
脱衣所と風呂場を直に見なければ間取図は完成せず、
第一、じいちゃんが亡くなった一番大事な部屋の見分なのだから、
見ないで済ますわけにはいかない。

俺は、意を決して、ドアを開けた。 (続)

69: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/06/08(月) 00:27:31.18 ID:8fdnitKZ0.net
(続)
誰もいなかった・・・。
あたりまえである。

ただ、気分は、猛烈に悪い。

部屋の大きさや洗濯機の位置などをぱぱっと脳ミソに叩き込んで、
ものの数秒で脱衣所を出た。

刑事のひとりが居間で息子さんと話をしていたので、
その刑事に出来上がった間取図を手渡す。
ただし、「仏間は覗いていません」と注釈をつけて。

これは俺が、仏間にあるじいちゃんの遺体を見たくなかったからではなく、
子供たちが突然の来客(ひとりは制服警官だ)にハシャいでしまって
俺の後ろをピストル~ピストル~とか言いながら追って来たりするので、
検死中の仏間の襖を開けることができなかったのだ。 (続)

70: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/06/08(月) 00:30:33.04 ID:8fdnitKZ0.net
(続)
検死は、ご遺体を裸にして、あちこちに定規をあてたり、
まぶたをひっくりかえしたり、口に薬物試験紙を突っ込んだり、
肛門に温度計をぶっ刺したりするわけで、
とてもじゃないが、ご家族や子供に見せることはできない光景だ。

その仏間には検死中の刑事がいるので、
仏間の押入れや家具類の配置は俺が描き込まなくてもいいだろう、と
判断したわけだ。

刑事と話すうちに、俺の体調も元に戻ってきた。

で、結局、俺は
じいちゃんのご遺体とは一度もご対面することなく、
駆けつけた警察医と入れ違いにこの現場をあとにし、交番に戻ったのだった。

・・・さて、前フリが長くなりすぎたが、問題はここから。

翌朝、勤務は無事に終わり・・・

俺は、当時付き合っていた5歳年上の、
バツ1コブ付きのオンナの所へと向かった。 (続)

71: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/06/08(月) 00:36:37.77 ID:8fdnitKZ0.net
(続)
このオンナ、
自称、霊感の強いヒト。

写真を撮ればオーブ飛びまくりだし、
息子(保育園児)の片手が消えている心霊写真も
撮ってしまったらしい。(俺には見せてくれなかったが)

よくテレビに出ていたG保I子に心酔していて、何度か会いに行っており、
「あなたには霊感がある」と太鼓判を押されたと喜んでいた。
白装束で滝に打たれる修行もしたことがあるという。

俺にはまったく興味のない世界なので、
無駄金使うオンナだなっ 結婚はちょっと無理っ
とか思いながらも、

見た目が俺のタイプ(いまの芸能人でいうと尾野真千子っぽいかな)
だったので、惰性で付き合っていた。

そんなオンナのアパートのドアを開けた途端、である・・・

いつもは笑顔で「おかえり~」と言ってくれる彼女が、
「あ~ら、おじいちゃん連れてきたの~?」と言う。 (続)

72: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/06/08(月) 00:42:13.57 ID:8fdnitKZ0.net
(続)
へ?
と、意味が飲み込めず棒立ちになる俺。

「ちょっと外に立ってなさい」と命令され、
キッチンから食塩をビニール袋ごと持ち出した彼女に、

「家族の所にお帰りなさい。あなたが来る所じゃないのよ」
などと言われながら
結びの一番かってくらい塩を投げつけられたのだった。

そこではじめて、あっ!て、その意味を悟った俺なんだけど。

しばらくして、「消えたな~」とか言いながら食塩を棚にしまい、
「よくはたいてから入ってね。おかえり~」と部屋に入れてくれた彼女。

「浴衣着てて、頭ハゲてて、やさしそうなおじいちゃんだったよ。
そんな人、仕事中に扱った?」 (続)

73: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/06/08(月) 00:47:39.96 ID:8fdnitKZ0.net
(続)
一般のご家庭でおじいちゃんが病気で倒れて亡くなった、という
事件でも何でもない出来事で、マスコミに報道されてなんかいないし、
現場からオンナのアパートまでは車で1時間以上かかる。
もちろん、親戚でも何でもない。

ただ、俺はご遺体を見ていないので、
彼女が説明したじいちゃんの容姿が一致しているのかどうかは分からない。

「俺君はやさしいからね。
まだ死んだことが理解できてなかったおじいちゃんが
とまどいながらツいて来ちゃったんだよ」と、彼女。

それって、褒められてるのかな・・・? (完)

79: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/06/09(火) 02:48:13.14 ID:LNiVnM1z0.net
巡査が変死体処理に立ち会わされるのか? 監察医務院制のない地域かな?
都内では刑事課に出入りして仕事を貰っている葬儀屋が変死体処理に呼び出された。24時間体制で。

80: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/06/09(火) 18:43:24.75 ID:+2A87RFY0.net
>>79
監察医制度はないよ。
絶対に病死で間違いない状況で、新しい(腐ってない)ご遺体なら
その場で刑事と地元の医者が検死して終わり。
若い制服巡査に(勉強のため)検死そのものの手伝いをさせることもある。
婆ちゃんの股間のヒダの奥を「レ●プされてないかよく視ろ」って言われたり。
若い女なら自分でやるくせにー。
もっとも、性犯罪の可能性を考えれば、刑事が自分で視るのが当然だが。

刑事がご遺体の状況を口述して、それを速記のようにノートに書き留める
ってのをやらせてもらうと、すっげー検死の勉強になる。
(スレ違いの話でゴメン)

87: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/06/10(水) 12:31:16.44 ID:8CD+T59H0.net
怖いというか不思議な話

学生時代、夏休みに友人と地元のプールで泳いでいたら
頭に白いはちまきした爺様の首が水面を移動していた
いや、首から下が水中で見えないだけで見事な立ち泳ぎか歩いているのだろう
とにかく50メートルプール(水深が120~160と徐々に深くなっている)を結構な速さで何度も往復
すげえなあ、と思ったが、どうもおかしい
今、人をすり抜けた気がする?
と思った瞬間立ちくらみが起きて、壁にもたれかかった
息をついて再びプールを見渡しても爺様はいなかった

お盆ではあったけど、どっちだろう?ただの健脚爺様??
そのプール、塩素無しでコケ生えまくりだけど水も綺麗で冷たくて昔ながらの良いプールだったのに
次の年に閉鎖して今もう無いんだよなあ

92: うー@\(^o^)/ 2015/06/10(水) 17:48:28.84 ID:bzfCdST/0.net
こんにちは
私が小さいときに体験したはなし。
ある日、私は3つしたの妹に絵本を読んでいました。
その時、姉(7歳)私(6歳)妹(3歳)弟(妹と双子の3歳)もう一人妹(5ヶ月)(あと10歳離れた兄と
8歳離れた姉がいましたが友達と遊んでいていなかった)で留守番してました。
まあ、前置きはこのくらいにして、(長くなってごめんなさい)そん時、いきなり
妹2人、弟が突然何の前触れも無く同時に泣き出したんです。
もう、私と姉はビビって子供心に(あ ヤバイ)と思 って狂ったようにフライパンを
武器にして震えてました。
姉は「お、お兄ちゃんとお姉ちゃん つ、連れて来るう!!」
と、飛び出して行きました。
もう、パニック状態。
とりあえず、弟に「どうしたの??」ときくと
「あっち!!あっちに!!」と階段を指しました。
私はぽかんとして、弟にあ、あっちに??ときくと
血い!というとすぐあれ?といいました
あれ?ないといいました。
しばらくガクブルしてると、姉2人と姉の友達が飛び込んできました。
まあ、そのあと妹は両足を事故で骨折したり、私はまだ完治してないんですが
左人差し指、右足を骨折し、5ヶ月の妹はベッドからおち、下半身不随になりました
もう、勘弁してほしい!妹(当時5ヶ月)が車椅子に乗ってるのをもう見たくない・・・
ここまで読んでくださりありがとうございました

94: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/06/10(水) 18:26:53.25 ID:9CpeVQ5I0.net
実際に幽霊に会ったわけじゃないんだけど、自分が以前に住んでた2階建ての家が気味悪すぎた。

2階から足音がするのはもはや当たり前の出来事。2階の部屋の空気が冷たすぎるのも慣れた。
トイレに赤い血痕が付いているのもスルーできた。帰ったら玄関のドアが開いているのも
廊下にヌルヌルした謎の液体が流れているのも気にしない。家にいたらチャイム一つで
ビビったりテレビを付けないと落ち着かないのは俺が臆病なだけ。
仕事の関係で引っ越したけどもう二度と住みたくないね。

95: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/06/10(水) 20:18:39.11 ID:uoBUslsh0.net
俺も「幼児には見える」って話を。

3~4歳のころ、夜、和室にひとりで寝かされることがよくあった。
(俺に弟か妹をつくってやろうというオトナの事情かもしれんが)

でも俺は、寂しくなんかなかった。

部屋の明かりを消すと、
天井の隅に、きれいなお姉さんの首が現れるから。

彼女には、ちゃんと名前があって、
俺と仲良くお話していた気がするのだけれど、どうにも記憶が淡い。

峰不二子のような勝気な美人だった気がするのだが、
これは、あと付けの記憶かもしれん。

ただ、親戚のオバサンが泊まりに来て、俺とその部屋で寝た時、
天井の彼女のことを話したら、
オバサンはバネ仕掛けのように飛び起きて、
親が寝ている部屋に逃げて行ったことだけは鮮明に覚えている。

今書いていて、ふと思った。

もしかしたら、彼女が俺の、初恋のヒト・・・なのか?

96: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/@\(^o^)/ 2015/06/15(月) 22:15:20.68 ID:ySYY2ByR0.net
「サービスエリア」

俺が高校生の時の話。
俺はその日、母と二人で父の実家へと向かうために高速道路を走っていた。
途中俺はトイレに行きたくなり、一番近かったサービスエリアに停めてもらった。
停まってもらってから俺は用を足すためにトイレへ。母は運転席で伸びをしていた。
用を足して車に戻り、助手席側のドアを開こうとしたが何故か開かなかった。
「?」
と、ガチャガチャしていると母がそれに気づいて鍵を開け、そのまま中に入る。
「なんで鍵閉めたの?」
すると、母は困った顔をして俺に鍵を渡してきた。また?となり、
どういうことと聞こうとしたその瞬間。
ガチャ
勝手に鍵が閉まった。はい?と思いながらスイッチを押して開けるが、
ガチャ
と、数秒してまた閉まる。
「あんたがトイレに行ってからなんかおかしいのよ。多分あれもなんだろうけど」
母は渡した鍵を差してから、サイドミラーを指さす。見るとそこには水たまりができていた。
「ここに来るまでずっと晴れてたのに、水たまりなんておかしいでしょ。
 しかもどんどん大きくなっているみたいだし、形が・・・」
なんといえばいいのか、水がどんどん広がっていって、その形が猫のような
狐のようなそんな形になっていくのが分かる。耳までしっかりとわかるほど
くっきりしていた。

97: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/@\(^o^)/ 2015/06/15(月) 22:16:31.05 ID:ySYY2ByR0.net
続き
「出ようか。なんか気味悪いし・・・」
「せやな」
母の一言に頷いて、母がエンジンをかけようとたその時、
ブウウウウウゥゥ!!
防犯用のクラクションが鳴りだした。防犯用のクラクションは車の鍵が
掛かったままドアを開くとなりだす仕組みで、鍵を開けるまで鳴り続ける
というもので、一回経験のあった俺はすぐに鍵を開いてそれを止めた。
「なんなのよ!!」
「まずは出てからにしよう」
母もその言葉に顔が引きつっていたが頷いて恐る恐るエンジンをかける。
今度はクラクションは鳴らず、そのままサービスエリアを出る。
「ひい!!」
サービスエリアを出てすぐ母がバックミラーを見て硬直した。そこには
白い着物を着た髪の長い女が立っていた。
それ以来、車に似たような現象が起こることは一切なく、あの時実は、
心霊体験という非日常体験に興奮した俺は、何度か立ち寄ろう。と
持ちかけるがすごい形相で断られる。
今もそのサービスエリアは普通に稼働しています。

拙いうえに長くなってすみません。

103: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/06/16(火) 07:42:26.36 ID:w2jcuVDv0.net
amazonのマーケットプレイスで買い物して
特になんとも思わないけど適当にレビューに3(最高5が高評価)つけたら
しばらくしたら自宅に電話かかってきて
「amazonでは3は低評価だからレビューを消してくれ」っていわれた
こわかったから「はい」とだけ答えて消した

147: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/07/02(木) 01:35:47.28 ID:vqmiY4Zf0.net
>>103
これマジ?
こわ

106: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/06/18(木) 17:09:39.50 ID:5+OqClmk0.net
猫で怖いと言えば、

風呂上がりにバスタオル一丁で髪梳かしてたら
足下にいた猫がいきなり駆け上ってきた
「んぎゃ?!」
はらりと落ちるバスタオル、猫は慎ましやかな膨らみに前足を引っかけ宙ぶらり
揺れる髪に触ろうと身体を伸ばす
「…っぐ、痛、いたタタッッッ…!!」

これに勝る実体験は無いと思う

猫でほのぼのしたのは
16歳で逝った猫が初盆で帰ってきたこと
生前使っていた餌皿が地震でも無いのにその一枚だけカタカタ揺れた

108: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/06/21(日) 10:10:21.33 ID:on1jTNKC0.net
私の家なんかやばいんですけど……書いていいですか?

109: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/06/21(日) 10:27:16.03 ID:cBipdFko0.net
どぞ

110: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/06/21(日) 10:38:00.80 ID:on1jTNKC0.net
書き込みありがとうございます
じゃあ文才ないですが少しだけ……。

私の家は新築の二階建てなんですが、寝室が問題なんです。
二階建てですから上に何もないはずなのに、深夜あたりガタガタと音がするんです。それがずっと続いて、眠れません。
だんだん変な音も聞こえてきて、精神的に気持ち悪くなるみたいな感じです。
伝わりにくくてすいません……。

その寝室の真下のリビングには、天井が所々凹んでいるんです。最初から。
私は引っ越してきたんですが、それまで悪夢を見ることは一切なく、普通に寝ていました。
が、この寝室になってから(布団などは全て同じです)、変な悪夢ばかり見るようになりました。
何かあるのでしょうか?
読みづらくて大変すいません……。
決して創作ではありません、本当です。

111: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/06/21(日) 10:46:30.00 ID:gO/7zJZk0.net
>>110
>天井が所々凹んでいるんです

新築なのに?デザイン的にそうなってるの?
欠陥として凹んでるなら工務店なりに苦情入れるべきでは?

116: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/06/21(日) 13:30:44.50 ID:P8sslTA30.net
>>110
多分、天井裏にイタチかなんかが住みついている。
前にテレビで天井裏の怪音を調べたらハクビシンが住みついていた家をやっていた。
駆除する専門の業者もあるらしい。

122: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/06/22(月) 18:19:53.63 ID:B2Zj59Lq0.net
>>116
イタチですか……。
新築でもそんなことあるんですかね。もしそうだったらちょっと嫌なので見てもらうか何かします。

112: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/06/21(日) 10:56:28.56 ID:on1jTNKC0.net
わかりません
デザインでそれはあり得ないと思います
そういう詳しいことはよくわからないので明日あたり連絡してみます

113: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/06/21(日) 11:09:19.00 ID:gO/7zJZk0.net
>>112
出来ればまず証拠として音を録音する、天井の写真を撮るなどして音がして眠れない旨を正直に工務店に相談するべきだね
それで原因不明なら初めてオカルトだ

オカルトとして考察するなら、その家は以前住人が居た建売なの?居たなら何かあったかも知れない
土地は以前何に使われていたのか、地鎮祭などちゃんとしてるのか等調べてみるべき
工務店や不動産屋、若しくはご近所さんが何か知ってるかも知れない

114: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/06/21(日) 11:19:34.36 ID:on1jTNKC0.net
土地は以前駐車場だったらしいです。
近所の人達はほとんど外出してませんというかあまり見たことがないです。
声なども一切聞こえてきませんし、車を使ってるのも見たことないです。
不動産屋もすごく曖昧で、頼りになりません。
地鎮祭はやってないと思います。天井の所は撮れたら出します。
スレありがとうございます。

118: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/06/21(日) 20:59:56.01 ID:bSTqCqS70.net
もう10年以上も前の話なんだけど実話です

10代の頃バンドやってたんだけどいつも欠かさず二人組で見に来てくれる女の子たちが居た。
出待ちとかもしてくれてて、「今度全国回るんだよね?全部いけるようにバイト頑張るよ!」とか言ってくれてたのに
ツアー初日のライブも二日目のライブも一人の子しかいなかった。

だから、ライブの後に一人でライブに来てくれていた(Aちゃんとします)に「Bちゃんはどうしたの?」って聞いたら
最近連絡が取れないって言うんで、「俺も心配してるから、連絡ちょうだいって送ってみて」って言ったらそのままの文章をメールで送ってくれた。
数分後メールが返ってきて本文には「大丈夫。ちょっと忙しいだけだから心配しないで(文字化け)」と書かれてあった。

そのメールを見た途端Aちゃんがガタガタ震えて泣き出して、「おかしいよ!J-PHONEからDOCOMOに絵文字送ったら文字化けするのをBちゃんが知らないはずない!
誰?この人!」と言って錯乱状態になったので、警察に通報し事情を話した。

数日後Bちゃんの遺体が海でコンクリートをくくりつけられた状態で発見された。
間もなく犯人も逮捕されたが、警察の話ではAちゃんにメールを送ってたのは殺人犯だった。

119: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/06/21(日) 21:23:37.63 ID:3VPSXVkZ0.net
jフォンなんて単語、何年ぶりに見ただろうか

129: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/06/30(火) 15:23:44.21 ID:XSs958Hc0.net
高校の時の話。

まだガラケー主力の頃、ハイビジョンムービーが撮れると銘打った携帯電話を購入したので、何か動画を撮ってみたくなった。
しかし何処かに遊びに行くとかいう積極性は無かったので、部屋の中を撮影する事にした。
ベッドに座ってぐるりと周りを撮っていく。壁、窓、机、と映していき、カメラがドアを映したあたりで、画面越しに俯き加減の髪の長い女が部屋の入り口に立っているのが見えた。
当時実家に住んでいた姉が、ビビらせに来たと思い画面から顔を上げると、女はそこにいなかった。
姉の部屋へ行き、ベッドの上で寝転がっている姉を問い詰めたが、寝起きらしく機嫌が悪く、結局、あの女が誰だったのかは分からなかった。

という話を、数年後居間で心霊番組を見ながら母に話したところ、「それはお父さんが単身赴任してるころ?」と言われ、まさしくそうだと頷いた。
「その人、お母さんも見たよ」と母が言った。母が寝室で微睡んでいた時、ちょうど私が見たように、部屋の入り口に髪の長い女が俯いて立っていたという。
母も姉が部屋にやって来たと思い名前を呼んだが、女は微動だにしなかったため、「あー、これは見ちゃダメなやつだ」と思いそのまま寝たとのこと。
そのあと、あの女は見ていない。

余談だけれど、その話をした後に母が「時期的にもねえ、アレは完全にお父さんの不倫相手が、私たち家族を呪ってるんだなって思ったよね」と呟いたのが一番怖かった。

唯一の心霊体験?でした。

130: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/06/30(火) 18:28:11.03 ID:sNNYL0k2O.net
>>129
親は離婚した?

144: 129@\(^o^)/ 2015/07/01(水) 01:27:20.00 ID:E3iFcI1q0.net
>>130
亀レスですが離婚していませんよ。
母は事なかれ主義なので、疑わしくても追求しないんです。

138: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/06/30(火) 20:51:31.60 ID:q9IUJfHsO.net
ペラペラの鉄のトタンって知ってる?よく以前は簡易建物に使われてたりしたんだが?あれにまつわる話なら

高校の時、部の大会で地元を離れた時の事、大型の台風が地元に直撃か~、と思いながら過ごしてた。
携帯が無い時代だから、夜8時位に宿泊先から電話をかけようと。すぐ取ると思いきやコールがなり続ける

「あ、もしもし。母さん?俺だけど・・・」
「○○!あん×△△の××△△か××××!」
大人の大声やドタドタ走る音、風の音がする。尋常じゃない雰囲気だ。微かに

「またあとで!」

って言われた感じで、電話で切られた。こっちは何?何?と、軽くパニック状態に。電話順番待ちしてる部仲間も次々自分の家に電話するが、いたって普通。
俺んちの向かい斜め家に住んでるAが自分の家にかける

A「本当に?まじで!・・・うん!・・・わかった!○○に伝える!」

と、やりとり

139: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/06/30(火) 21:14:26.02 ID:r3zEg+fn0.net
続きはよ

140: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/06/30(火) 21:17:27.82 ID:q9IUJfHsO.net
Aが電話をおく。

「俺らん近く何かあったんか?」

A「ねーねーが出たんだが、お前の家にトタンが飛んで直撃したらしい」

A「自分の両親、近所の人皆でお前んちに行ったと」

近隣の住人で作業してると聞いた。顧問が来てくれて事情を話したら、

「心配するな。落ち着き、ゆっくり休みなさい」

と。顧問は学校関係者やら担任に連絡取って徹夜で色々やってくれた。後々に2階建ての家の2階、俺の部屋、弟の部屋に直撃した、1階は無事って判明した。

犯人は俺ん家の後ろにある川の向かいにある畑にあったトタン。あそこに数十枚積まれてたのが6枚近く飛んできたと。

被害は2つの部屋を完全に破壊ですんだ。家族が1階に集まってテレビみてたから人的被害はなかった。

141: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/06/30(火) 21:27:24.69 ID:q9IUJfHsO.net
今では笑い話で、未だに家族間で話題になるが、当時は肝を冷やした。
トタンがベッドに突き刺さってたり、部屋のものが全て使えなくなるやら、近所に色々助けられた。当時思春期真っ盛りで

「○○ってほとんど部屋から出ないで2階に居たから、あの日居たらどうなってたやらwww」

とか、未だに言われる。わかったのはあの様なのが飛んで来たら、防音2重窓など、耐久もなく一瞬で粉砕されるって事を知った。俺らの地元地域では、台風で、放置物対策は強化された。

以上、昔の思い出。

最初の電話から1時間位してから、顧問から家族に怪我人は無しって聞いた時は泣きそうになり、腰が抜けそうになったのもいい思い出かなぁ

142: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/06/30(火) 21:45:12.08 ID:r3zEg+fn0.net
霊的なものも怖いけどやっぱ実害激しい事の方が怖いよ

157: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/07/13(月) 14:16:35.72 ID:DIWZTdf70.net
大学3年の夏、俺は日本一周の旅をした
その時の体験で怖い?話しを1つ

旅の中で有難いのって人の好意で、
その時も東北の港町で「今日の漁手伝ったら夕飯食わせちゃる」と漁師のオッちゃんの言葉に俺は甘えることにした

しばらく船を走らせるとブイが見えてきた
オッちゃんは「エンジンの調子が悪いから見てくるわ、ブイだけ引き上げとけ」と言って奥に消えてった
俺「ヘーイ」
と言われた通りにブイを手繰り寄せようとしたら、急にトプンッと沈んだ

アレ、沈んだ?波に飲まれたのか?今日風ないぞ…
と海面を見てると、またポコンと目の前に丸い物が浮かんだ
大きさ的にブイなんだが…

しかしその球体はまたすぐにスっと沈んだ
早く浮かんでこいよ、、、少し苛立ってきた
俺は落ち着くために背伸びして「ふぅっと」息をして気を取り直した
そして海面を見ると目線の軌道上で何か見えた

158: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/07/13(月) 14:17:11.59 ID:DIWZTdf70.net
海面から顔の上半分だけ出して女がこっちを見てる
心臓と耳と鼻が連動してバクバク拍動する
少し濡れた黒く長い髪を真ん中で分けて鋭い目つきでこちらを見ている

俺との距離約1m
俺「でたーーーー!!」

159: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/07/13(月) 14:17:55.91 ID:DIWZTdf70.net
こちらを睨みつけてはいるが結構美人だ
俺「でたーーーー!!」
すっ飛んで来るオッちゃん「どうした?!何が出た?!」
俺「myはhにおona女おな女んでゃすきやゆゆゆゆうれyゆう幽rei幽霊」
オッちゃん「は?幽霊?……居ねーぞ?」
海を見ると居ない……

オッちゃん「何かと見間違えたんだろ、それとも人魚でも見たか?土左衛門なら引き上げとけ、大漁になるって言うからな」
オッちゃん「いい加減な仕事だとメシ抜きだぞ」

160: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/07/13(月) 14:49:16.89 ID:DIWZTdf70.net
俺は強引に再開した
一体なんなんだアレ、頭がオカシな人?信じたくないけど幽霊?俺取り付かれたの?
俺は目を逸らして体を完全に元の位置に戻すと海を見ないように手探りでブイを寄せる事にした
ここはガン無視でやり過ごすしかない

すると手先になにか気配?を感じて手元から海に目線を移すと女が居た
やはり顔を半分だけ出して睨んでいる
「キターーーーーーーー!」
本当にそう叫んでしまった

オッちゃん「今度はなんだ!?」
俺「出ででdeた!deた!出た!また出た!幽霊!」
オッちゃん「幽霊がなんだ!俺は幽霊より台風や大荒れ、不漁続きの方が恐いんだよ!黙ってやれ!!次は海に突き落とすぞ!」

幽霊も怖かったけどオッちゃんも怖かった、早く帰りたかった
意地だ、これが終わったら帰えれるんだ!
念仏を唱えなんとか落ち着き深呼吸し息を整え海を見た

女がいた

161: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/07/13(月) 15:17:47.79 ID:DIWZTdf70.net
もう叫ぶ気力もなかった、つか泣いた
俺「ふぇぇ・・・・もうやめてよ・・・グスっ・・・うぅ」
女は全く反応がない
俺「なんか用?グスッ、この世に未練あるの?グスッ、俺何も出来ないよ・・・」
俺はクーラーボックス(私物)の取り出し小口からコーラを取り出した
俺「飲む?」
相変わらず睨みつけているだけの女の顔の前(船のヘリね)に恐る恐る コーラを置いた
俺「ポテチも食べる?」
ポテチの袋の開いた方を差し向けて同じようにコーラの横に置いた
俺「なんで出てくるの?お願いだから帰って・・・帰って下さい、グスッ」
俺が泣きながら懇願すると女はすーっと下がって見えなくなった

162: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/07/13(月) 15:23:25.16 ID:DIWZTdf70.net
俺はしばらく固まっていたがおそるおそる海を覗き込んだ
丸い物が浮かんでビクッとしたが、それは仕掛けのブイだった

その後、漁は大漁だった
取りに取れた
オッちゃん「船が沈んじまうなぁ!本当に人魚にでも見惚られたか?」オッちゃんは上機嫌に笑っていた

夜になってオッちゃんに幽霊の話しをした
隣で聞いてたじい様に「そりゃ人魚だ、珍しいねぇ。機嫌を損ねると海に引きずりこまれるよ」と言われた
オッちゃんは今でも漁に出る前に船にコーラとポテチを供えてるらしい
そうすると魚がよく取れると言っていた


東北で見惚られて以来、北海道、沖縄でも見たから本当に見惚られたか?

166: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/07/18(土) 02:53:48.98 ID:cCw6ZcEC0.net
>>162
漁師にならなかったのは正解だな

163: 本当にあった怖い名無し 2015/07/17(金) 03:00:53.53 ID:C0z0qCQE/
美女人魚をカウチポテトの泥沼に引きずり込んだお前のほうが怖い

164: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/07/17(金) 18:09:12.36 ID:TMyT2Lg30.net
モテモテだなw

167: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/07/18(土) 13:19:20.33 ID:hK0bzUA00.net
怖いというか、不可解な実体験でも良いですか?
もし読んでくださる方がいれば、メモ帳にまとめて夜また来ます。

170: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/07/18(土) 21:55:21.42 ID:hK0bzUA00.net
昼間の者です。
文章下手で読みづらいかもしれませんが、区切って投下していきますのでよろしくお願いします。

171: 1/13@\(^o^)/ 2015/07/18(土) 21:55:54.08 ID:hK0bzUA00.net
私は30代の女です。
一見男性のような名前でよく読み間違えられますが、20歳になるまでは普通の女性名でした。
前の名前は母と姉と共通の文字が入っていました。
20歳になる少し前に母が突然名前を変えろと言い出し、20歳の誕生日は今の名前で迎えました。
名前を変更するには、同じ市町村に同姓同名者がいるとか、何年も前から別の名前を使っているといった条件が必要のはずですが、以前の名前はありがちな名前でしたので、母が同姓同名者を見つけてきて、それを理由に裁判所に申し立てました。
本来、名前が変わるなんて重大な事なのでしょうが、私自身いつからか自分の名前に違和感を感じていたので、何の抵抗もありませんでした。
その件と関連があるかもしれない過去の出来事を思い出しまして、書かせていただく次第です。
思い出しながらなので無駄な描写が多いかもしれませんが、ご容赦ください。

172: 2/13@\(^o^)/ 2015/07/18(土) 21:57:26.63 ID:hK0bzUA00.net
母は東海地方のとある山間部出身です。
何年も前に亡くなっていますが、父が母の帰郷を極端に嫌がっていたため、母の生前から母方の親戚とはあまり関わりがありません。
母には兄Aと2人の姉B、Cがいました(私の叔父叔母です)。
兄Aが本家を継ぎましたが、その奥さんが金銭にだらしがなく人間として問題のある人で、母と BCは本家と距離を置いていました。
ですので、母の言う「実家に帰る」は山間部の本家ではなく、本家と同じ市内の住宅街にあるCの家に行く事を意味していました。
Cの家に行けばBも母に会いに来るという感じで、私も姉も幼い頃に何度かCの家に遊びに連れて行ってもらった事があります。
こういった前提があり、私も母方の本家には行った事がないと思っていました。

今年の5月、仕事で母の実家のある市に出掛ける事があり、仕事も早く済んだので、藤の花を眺めながら山間部をドライブしていました。
するとなぜか急に懐かしい気持ちになり、あてもなくハンドルを切っている内に、昔1度だけ本家に行った事を鮮明に思い出したのです(このドライブでは本家には辿り着けませんでした)。

173: 3/13@\(^o^)/ 2015/07/18(土) 21:58:30.51 ID:hK0bzUA00.net
私が小学校低学年、夏休み終盤の頃の事です。
両親は普段から口論の末に父が暴力を振るう事が多く、その日はいつもより激しい口論をして、母が私と姉を連れて飛び出しました。
私はCの家に行くのだと思ってましたが、その時は全く知らない家に連れて行かれました。
そこは母方の本家でした。田舎の大変広い家だったので、昔ながらの公開所か何かと記憶違いしていたのだと思います。
事前に連絡を受けていたのかB、Cも来ていました。
Aの奥さんは見なかったように思いますが、よく覚えていません。

174: 4/13@\(^o^)/ 2015/07/18(土) 21:59:35.14 ID:hK0bzUA00.net
前述のように、母は父の反対で兄姉と会う機会が滅多になく、会うといつもお酒を飲んでは愚痴を延々と言っていまして、私と姉はその間2人で遊んでいました。
その時は遅めのお昼ご飯を軽くいただいて、姉と持ってきたトランプで遊んでいました。
甘い味付けの炊き込みご飯と、とき卵と麩の吸い物だったのを覚えてます。
Aの奥さんは全く家事をしないので、荒れに荒れたキッチンをB、Cが片付けながら調理し、母が配膳を手伝っていました。生家ですから、勝手知ったる感じでした。
トランプにも飽きて退屈し始めると、Bが裏山に連れて行ってあげようと提案してくれました。
私も姉も喜んだのですが、道が危ないので一人づつしか連れていけないと言われ、先に姉がBに連れられて出掛けて行きました。
ほどなくしてBと姉が帰ってきて、姉は特に山に関心が湧かなかったようで、持参していた漫画を読み始めました。

175: 5/13@\(^o^)/ 2015/07/18(土) 22:00:26.58 ID:hK0bzUA00.net
次に私がBに連れ出されて山へ行きました。
別に道は危険でも何でもなく誰かの往来があるようで、田んぼの畦道のような、獣道のようなものがありました。
子供が歩くにも問題なく、「知ってたら姉と2人で来れたなぁ」と思ったほどです。
夏休みも終盤で、ツクツクボウシとヒグラシが鳴いていたのをよく覚えています。
獣道を歩いて行くと、小さな祠がありました。
本当に小さな祠で、不釣り合いな一升瓶のお酒が供えてありました。
急にBが「タケノコを取ってきてあげるから、ここで待っていなさい」と言い、どこかに行ってしまいました。
当時の私はタケノコがいつ取れるのかなんて知りませんでしたから、何の疑問も感じませんでした。

176: 6/13@\(^o^)/ 2015/07/18(土) 22:02:44.99 ID:hK0bzUA00.net
Bが離れてしばらくすると、今まで鳴いていたツクツクボウシもヒグラシも一気に鳴き止み、ひんやりとした空気に包まれました。
私は小さなお山なのに「山の天気は変わりやすいってこういう事かなぁ」などと、頓珍漢な事を考えていました。
その祠のある場所は何だかとても居心地がよく、祠に寄り添う感じで座って、ひんやりと湿った林の空気を嗅ぎながらBが戻るのを待ちました。
しばらくするとBが「道具を持ってこなかったから掘れなかった」と言いながら戻ってきて、本家に戻ることになりました。
私はもっとそこにいたかったのですが、晩ご飯の買い出しに行くからと言われてBと一緒に戻りました。

177: 7/13@\(^o^)/ 2015/07/18(土) 22:04:05.93 ID:hK0bzUA00.net
本家に戻ってから、BCと母と姉と私の5人で車で30分くらいのところにあるスーパーに買い出しに行って、そこでアイスのピノを買ってもらって、姉と半分こしました。
待ちきれなくて、ピノを先にレジ打ちしてもらったのを覚えています。
晩御飯は唐揚げとか、畑で作った枝豆や落花生を茹でたのとか、煮物とか、テーブルに大皿で目一杯並んで、田舎の家庭料理という感じでした。
晩御飯の後はお風呂をいただいて、私と姉は蚊帳を張ってもらって寝ました。

夜中、ふと起きてしまった私は、無性にあの祠の所に行きたくて仕方がありませんでした。
道は覚えてるし、すぐに戻れば見つからないと思って、虫刺され対策に鏡台のところに置いてあったキンカンを勝手に拝借して本家を抜け出したんです。
そっと玄関のドアを閉めてから、祠まで一目散に走りました。今思えば、真っ暗な中を懐中電灯も持たずどうやってたどり着いたのか。

178: 8/13@\(^o^)/ 2015/07/18(土) 22:05:29.62 ID:hK0bzUA00.net
当時私は家族の事や学校でのイジメで爪噛み癖や抜毛癖があって、子供ながらに何かと悩んでいたのですが、その祠は私の悩みを全部理解してくれる気がしました。
何だかとても温かくて、心地良くて。ずっとそこにいたいと思いました。
どれくらいの時間そこにいたか知らないけど、気づいたら朝で、本家で寝てました。
夢だったのかと思ったけど、キンカンは鏡台のところからなくなっていました。
蚊帳から出て起きていくと大人たちが慌ただしくしていて、Cが私にお風呂に入るように言いました。
私は抜け出したのがばれて怒られるのかなと思ったけど、怒ってる口調ではなく。
言われるままお風呂に入りました。いつの間にか足の裏も真っ黒だったし。

184: 9/13@\(^o^)/ 2015/07/19(日) 07:33:29.12 ID:1qSXJeVw0.net
すみません、連投規制でした。続きです。

お風呂から上がると、Cが服を着せてくれました。
巫女さんが着るような服で、髪にかんざしや何かの葉っぱをつけられて、「今日は大切なお祭りだから」と言われたと思います。
額に麻呂眉を描いて、口紅を差されました。
姉は普段通りの格好だったので、私は七五三的なイベントなんだと思っていました。
その日は朝食はなく、昼間からテーブルにたくさん料理が並べられて、BCの旦那さんや他の母方の親戚、知らない人達も集まって、宴会のような物が催されました。
田舎風のちらし寿司やお吸い物、お刺身、煮物、それこそ田舎のおばあちゃん宅にお盆に帰省したときに出てくるようなご馳走が並んでいましたが、前日と違って私だけ皆から離れた別の席に座らせられました。

185: 10/13@\(^o^)/ 2015/07/19(日) 07:35:08.69 ID:1qSXJeVw0.net
私だけ丹塗りのお膳や高杯で、お料理も違いました。焼魚、生野菜、果物、お餅、昆布?とか…もう素材そのまんまって感じのシンプルな物ばかりで。ちらし寿司食べたいなぁなんて思っていました。
宴会が始まって間もなく、盃でお酒を飲むように言われました。
飲んだら子供なので眠くなってしまって、うつろな状態で大人たちが私の頭に触りに来るのを見ていました。
いつの間にか寝てしまい、目が覚めた時には家の中もすっかり片付いてて、皆志村けんのだいじょぶだだったか、8時だよ全員集合だったかを見ていました。
それで私だけお昼に食べれなかったちらし寿司を残しておいてくれたのを食べて、前の日蚊帳を張ってもらった部屋とは違う所で、一人で寝るように言われたのでそうしました。

186: 11/13@\(^o^)/ 2015/07/19(日) 07:36:47.99 ID:1qSXJeVw0.net
次の日父のいる家に帰る事になり、それ以降は母方の親戚との付き合いは特に何もなくて、本家に行く事もありませんでした。
中学生くらいの頃に、ふと祠の事を思い出して母に聞いた事もありますが、そんな物はないの一点張りでした。
姉に本家での出来事を聞いてみても、「あの日は夕食にご馳走をふるまってくれるから車で買い出しに行って、その途中で神社のお祭りがあって、あんただけ参加したんだよ」と言われました。
私は子供だったので時間や距離の感覚は曖昧としても、本家であの衣装を着せられて、妙な食事会をした事は確かだと思っています。

187: 12/13@\(^o^)/ 2015/07/19(日) 07:41:30.45 ID:1qSXJeVw0.net
私が19歳になった頃、母方の本家を継いでいたAが亡くなり、母も本家とは一切縁を切りました。
それから母が私に名前を変えろと言い、私も自分の名前に違和感があったので、今の一見男性のような名前になりました。
読み方は女性名なので、呼ばれてもごく自然に感じますし、むしろ以前からこの名前であったように感じます。

父は今でも私を前の名前で呼びますが、母は私が20歳になってからは、前の名前で呼ぶ事は一切ありませんでした。

その後母が亡くなり、立て続けにBCの旦那さんも亡くなり、葬儀で母方の親戚と度々会いましたが、皆だ「大きくなったね」と言いながら私の頭や手を触っていきました。
今思えば成人した大人に対して、また葬儀が続いて数ヶ月置きに会っていたのに不自然な振る舞いのように思います。

188: 13/13@\(^o^)/ 2015/07/19(日) 07:46:26.68 ID:1qSXJeVw0.net
その後は法事などの付き合いは父がすると言い出し、私は母方の親戚から遠ざけられ、一切交流がなくなりました。
土地の相続の事で親族の印鑑と戸籍抄本が必要という事で向こうから連絡があったりしたようですが、それも父が全て対応していて、今では父も母方の親戚とは一切交流していません。
母は亡くなってしまいましたし、姉は本家での出来事を全く違うように記憶していますし、父は私を前の名前で呼び、母の話を一切しません。
私の戸籍上の名前だけが変わったまま、きっとこの事はなかった事にされていくのでしょう。

以上が私の体験です。
長い上になんのオチもないですが、読んでくださった方、ありがとうございます。

189: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/07/19(日) 14:59:12.48 ID:SaFEJbuT0.net
奇妙ではあるが、子供の頃の記憶は曖昧だったりするよね
夢で見た事と現実がごちゃまぜだったり

205: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/07/23(木) 22:16:55.07 ID:rqIUGk2p0.net
私は30年以上生きてきて喪女…しかもいわゆる「やらみそ」なんだが…w orz

30過ぎてからおかしなものが見えるようになってしまった
具体的に言うと交通事故現場で死んだと思われる霊とか近所の家の若くして亡くなった奥さんとか
死亡事故現場を通ると道端に座ったりぼーっとたたずんでる人がいて
自分にとっては本当に生きてる人間に見えるんだけど
周りの友人や家族は何も見えないっていう…
以前死亡事故事故のあった道路沿いの廃ファミレスの屋根の上で頭がつぶれて腕がもげた子供が踊り狂ってたときは腰を抜かしそうになった
(そこは地元ではわりと有名な心霊スポットらしい)

へんなものが見える=自分の頭がおかしくなったのかと思って脳神経科や精神科にも行ってみたが、異常なし
一応リスなんとかとかいう幻覚が見えなくなる?って言う薬をもらったけど毎回ゲロゲロしてしまう上に全然効き目がない(結構長く飲んだがw)
今はもう飲んで無いが、現在進行形でへんなものが見え続けている

ちょっとした困ったことというか気になるのは、上にもちょっと書いた近所の若くして亡くなった奥さん
病院の検査着?みたいなの着て真っ白な顔で奥さんの住んでた家の周りをずっとウロウロしている
私はこの奥さんとはほぼ面識がないんだが、葬式にも出たうちの母に見た目の特徴を話すと全て一致している
そこの家の娘さん、ちと素行がよろしくなくて真夜中ずっと騒音出して騒いでたりするから、心配して出てきてるんだろうか
最近この奥さんの顔がどんどん険しくなってきている…そこの家の車の下からギロッと睨まれたときはまた腰を抜かしそうに(ry

30過ぎる前は全然そういうのなかったんだけどねえ
彼氏は何度か出来たことがあるが、いつも寸前で相手が突然ノロでゲロ汁ブシャーして倒れたり、交通事故を起こしたりで病院送りになり
間が悪すぎて一線を超えたことがない…そしてなんやかんやで消滅し、現在に至る…w
これもまたオカルトなのかなと最近は諦めるようになった

206: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/07/24(金) 04:14:06.77 ID:v9Il+J+f0.net
>>205
「やらみそ」という言葉をはじめて知った、さらに+10の男だけど、今の職場でたま~に不思議な事がある。
多いのは謎の音だけど、気のせいとか、そういうことにしているw
実害無いし、それで恐怖体験云々というレベルでも無いし。
職場では霊感のある人扱いされてる。(無いんだってば!)

210: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/07/27(月) 02:19:50.91 ID:6DSIfpRsO.net
>>205リスパーダールでしょ
精神疾患の方々がよく服用しますよ。介護の現場ではよく服用されるお薬

214: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/07/27(月) 09:35:07.82 ID:TwkrS8tI0.net
ごめん、自己レスになってたわ…掘られてどうすんだよ俺…
>>205さんの間違いです

215: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/07/27(月) 09:56:19.10 ID:KLoCalwk0.net
>>205が何に憑かれているのかは知らんが、三十過ぎて処女童貞だと妄想が膨らんで
真の天才になる人がちらほらいるのは事実だよな。
一番有名な例が、永井豪。イヤハヤ南友を描いている頃とか、彼の天才性が失われる
事を恐れて、「永井豪の童貞を守る会」ってのが作られたぐらいだし(実話w)

207: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/07/24(金) 06:32:28.44 ID:902pfsKE0.net
何人か付き合った人がいるなら喪女とは言わないと思う…(ガチ喪女並感の感想)

処女性が強いと霊感も強くなるとは言うけど
そのうち私も何か見えるようになるのかな…(絶望)

219: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/07/28(火) 10:51:42.48 ID:I8/c3KCM0.net
たまたま見つけてこういう書き込みに全く慣れてないからあれなんだがタイムリーと思って最近あったこと書かせてもらいたい
前のバイトを辞めてからついこないだまで派遣系をやっていたんだが 派遣系はイベントなんかがないと仕事先の紹介もないほど不規則だから収入が安定しなくて、固定バイトを探すことにしたんだ

ただ面接が不得意なのと固定で雇われるには会社との条件とが合わなくて連続で落ちまくった。今までは2つ3つくらいで採用されたり運が良かったから結構ショックで、自分はなんてダメ人間なんだとか見る目がないとかバイト面接一つですごいとこまで気分が落ち込んでた。
履歴書も証明写真も残りわずかになって、もっかい写真を撮りにいく金さえ惜しいくらいギリギリのところだった

220: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/07/28(火) 10:58:54.27 ID:I8/c3KCM0.net
次のバイトの面接が決まって、でもどうせまたダメなんだろーなーと思いながらそのバイト先へ面接に行く道で、小さい神社を見つけた。

かなり小さくて、でも森とかの近くでもない 寂れた商店街の脇道にぽつっとある神社で 一応鳥居とかお賽銭箱もあるけど住職さんとかがいるかどうかはあやしい。
で、神社の名前は出さないが どっかで見たことあんな…と思ってたら、自分が小さい時によく商店街でお祭りがあったんだけど それで神輿に祀られてた神様と同じ名前だって気づいた

221: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/07/28(火) 11:06:40.32 ID:I8/c3KCM0.net
今はもうその商店街の祭りはすっかり廃れて無くなって これがそのときの神様の神社だっていうのは何十年その町で生きてきて初知りだった。

ふと そのときこの神様にお参りしたら、仕事が決まるんじゃないかという気がした。
実際その神様がどんなご利益があるのか知らなかったし正しい参拝方法なんかも分からなかったがここまできたら神頼みしかないと
ご縁的な意味で5円のお賽銭を箱に入れてボロボロの鈴がついた縄をガラガラ鳴らして手を合わせた。

礼もして、鳥居の下は何となく踏まないようにして神社から出て行った。

そんでそのときのバイトが採用された。

222: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/07/28(火) 11:32:20.03 ID:I8/c3KCM0.net
そっからバイト先へ向かうたびにその神社が目に入るから、時々なんとなく手合わせたり気まぐれにお賽銭入れたりするようになった。
神社イコール狐みたいなイメージがあったから油揚げとかいなりさんとかおいた方が礼になるのかもと思ったが書いたように住職さんがいるのか分からなかったから、腐ったら余計失礼かとそんなことしかしなかった。

そしたらこの間、バイトがかなり遅くなってから帰ってるときに神社の前を通ったらなにかを感じた。
よく分からないんだが、もわっとした生温かい空気とか空間とかそんな感じで、でも立ち止まって神社を見てみても見た目には変化なし。
このごろ夜でも暑いから吹いた風のせいかな と思った。ただなんとなく怖いより薄気味悪い感じで、情けないんだがそっから友達に電話をかけながらその日は家に帰った。
今更だけどながくてすまん

225: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/07/28(火) 11:45:51.14 ID:I8/c3KCM0.net
でつい先日、以来あんまり夜は前を通らないようにしてた神社に気が向いたときにやってたお賽銭を入れて手を合わせてたら鳥居の外からおばあさんが話しかけてきて この神社にはよく来てるのか的なことを言われて つい最近知ってからはまぁそこそこ…と返したんだけど

226: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/07/28(火) 12:03:56.40 ID:2gVkXRGf0.net
そしたら あなたはきっと神様にすかれやすいのだと思うんだけど、同じくらいご先祖様にも守られているからこの神社の神様とご先祖様がやきもちを妬いてるわよって言ってきた。
一瞬そんなわけあるかと思ったんだけど、くしくもこの間熱風みたいなもやもやを感じたのは昔お祭りがあった7月3周目の休日だったから もしかして神社の神様が祠から出やすい日だったのかとかそんなこじつけを思いついた。
おばあさんが鳥居から中に入ってきてくれないもんだから、戸惑ったんだけど
実はこの神社には恩があるってのを簡潔に話したら 「そういうことだったの」と言われて
ならね、あなた。と前置きの後に 覚えておきなさい神様はお賽銭の対価に人の願いを叶えるほど暇でも善でもない。目標を努力して有言実行させようとする人には加護をつけてくれるのよ云々というような内容を言われた。

一応いろいろ話してくれたおばあさんにお礼した後に神社から出て、 バイト着を賽銭箱の横に置いたままだったことに気づいて振り返ったらおばあさんがいなくなってた。どんだけ足速いんだよというつっこみはそのとき思いつかなかった。

怖いのかわからないけどこれで終わり。

227: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/07/28(火) 13:47:45.91 ID:obgNz6tT0.net
うん、よかった
なんか現実的で神社のよさを思えた