1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/08/06(木) 16:36:14.819 ID:cSQaePTQp.net
わが闘争半分とクビツェクの本と秘密図書館読んで次テーブルトーク読もうと思うんだが怖くてこれ以上ヒトラー関係の本読む気がしないんだが

ちなみにテーブルトーク→ヒトラーの遺言→ヒトラーとの対話→永遠なるヒトラー→わが闘争→わが闘争3巻→帰ってきたヒトラーという感じで読んでいく予定

26: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/08/06(木) 16:43:45.829 ID:MXSbh0Bi0.net
オカルトの部分についてkwsk
オカルトに傾倒していたのはヒムラーのほうじゃないの?ヒトラーはそういうヒムラーの一面を軽蔑してたそうだが?

29: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/08/06(木) 16:47:52.373 ID:cSQaePTQp.net
>>26ヒトラーは霊的なものを信じてたぞ
そういう著作を好んで読んでいたし

例を挙げるならノストラダムスの予言

ノストラダムスの予言では1939年に世界大戦が起こるってことだったらしい
ヒトラーもその本を持ってた
だけど今その本を見ると、ヒトラーはその本の序盤しか読んでおらず、1939年のくだりは読んだ形跡がない(ヒトラーが1939年のくだりを知っていたかは不明)
ヒトラーが怖いとは違うかもしれんがヒトラーは霊魂やらを信じてたらしい
詳しくはヒトラーの秘密図書館を読んでくれ

27: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/08/06(木) 16:45:16.353 ID:Hia+5ZmE0.net
ヒトラーとの対話なんて絶版でどこにも売ってないんとちゃうか?

俺はいま永遠のヒトラー読んでる

31: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/08/06(木) 16:49:01.020 ID:cSQaePTQp.net
>>27永遠なるヒトラーが一番怖いわ

まゆつば物ってことを自分に言い聞かせてるくらい怖い

どうよ実際?

36: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/08/06(木) 16:50:52.322 ID:Hia+5ZmE0.net
>>31
日本人をこれ以上のさばらせてはならん みたいなことも書いてあったで

他の人種は皆殺しにするとも書いてた アーリア史上主義が基本で
日本人は同盟だから仲良くみたいな甘い発想は完全にない
まじで殺しにかかってる

32: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/08/06(木) 16:49:04.050 ID:CwiGITCr0.net
本だけじゃなくて
書店でうってるDVDでもいいから

まず映像でヒトラーを見なさい。話はそれから

33: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/08/06(木) 16:49:53.397 ID:cSQaePTQp.net
>>32うーん例えばどんな映像よ

てか公式の場でのヒトラーより内的なヒトラーが知りたいんだが

34: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/08/06(木) 16:50:23.498 ID:cSQaePTQp.net
だれか永遠なるヒトラー読破した奴おらんのか

39: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/08/06(木) 16:51:49.226 ID:Hia+5ZmE0.net
永遠なるヒトラーにも ヒトラーが霊媒体質であることが書かれてたぞ
占星術やオカルトのことも書かれてた

46: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/08/06(木) 16:54:38.963 ID:51oGhRmpK.net
黒髪でチビでチョビヒゲのおっさん
アーリア人種から一番遠いやんけ

49: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/08/06(木) 16:55:47.293 ID:cSQaePTQp.net
>>46いうほどチビでもないぞ
チビってのはヒトラーを小物に見せるためのアメリカやらのプロパガンダって聞いたことある

でもアーリア人基準だとチビか

48: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/08/06(木) 16:55:28.504 ID:UVr41ttg0.net
その程度で感化されるなど、自分のない奴だ

52: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/08/06(木) 16:56:44.298 ID:cSQaePTQp.net
>>48感化っていうのか?実際俺は本読んでヒトラーが大した人物じゃないなと思ったが

それよりオカルティックな部分が怖い

62: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/08/06(木) 17:04:24.046 ID:UVr41ttg0.net
>>52
大した事のない妄想なら何も怖くなくね?

67: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/08/06(木) 17:09:13.372 ID:cSQaePTQp.net
>>62それがあながち妄想とも言えないんじゃないかという怖さ

ヒトラーが怖いというかオカルトが怖い
俺はそんなものあり得ないという考え方なだけに

ノストラダムスの話に戻るけど、1939年の予言が世界大戦を指しているなら予言は的中した訳だ
ヒトラーがそれを知っていたら、彼のことだしそれに合わせてあえて1939年に戦争を起こしたということも考えられる
でももう一つ、1999年の予言あるだろ?
実はNASAの話では、1998年に太陽のフレア?だかがいきなり破裂して、地球上の生物が滅亡する危機があったそうなんよ
なんとかそれは免れたそうだが
でも、ノストラダムスは1999年を「空から大魔王が降ってきて世界滅亡」って言ってる訳だ
それでこれ以上オカルトにのめり込むのが怖くなってきた
ヒトラーのことはどうせなら知れるだけ知りたいし、それで悩んでる

97: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/08/06(木) 17:23:03.990 ID:UVr41ttg0.net
>>67
それはお前が無知なだけだ
ノストラダムスの予言集から、事前にそれらの事件を導き出した者はほとんどいない
事後、大量の文章の中から事件の一部と合致する記述を抜き出す事くらいはいくらでもできる
酷い例では事後に解釈の改竄まで行なわれているわけだしな
そもそも巨大な太陽フレアは数百年に一度もの頻度で発生している事であって何ら珍しい事ではない

お前、絶対に新興宗教やってる奴には近付くなよ

101: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/08/06(木) 17:24:57.477 ID:cSQaePTQp.net
>>97すまんノストラダムスがまゆつば物ってことをもっと書いてくれ

完全にそう確信したい

てかフレアってそんなに出るのか人類しょっちゅう危機やん

104: キュア坊主 ◆Ocure013Nwik 2015/08/06(木) 17:27:44.530 ID:nHq7k4KPM.net
>>101
ノストラダムスは単なる売れない詩人
ありそうなシチュエーションを西尾維新ばりの多筆っぷりで書きとばしたため、「時期はともかく、これが合致する!」ってのが100にひとつくらいはあった
なお、大本のお筆先のほうがよっぽど的中している模様

109: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/08/06(木) 17:30:07.571 ID:cSQaePTQp.net
>>104そうなのか...なんか元気が出てきた

自分の人生は自分の力でコントロールしたいからな
抵抗しようがない見えない何かによって決められてるとか生きる希望失いかけるわ

てか大本のお筆先ってなに?無知ですまん

119: キュア坊主 ◆Ocure013Nwik 2015/08/06(木) 17:37:04.617 ID:nHq7k4KPM.net
>>109
大本は戦前~戦中の日本の巨大カルト
多数の知識人が影響を受けたことで知られる

123: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/08/06(木) 17:39:55.927 ID:cSQaePTQp.net
>>119大本ってのは大本営の略では無いよな

いやほんと無知ですまん

128: キュア坊主 ◆Ocure013Nwik 2015/08/06(木) 17:41:37.602 ID:nHq7k4KPM.net
>>123
教派神道系の教団ですぜ

ヒトラーにしても大本にしても、水木しげるが漫画でまとめてるからそれ読めば理解早いんじゃね?

130: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/08/06(木) 17:42:16.398 ID:cSQaePTQp.net
>>128水木しげるのヒトラーは読んだ

大本も見てみるわ

138: キュア坊主 ◆Ocure013Nwik 2015/08/06(木) 17:47:23.196 ID:nHq7k4KPM.net
>>130
大本については『神秘家列伝』に記述がある
あれは読んでおいて損ないぞい

139: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/08/06(木) 17:47:51.320 ID:cSQaePTQp.net
>>138かたじけねぇかたじけねぇ

129: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/08/06(木) 17:42:16.072 ID:9+BC7PgFK.net
>>119
キュアさん厚み凄えな こちとら無学だから任せたわ

138: キュア坊主 ◆Ocure013Nwik 2015/08/06(木) 17:47:23.196 ID:nHq7k4KPM.net
>>129
俺オカルト弱いから行かないで

117: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/08/06(木) 17:35:45.364 ID:UVr41ttg0.net
>>101
知られている限り過去一番デカかった太陽嵐は1859年だ
https://ja.wikipedia.org/wiki/1859%E5%B9%B4%E3%AE%E5%A4%AA%E9%BD%E5%B5%90

そして2000年前後に起こるはずだった太陽嵐は起こらなかった
その分のエネルギーは2012年に解放されたが、公転1週間分の距離のところを掠めたために被害ゼロ
その2012年の時の規模が1859年と同程度……まあ社会が電子化されてる現代なら被害は1859年の比じゃなかったろうけどまあ滅亡はしないだろ

……くらいの話は適当にggるだけで出てくるわ

120: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/08/06(木) 17:38:18.365 ID:cSQaePTQp.net
>>117そうだったのか...

怖いなぁ

てかそのNASAの動画ではそのフレアで地球上の大気が吹き飛ばされることで人類滅亡の危機とか(すまん人類滅亡とまで言っていたかは忘れた)いってたから電子機器というよりむしろ人体に直接危害が加わるって聞いたわ

125: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/08/06(木) 17:40:06.732 ID:UVr41ttg0.net
>>120
「飛行機に乗ると宇宙放射線浴びるので長時間の滞空は体に悪いです」程度の話だわ
宇宙ステーションだと結構ヤバいけど

127: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/08/06(木) 17:41:28.801 ID:cSQaePTQp.net
>>125そうなん?

酸素が吹き飛ばされて地球上の生物が全て窒息するって聞いたんやが

147: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/08/06(木) 17:55:22.116 ID:UVr41ttg0.net
>>127
ここ10億年そんな話ねーわ

149: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/08/06(木) 17:55:47.566 ID:cSQaePTQp.net
>>147ありがてえええええええ

君科学者かなにか?

150: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/08/06(木) 17:58:44.083 ID:UVr41ttg0.net
>>149
いや常識で考えてそんな事起こってたら俺らいねーだろwwwww

151: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/08/06(木) 17:59:30.919 ID:cSQaePTQp.net
>>150違う違う1998年のフレアはそれを起こす恐れがあったってこと

回避されたけども

156: キュア坊主 ◆Ocure013Nwik 2015/08/06(木) 18:03:17.712 ID:nHq7k4KPM.net
>>151
金星と水星が蒸発するレベルだな、ソレ

159: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/08/06(木) 18:10:13.514 ID:gn1W7Ttr0.net
>>151
これこそまさにオカルト

161: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/08/06(木) 18:14:34.024 ID:UVr41ttg0.net
>>151
地球の大気を吹き飛ばすほどの太陽嵐が発生するのなら、それに伴う大きな前兆も発生しているはず
そしてそれほど巨大な前兆であれば、必ず事前に発見されて社会を混乱に陥れている

もちろん、前兆なしでそれが起こる可能性も皆無じゃない
が、前兆もなかったものが事後に「起こったかもしれない」と言われるって事は、何らかの痕跡があるってこと
その痕跡だけを見て「いやーもしかしたらあの痕跡の1兆倍の規模になったかもしれませんねー」とか言われてもただの戯言以外の何事でもないわ

163: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/08/06(木) 18:16:48.963 ID:cSQaePTQp.net
>>161なるほど

50: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/08/06(木) 16:55:56.593 ID:LcIxyB2wd.net
なかなか本格的だな
卒論か何か?
それとも単なる好奇心?

53: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/08/06(木) 16:57:10.503 ID:cSQaePTQp.net
>>50好奇心だね
まだ一年だし

51: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/08/06(木) 16:56:04.912 ID:Hia+5ZmE0.net
ちなドイツの国立図書館かどっかでは ドイツ語版の我が闘争が読めるらしいぞ
持ちだすことはできず 図書館の中でのみ読むことが可能らしい

54: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/08/06(木) 16:57:33.701 ID:cSQaePTQp.net
>>51へードイツでも読めるのか

56: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/08/06(木) 16:58:05.878 ID:MXSbh0Bi0.net
ナチの軍事・経済政策方面だけでヒトラー個人に対しては疎いんだが、今日欧米でやたらと忌避されるのは、ヒトラーのオカルト傾倒が臭すぎるせいなのかね

59: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/08/06(木) 17:00:19.404 ID:cSQaePTQp.net
>>56てか考え方とかがまず不快だよな

貧乏なウィーン時代のヒトラーは好きだけどあそこまで登りつめてあの考え方は手に負えない
その考えを実現しちゃうからな

テーブルトークの冒頭にはヒトラーの考え方やらが不快だから学者も調べようとしないみたいなこと書いてあった

58: なる夫 ◆NARUNARUO3CT 2015/08/06(木) 17:00:05.586 ID:yxWXzO+E0.net
所詮は自殺するようなメンタルの持ち主ヘタレヒトラーwww

60: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/08/06(木) 17:03:13.930 ID:cSQaePTQp.net
>>58
ソ連の発表の矛盾
スターリンはヒトラーの死を疑い続けた
自殺の日もいつも通りの食事が用意された
ヒトラーが地下壕でフリードリヒ大王の肖像に向かって「私はフリードリヒ大王に比べたらまるでクズだ」と言っていたという証言がある
ヒトラーは1940年代から自殺をほのめかすような事をよく言っていたが自殺を前々からほのめかす人間が実際に自殺することは少ない

てな感じで自殺せず逃げた説があるらしい

63: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/08/06(木) 17:05:03.427 ID:Hia+5ZmE0.net
>>58
捕まって拷問されるより死ぬのが正解じゃね?

64: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/08/06(木) 17:05:44.679 ID:Hia+5ZmE0.net
ソ連につかまったらペンチで爪剥がされるとか普通だったからな

そりゃ自殺するやろ

66: キュア坊主 ◆Ocure013Nwik 2015/08/06(木) 17:07:37.994 ID:nHq7k4KPM.net
ヒトラー()ごときに煽動されるドイツ人の民度wwwwwwwwwwwwww


こういう見方をすべき
ただ、アドルフおじさんはラノベ主人公並みに周りに恵まれた人であることは事実
そりゃあヒムラーだのゲッベルスだのヘス公だのって芋人間どもも混じってるが、アィヒマンとかアィヒマン、あとアィヒマンみたいな優秀な人材を得ることは出来てた

69: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/08/06(木) 17:11:08.133 ID:cSQaePTQp.net
>>66そういう見方か

ヒトラーが異常に運が良かったってのもオカルトに現実味を帯びさせて怖いわ

てかゲッベルスは有能だったんちゃうん?推定IQ180って聞いたことあるけど

77: キュア坊主 ◆Ocure013Nwik 2015/08/06(木) 17:15:12.211 ID:nHq7k4KPM.net
>>69
ゲッベルスは大川隆法みたいなもんだと思いなさいな


桜井誠に大川隆法とオウム幹部が手を貸して、国民がほぼ全員夏休みのにわかネトウヨだったのが当時のドイツ
なお、経済状態はギリシャってた

そこらへんが「ジャップさあ、なんでドイツを神格化してるの?」ってネタが成立する所以なのよ

83: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/08/06(木) 17:17:35.410 ID:cSQaePTQp.net
>>77それやばいやん

てかちゃんと学ぶとヒトラーやナチスを崇める気になれないよな

ふつーに今のドイツのナチスの扱いは正しいと思えてきた

100: キュア坊主 ◆Ocure013Nwik 2015/08/06(木) 17:24:54.008 ID:nHq7k4KPM.net
>>83
なお、俺が話したことのある在特キッズはナチを理想像としていた


バカにはシンプルかつ強制力を持った組織がわかりやすくて魅力的に思えるのは仕方のない話だね

103: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/08/06(木) 17:27:37.332 ID:cSQaePTQp.net
>>100まぁ単純に旗とかかっこいいしな


国家主義者って(国家主義者に限った話ではないかもしれないが)自分と国家を一体視することで自分も強くなった気になってるのがほとんどだと思うわ
自分も自分の人生が最悪だった時期、ネトウヨ的思考をしてたし

114: キュア坊主 ◆Ocure013Nwik 2015/08/06(木) 17:33:39.363 ID:nHq7k4KPM.net
>>103
no title

かっこいいかな……
未だにちょくちょくナチアレルギーに叩かれる鉄十字はかわいそうかつカッコいいけど

わかりやすい攻撃対象があれば、それを叩ける立場に身をおこうとするのは無教養なヤツの常よ
ネトウヨの高齢者層は安保時代の左翼に参加してたヤツだ、とかネトウヨブームに乗り遅れた奴が原発封鎖デモだのシールズだのやってるのがわかりやすい
あれはイデオロギーなんてもんじゃない、どっちも「どっちがわるもの?」で判断する四歳児並みの知能で足踏みする知的底辺層に過ぎないってこった


それが最大のボリュームゾーンになったのが過去のドイツであり、最近のアメリカってわけだ

118: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/08/06(木) 17:36:32.954 ID:ZEy5zfs70.net
>>114
鉤十字も悪くはないが赤旗はかっこいい
ソ連の国旗のシンプルさはたまらん

121: キュア坊主 ◆Ocure013Nwik 2015/08/06(木) 17:38:45.365 ID:nHq7k4KPM.net
>>118
旗印の美しさでいえば菊水に優るものはないよ

旧軍の飛行機のどれかにあった黄色×青でデザインした菊水はなんかポップで可愛い

78: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/08/06(木) 17:15:19.095 ID:ZEy5zfs70.net
『1999年以後―ヒトラーだけに見えた恐怖の未来図』(祥伝社)五島勉




五島勉

85: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/08/06(木) 17:18:04.042 ID:cSQaePTQp.net
>>78それガチで怖いわ

読んだ人おる?

80: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/08/06(木) 17:16:25.798 ID:Hia+5ZmE0.net
ヒトラーの世界観はワーグナーの「ニーベルングの指環」だからな
あれ調べればだいたい何考えてたかわかるようになるで

88: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/08/06(木) 17:19:22.793 ID:cSQaePTQp.net
>>80あー、ワグナーはオカルトじゃないからな

そういう、いわゆるヒトラー像を超えたところにあるヒトラーはある程度理解したつもりなんだよ


でもオカルトな部分が不気味だ

94: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/08/06(木) 17:22:18.563 ID:eizS19yA0.net
小説より奇なりだよなあ

自分もヒトラー研究途中で投げ出した
ある時期なぜかはまるよね

106: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/08/06(木) 17:29:08.751 ID:ZEy5zfs70.net
国家主義も共産主義も宗教に似たところがある
社会主義国はまるで宗教国家だ

111: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/08/06(木) 17:31:54.938 ID:cSQaePTQp.net
>>106実際ナチズムとキリスト教のカトリックってかなり似てて、だからこそヴァチカンはナチスをある程度認めていたらしいな

分断工作ではあったけど、ナチスとキリスト教を合体させてさらに強力な防共の砦にしようという話もあったくらい

119: キュア坊主 ◆Ocure013Nwik 2015/08/06(木) 17:37:04.617 ID:nHq7k4KPM.net
>>106
反シオニズムってキリスト教原理主義をこじらせやすいプロテスタント()を基礎にして出来たもんですし
ルターを生み出した劣等内陸国、ヨーロッパのグンマーことドイッチュラントにはお似合いだよね

110: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/08/06(木) 17:31:09.322 ID:MXSbh0Bi0.net
あの時代のドイツ明らかに異質だわ
一人の総統のもとにプロイセン人、ザクセン人、バイエルン人がドイツ人として仲良く手をつないで中央集権化なんてドイツ史のなかではあまりにも異質

133: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/08/06(木) 17:43:51.987 ID:LcIxyB2wd.net
戦う民主主義に関してはそういう思想を語ることすら問題しされるのはどうかと思うけど
戦後45年間ドイツが共産化されることから守ってきたという実績があるしな

134: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/08/06(木) 17:44:39.815 ID:cSQaePTQp.net
>>133戦う民主主義ってすごく共産系っぽい名前だけどなw

136: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/08/06(木) 17:46:45.089 ID:LcIxyB2wd.net
>>134
まあ共産党も民主主義とか言ってるけど
あれは「民主集中制」だから
一度選んだことは絶対正義だから絶対に守らなきゃいけないなんてのは民主主義じゃねえ

137: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/08/06(木) 17:46:59.975 ID:5QXF3oIa0.net
我が闘争の原題
Viereinhalb Jahre (des Kampfes) gegen Lüge, Dummheit und Feigheit』(虚偽、愚鈍、臆病に対する(闘争の)4年半)
豆知識

140: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/08/06(木) 17:49:13.458 ID:gn1W7Ttr0.net
詳しくはないけど、ヒトラーの言う予言的な部分が怖いってこと?
オカルトに対して科学的な見解を述べている本とかを先に読んででオカルト耐性つけてからヒトラー読めばいいと思う

142: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/08/06(木) 17:49:55.466 ID:cSQaePTQp.net
>>140そうなんだよ

わかった

143: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/08/06(木) 17:51:02.015 ID:wa7iQk350.net
文庫版の我が闘争上巻つまらなさすぎる
というかあれ翻訳がクソな気がしてきた
あと巻末注釈の露骨なヒトラー叩きが読んでると萎えるわ

144: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/08/06(木) 17:52:14.817 ID:cSQaePTQp.net
>>143確かに読みづらいよなあれ

てか冒頭で訳者が批判的に読んでほしいとか書いてなかったっけ

145: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/08/06(木) 17:53:10.509 ID:cSQaePTQp.net
>>143あと面白いことにあれだけ注釈でヒトラーの発言否定する姿勢がありながらウィーンでのユダヤ人のやっていたことは注釈で一切否定されてないんだよな

174: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/08/06(木) 18:52:01.375 ID:bKekgEAmE.net
今度ドイツ旅行行くからナチスの博物館でも見てみるか

引用元: ・ヒトラー詳しい奴来てくれ