1: 小助 ★ 2015/10/27(火) 18:12:55.10 ID:???*.net
26日夜に東京・日野市の山の中で首をつって死亡していたのは、近くに住む10歳の男の子と分かりました。
警視庁は現場の状況などから自殺とみて、動機などを調べています。

警視庁によりますと、26日午後8時すぎ、日野市三沢の山の中で子どもが首をつった状態で死亡しているのが
見つかりました。警視庁が調べた結果、死亡したのは近くに住む小学4年生の10歳の男の子と分かりました。
これまでの調べによりますと、遺体は両手と両足が荷造り用のひもで結ばれた状態でしたが、周囲には争ったり、
ほかの人が関わったりしたような跡はないということです。

また、衣服は着ていませんでしたが、近くに置いてあったということです。

男の子は26日は学校が休みで、夕方になっても家に帰らなかったことから母親が警視庁に通報していました。
現場は住宅街の中にある小高い山で、男の子の家に近く、ふだん遊びに来ていた場所だということです。
遺書などは見つかっていませんが、警視庁は現場の状況などから自殺とみて、動機や現場の状況を調べています。
日野市教育委員会の記野邦彦参事は「警察と連携を取りながら確認を進めているが、
10歳の幼い命を失ったことは非常に残念で、重く受け止めて対策を取りたい」と話しています。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20151027/k10010283921000.html

★1の立った日時:2015/10/27(火) 13:24:31.53
前スレ http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1445932315/

続きを読む

1: 男色ドライバー(青森県)@\(^o^)/ 2015/10/25(日) 23:25:11.11 ID:0bVXP1j40.net BE:239650795-2BP(9400)
sssp://img.2ch.sc/ico/anime_monar05.gif
ハロウィーン、実は欧州では低調
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151025-00000016-kyt-l26
近年、ますます盛んになっているハロウィーン。日本以外の国々ではどんな風に行われ、外国人は日本人の
はしゃぎぶりをどう見ているのだろうか。2畳ほどの部屋に、巨大なゴキブリのおもちゃや、ゾンビのお面などが、
所狭しと置かれている。

米国ミシガン州出身の日本映画研究者スチュワート・ガルブレイスさん(49)は、4年前から毎年10月末に、
京都市左京区岩倉の自宅をお化け屋敷として開放している。期間中の3日間、妻・西幸代さん(49)ら家族は
8畳の居間のみで暮らす。

米国では、子どもたちを自宅に招く風習があるといい、楽しさを日本の子どもたちにも味わってもらおうと、
毎年企画している。ガルブレイスさんは、日米の最大の違いは「手作りかどうか」だと指摘する。

米国では各家で開かれるパーティーに参加し、手作りのゲームをして楽しむといい、「日本人は楽しみ方を
分かっていないという印象」と語る。

米国では盛んなハロウィーンだが、ヨーロッパではあまり行われていない。スペイン出身の京都大大学院生
ギレム・ドメネクさん(25)は「スペインでは10年くらい前から、パーティーをしたり、仮装したりするようになった。
米国の祭りなので本来の意味はよく分からない」と苦笑する。

フランスの文化を発信するアンスティチュ・フランセ関西(左京区、旧関西日仏学館)に問い合わせたところ、
「元来アングロサクソン系の文化なので何もしません」と、つれない回答だった。東欧でもマイナーらしい。
ハンガリー出身の京大大学院生サボー・ジュジャンナさん(31)と、ウクライナ出身の京都市国際交流協会
職員シガル・オレーナさん(39)はいずれも「盛んではない」という。

一方、海を渡りアジアではすでに浸透が始まっている。韓国・ソウル出身の京都市国際交流協会職員チョン・
チャングンさん(48)は「高校生時代に体育館で体験した」と振り返る。「北京でもカフェにかぼちゃを飾るなど
している」という中国人の京大大学院生陳慕薇さん(23)は、アジアで受け入れられる理由として「アジア由来の
祝日は仲間同士でわいわい楽しめるのが少ない。違う文化の祭りなので楽しみやすい」と分析する。

続きを読む

1: @Sunset Shimmer ★ 2015/10/26(月) 14:59:24.21 ID:ZD5plpUL*.net
[2015年10月25日]

no title

※視界を遮る白い帯は撮影ミスでもレタッチミスでもない。昨秋頃からフクイチ上空に現れるようになった謎の霧が今回訪れた際も出現した

福島第一原発事故から4年半――。『週刊プレイボーイ』本誌では当時の総理大臣・菅直人氏とともに、“フクイチ沖1.5km”の海上から見た事故現場の現状をリポートしたーー。

フクイチで今も続いている危機は、前回記事(「元総理・菅直人が初めての“フクイチ”海上視察!」)で指摘したベント塔の老朽化だけではない。事故発生以来、港湾内外の海水から検出される放射性物質の濃度も上昇するばかりなのだ。

これは構内の地面から流れた汚染水と、フクイチ施設の地下を流れる汚染地下水が海へ漏れ出ている影響としか考えられない。さらに、1~3号機から溶け落ちた大量の核燃料デブリが地中へメルトアウトして、地下水流の汚染をより高めている可能性もある。

そこで本誌は、フクイチ沖1500mの「海水」1リットルと、海底(深さ15m)の「海砂」約3㎏を採取し、専門機関に測定を依頼した。
その結果、事故当時に大量放出された「セシウム137」(半減期約30年)と「セシウム134」(同約2年)が検出され、やはりフクイチ事故の影響が続いていることがわかった。

さらに重要なのが、セシウムと同じくウラン燃料が核分裂した直後に放出される「ヨウソ123」(同約13時間)が、何度か変化して生まれる同位体の放射性物質「テルル123」(同約13時間)も微量ながら検出されたことだ。

この海水は、採取1日後から約47時間をかけて測定したので、微量ながら「テルル123」が検出されたことは「採取の数十時間前くらいにフクイチからメルトアウトした核燃料デブリが核分裂反応を起こした?」という見方もできるのだ。

では「海砂」の測定結果はどうか。船上に引き上げた限りでは、泥を含んだ様子もなく、生きたハマグリの稚貝も交じるきれいな砂だった。しかし測定結果を見ると、海水よりも多くの放射性物質を含んでいた。

まず注目されるのが、核燃料そのものといえる「ウラン235」(同約7億年)と「セシウム134」「セシウム137」。それ以外に「タリウム208」(同約3分)、「アクチニウム228」(同約6時間)、「ラジウム224」(同3・66日)、
「ユーロピウム」(同4・76年)など、セシウムよりも半減期が短い放射性物質もいくつか検出された。採取に立ち会った、フクイチ事故の汚染拡大パターンを研究する長崎大学院工学研究科の小川進教授(工学、農学博士)は、こう分析する。

「このウラン235は自然界にも存在しますが、やはり採取場所からみてフクイチ事故で放出されたと判断すべきでしょう。
そして、これは放射線科学の教科書的内容ともいえる基礎知識ですが、ウラン燃料が原子炉内で核分裂すれば、今回この海砂から検出された、すべての〝短半減期核種〟が発生します。

しかし、もうフクイチの原子炉は存在しないので、これらの短半減期核種とウラン235の発生源は、デブリの臨界反応とみるのが理にかなっています。もしデブリが建屋の地中へ抜けているなら、海の汚染を防ぐのは至難の業になるでしょう。

ただ、ひとつ気になるのは、3号機だけで使われていたウラン+プルトニウム混合燃料(MOX燃料)のデブリから発生するはずのプルトニウムが、この砂から検出されていないことです。
もしかしたら3号機のデブリだけは、まだ格納容器内の底にとどまった状態なのかもしれません」(小川進教授)

>>次ページ 霧の正体は放射性物質?

(記事の続きや関連情報はソース元で)
引用元: http://wpb.shueisha.co.jp/2015/10/25/55426/

続きを読む

1: 1#やる夫 2014/06/08(日)21:18:35 ID:yRriUTa1A
集まったら書いていく。

P1000093

続きを読む

1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/08/07(木) 23:40:56.01 ID:ht29RAHWI.net
怖がりすぎてションベン漏らすんじゃあねえぞ?

no title

続きを読む

1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/10/26(月) 07:45:34.065 ID:W3k0zWs60.net
3レスくらいにまたがる予定
なお実話

数年前に足を折って都内の病院に緊急入院した
足はずきずき痛むし熱は出るわで初日は3時間ごとに看護師さんが部屋まで様子を見に来てくれた

入院した初日の夜
大部屋だったので仕切りがカーテン
人が通るとカーテンがふわっと動くからわかる
消灯後も看護師さんが見回りに来る
その際は懐中電灯を持ってるから看護師の影がカーテンに映る
img_0 (4)

続きを読む

1: すゞめ ★ 2015/10/25(日) 03:47:10.93 ID:???*.net
http://mainichi.jp/select/news/20151024k0000e040267000c.html
2015年10月24日 15時00分(最終更新 10月24日 19時18分)

◇福井大などの研究 他人の表情も読み取りにくく
虐待など親から不適切な養育を受けて反応性愛着障害(RAD)になった子供の脳は、そうでない子供に比べて視覚的な感情処理に関わる部位が小さい傾向があることが福井大などの研究で明らかになった。
やる気や意欲などに関わる部位の活動が低下していることも判明。褒められても心に響きにくいと考えられ、被虐待児に一般的に施される「成果を褒める」などの心理療法の効果が少ない可能性も出てきた。
研究成果の論文が欧州などの専門誌電子版に掲載された。

RADは、子供時代に養育者から受けた体罰や暴言によって養育者への愛着がうまく形成されずに発症する精神疾患の一種。衝動や怒りのコントロールが難しいなどの症状がある。
研究グループは、10?17歳のRADの21人とそうでない22人の脳の断面を磁気共鳴画像化装置(MRI)で撮影。形態や働きを比べたところ、RADの子供は「視覚野」の灰白質(脳神経細胞が集まる領域)の容積が2割ほど少なかった。
この部位はダメージを受けると他人の表情から感情を読み取りにくくなるといい、虐待などが脳に影響を与え、症状につながっている実態が分かった。
また、10?15歳のRADの子供16人とそうでない20人に金銭報酬を得られるゲームをしてもらい、脳の活動を調べたところ、やる気や意欲などに関わる「線条体」の活動量の平均が、RADの子供はそうでない子供の半分以下だった。
こうした結果から、RADの子供は「報酬」へのモチベーションが低いとみられ、一般的な治療とは別の方法が必要な可能性が高まったという。
福井大子どものこころの発達研究センターの友田明美教授(小児発達学)は「RADや関連する精神疾患の発症メカニズムの理解や治療法の開発につながる成果」と話している。【村山豪】
088912


続きを読む

おすすめ記事

このページのトップヘ

アクセスランキング